日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 水なし印刷について  > 水なし印刷商品説明

水なし印刷商品説明

私ども日本WPAは水なし印刷方式のもつ優れたエコロジー特性に協賛する仲間の連帯を呼びかけ、その普及を目指しています。
水なし印刷は通常の、オフセット印刷機、技術を基本的には転用して行えます。通常のオフセット印刷とは、湿し水を使わないところが大きな相違点です。わが国では東レの水なし版が世に出て以来、この技術が点火され四半世紀が経過しましたが、その間、水なし印刷の必要機材は多くのメーカー、ベンダーから安定供給されるようになりました。

水なし版材

東レ 東レ水なし平版 水なし印刷の元祖たる存在のメーカー
平面版、巻き取り水なし版
プレステック
PEARLdry ダイレクトイメージング(DI)技術で脚光登場
巻き取り水なし版、平面版
KPG    
ハイデルベルグ ダイレクトイメージング プレステックと提携して機上DI製版を世界初に実現
巻き取り水なし版
RYOBI 3404DI KBAのDIメカ機構をコンパクトに日本流に実現
巻き取り水なし版
桜井 OLIVER 474 EP II-DI 本格枚葉機にプレステックDIを搭載
巻き取り水なし版

水なし印刷用インキ

DIC ドライオカラーシリーズ (アーティス、ナチュラリス)
東洋インキ アクワレスエコーニューシリーズ
サカタインクス Diatone水無しシリーズ
大日精化 ハイテックスシリーズ
T&K TOKAニューアルポGシリーズ
OPI WLPシリーズ
ザインクテック
http://www.dnp.co.jp/inctec/home.htm

印刷機

印刷機は通常のオフセット印刷機を使います。印刷中にインキのローラの回転発熱により、水なしインキを変容したりします。そこでローラーに循環冷却通水を施し、ローラー発熱を除去します。このような水なし対応印刷機を供給している印刷機メーカーと機種としては次のものです。

三菱 DAIYA、LITHOPIAシリーズ
小森 リスロン、スプリント、システムシリーズ
アキヤマ Jprint、Bestechシリーズ
ハイデルベルグ スピードマスター、プリントマスター、M-600シリーズ
ローランド 700型
ハマダ http://www.hamada.co.jp/
桜井 http://www.sakurai-gs.co.jp/ja/j-index.html
RYOBI http://www.ryobi-group.co.jp/projects/printing/products/01.html

>> 水なし印刷Q&A

ページのトップに戻る