日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > バタフライロゴについて > バタフライCO2ロゴ使用規則

バタフライCO2ロゴ使用規則

image005.gif 日本WPA会員が制作したカーボンオフセット印刷物には、この専用ロゴ上で印刷物製造・流通・破棄に要したカーボン排出量を1部あたり何グラムかかったかをPGGで計算した数字を、この例だと、123gと表示しています。

本規則はバタフライCO2ロゴ(以下、本ロゴと称す)の不正使用を防止し、正しく使用するために定める。

◆ 第1条

    本ロゴは、「印刷サービスCO2排出量算定ソフトウエア」PGGによるカーボンオフセットのCO2計算数値をバタフライロゴに組み込み、CO2量を明示した一体化ロゴとして使用する。

◆ 第2条

    本ロゴの使用については、原則としてバタフライロゴの使用規定が適用される。

◆ 第3条

    本ロゴは図のようにバタフライロゴの文言部のデザインを変えた新デザインロゴとなり、Carbon Offset for、当該印刷物のPGGで計算した1枚当たりのCO2グラム整数を○○○g-CO2 per copyと言う文言で当該印刷物ごとに入れる。

◆ 第4条

    本ロゴの固定画像・文言部、会員PINコードが入ったオリジナル固定部ロゴはPGG使用許諾者にのみ手渡される。使用許諾者は可変情報を組み込んで一体化ロゴとして当該印刷物に掲示して使用できる。

◆ 第5条

    可変部の使用書体は、Times Romanで表現し、文字のバランスはこの見本指定に従うものとする。

◆ 第6条

    本ロゴの最小天地寸法は15mmとする。

◆ 第7条

    PGGの使用許諾者は別途、PGGの使用規定で認定を受けた会員のみが無償で「印刷サービスCO2排出量算定ソフトウエア」PGGが譲渡され、PGGで計算した1部あたりの整数数字(小数点以下は切り上げ)をこのロゴに張り付けて表示する。

◆ 第8条

    本ロゴを使わず、オリジナルのバタフライロゴとCOJマークの二つのロゴを掲載することは妨げない。

◆ 第9条

    本ロゴとPGGの使用者はPGGで使用している排出原単位の著作権を尊重し、日本LCAフォーラムへの入会を義務付ける。

◆ 第10条

    虚偽の申告や、虚偽の表示がなされた場合、貸与した本ロゴは直ちに没収回収されるものとする。

◆ 第11条

    いかなる状況下でもバタフライロゴの使用許諾された会員は自己使用以外の目的で、本ロゴを第三者にサブライセンス(再使用許諾)で使わせることはできない。 以上

ページのトップに戻る