日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 水なし印刷について  > 印刷の歴史・種類

印刷の歴史・種類

ヨハン・グーテンベルグの発明から5世紀半、技術革新は様々な歴史を変えるために存在してきました。 まさに今、”水なし印刷”歴史の大きな1ページを変えようとしています。

印刷の歴史

紀元前 | 紀元 | 15世紀 | 16-17世紀 | 18世紀 | 19世紀 | 20世紀 | DTP |

紀元前

4000ごろ (バビロニア)押圧印刷、いわゆる瓦書始まる
3500ごろ (エジプト)水草パピルスの茎を加工して書写の材料にする
2000ごろ (エジプト)現存する世界最古のパピルス文書「パピルス・プリス」完成
1200ごろ
(フェニキア)アルファベット作成
220 (西部アジア)パーチメント(羊皮紙)ができる
ページのトップに戻る

紀元

105 蔡倫の製紙法の発明
7世紀末〜8世紀初 (中国)木版印刷始まる
770 百万塔陀羅尼経
ページのトップに戻る

15世紀

1420 李朝活字による印刷
1440 近代的活版印刷技術がグーテンベルグ(ドイツ)によってまとめられる。
1445 グーデンベルグの42行聖書
1460 ライン川沿いを中心にして、印刷は全独に及ぶ。
1464 ローマ近くのスビアコにおいて、イタリア最初の印刷所が興される。
1465 スイスのバーゼルで印刷業が始められる。
1470 パリ(フランス)、ユトレヒト(オランダ)で印刷業が始められる。
1470頃 ライン川沿いを中心にして、印刷は全独に及ぶ。
1473 スペイン、ハンガリーでも印刷業が始められる。
1476 イギリスで印刷業が始められる。
1483 スウェーデンで印刷業が始められる。
ページのトップに戻る

16-17世紀

1500 ベネチアの最有力印刷業者、マチヌウスが使ったイタリック体小型活字によって、ポケット判の原型である小型本の製作が初めて可能になる。
1513 ウルス・グラーフによる腐食製版法の発明
1530 ガラモン(フランスの活字デザイナー)が、この頃印刷の中心となったパリで創業。全欧に打刻器、活字母型を販売。
1530 北アメリカで最古の印刷所がメキシコ市で興される。
1584 南アメリカ最初の印刷所がペルーのリマで興される。
1590 イエズス会の宣教師によって、初めて洋式活版印刷術が日本にもたらされる。
1609 定期新聞の発行が開始される。
1663 アメリカで印刷された最初の聖書がマサチューセッツ州ケンブリッジで作られる。
ページのトップに戻る

18世紀

1725 金細工師ウィリアム・ジェッド(スコットランド)が石膏で型取りしたものから鉛版を作ることに成功。
1764 鈴木春信 多色刷りの手法を開発
1770 ペンシルバニヤのジャーマンタウンにクリストファーザウエルがアメリカで最初の活字鋳造所を設立。アメリカ最初の印刷機製作所がジャーマンタウンに建設。
1775 アメリカ東部13州で50余の印刷所が創業。
1790 ロンドンのウィリアム・ニコルソンが輪転印刷機の特許を得るが、実用化には至らない。
1796 ゼネフィルダー(ミュンヘン)によって石版印刷が発明される。現代平版印刷と同じく、水と脂肪が反発し合う原理を応用。
ページのトップに戻る

19世紀

1810 ケーニヒ(ドイツ)により、初めて印刷機に動力が用いられた。自動インキつけローラを備えた蒸気駆動と手動を兼ねた印刷機で特許を得る。
1813 複合レバーを採用したコロンビアン印刷機がイギリス・フランス・ドイツで普及。
1814 平台型の円圧印刷機が、タイムズ社(ロンドン)で稼働。印刷速度が毎時/約300枚が1100枚に。
1822 鉄製手動印刷機、アルビオン印刷機がイギリスで考案。
1829 サミュエル・ルストが「ワシントン印刷機」と呼ばれるてこ式手動印刷機を完成させる。
1830 アメリカ初のシリンダ式印刷機がロバート・ホーによってつくられる。印刷機製作会社アール・ホー会社設立。
1846 リチャード・マーチ・ホーが、ホー式輪転機を製作。湾曲鉛版の実用化とともに、1時間2万枚の印刷能力を持つ機械となった。
1848 長崎通詞本木昌造、オランダから活字と活字印刷機購入
1851 ステファン・P・ラグルス(ボストン)が足踏み式平圧印刷機を開発。
1853 ジョン・ストラザー(イギリス)オフセット式印刷の特許を得る。
1855 日本では長崎奉行所に活字版所がおかれた。
1865 ウィリアム・ロバック(フィラデルフィア)が自動折り機を作り、これが取り付けられた輪転機はさらに高速化。
1868 現在の新聞用輪転機の原型、ウォルター輪転機が作られる。
1871 マリノニ社により巻取輪転機製作される。
1872 平野富二が長崎から東京に進出し、活字販売と活版印刷を始めた。
1884 マーゲンターラーがライノタイプの特許を得る。
1885 トルバート・ランストンがアメリカでモノタイプと称する鋳植機の特許を得る。
1886 活字製造業団体の研究の結果、1パイカ(1/6インチ)を12等分したものを1ポイントと定める。
1891 アール・ホー会社は六倍形新聞輪転機を製作。24ページの新聞を、毎時2万4千部で印刷。
1891 東京朝日新聞が日本初の輪転印刷を開始
ページのトップに戻る

20世紀

1900 日本においても、外国の印刷・製版機械および技術が続々と紹介され、コロタイプ、凹版印刷なども活版・石版の両印刷と並び進歩を遂げた。
1904 ルーベルのオフセット印刷機製作
1912 中島幾三郎は、アメリカのハリス社製のオフセット印刷機をモデルとした印刷機を作る。
1914 浜田初次郎は、アメリカのポッター社の機械を参考にしてオフセット第一号機を作る。
1915 浜田初次郎は、輪転オフセット印刷機を完成させる。
1924 石井茂吉と森沢信夫が、写真植字機を発明した。その後、写真製版法の発達とともに、写真植字は文字印刷において活版法と並ぶ重要な方法となった。文字の大きさは、級で表し、1級を0.25ミリと定めた。
1951 3M社のPS版発表
1954〜 コットレル両面10色凸版印刷機、ゴス新聞輪転印刷機、ミレー多色輪転印刷機(アメリカ製)ローランド・オフセット印刷機、ハイデルベルグ凸版印刷機、ケーニヒ・バウアー多色乾式オフセット印刷機、バイオクリッショングラフ印刷機(ドイツ製)など、海外の優秀な印刷機、製版機が日本に輸入された。なかでもドイツ製の凸版およびオフセット印刷機は、日本の印刷業界に広く採用された。
1959 ファクシミリによる新聞の電送開始
1960 印刷製版にコンピューター導入・包装フィルム印刷広がる
1961 電子的彫刻機使用へ
1963 東京オリンピックのポスターなどエディトリアルデザインへの関心高まる
1965 印刷校正記号がJIS化される
1967 写植による新聞が発表される
1969 コンピューターによる全自動写真植字システム、日本で完成・銀行のCDカード登場
1972 CTS実用化
1976 東レの水なし平版を発表
1977 カラーコントロール可能なスキャナが完成
1978 東芝ワードプロセッサを発表
1980 新聞にCTS方式導入
ページのトップに戻る

DTP

1982 Adobe社、PostScriptを発表
1984 Apple社、Macintoshを発表
1985 Aldus社、PageMakerを発表・Apple社、PostScript搭載のLaserWriterを発表・LynoType社、イメージセッタにPostScriptを搭載
1987 Adobe社、Illustratorを発表・Quark社、QuarkXPressを発表
1988 Aldus社、Freehandを発表・Adobe社、Photoshopを発表
1989 Apple社、日本語PostScriptフォントを搭載したLaserWriter NTX-Jを発表
1990 Adobe社、日本語Illustratorを発表・Aldus社、PageMaker3.0日本語版を発売・沖電気、日本語PostScriptプリンタMICROLINE801PSを発売
1991 Adobe社、日本語版Photoshopを発売
1993 Quark社、日本語版QuarkXPress3.11を発売
1995 CD-ROM搭載パソコンが普及
1996 DTPが巷に普及
ページのトップに戻る

印刷の種類

印刷の仕組み(版式)
どうやってきれいな写真印刷をしているのか疑問に思ったことはありませんか?
色の再現はたった4つのインクだけでなされていることをご存知ですか?
印刷の仕組み(版式)にはお分かりいたでないことがありましょう。
ここでは簡単な印刷の方法や主流となっている平版(オフセット)印刷の仕組みを説明します。

印刷方式(版式)の分類
印刷方式の分類は「版」によって行います。「版」は印刷インクをのせて紙などに転写するためのものです。この「版」にはインクの「つく部分」と「つかない部分」とがあります。(版画と同じ原理だと考えてください。)インクのつく部分を画線部、つかない部分を非画線部といいます。この二つの部分の断面の形状によって、版は次の4つに大別されます。

版式名称 説明 用途例
凸版印刷
凸版印刷の図1 凸版印刷の図2
版の凸部にインクを付けて印刷する方法鮮明で力強い印刷が出来る。
名刺、案内状、高級美術書
凹版印刷
凹版印刷の図1 凹版印刷の図2
版の凹部にインクを入れて印刷する方法。インクに光沢があり、色に深みがでる。合成樹脂フィルムや建材にも印刷可能。
写真集、美術書
オフセット印刷
オフセット印刷の図1 オフセット印刷の図2

凹凸のない版からインクを一旦ゴムのブラケットに転写し、そこから紙に刷る方法。 修正、加工がし易く、経済的。水なし印刷はこの印刷方式に属し、湿し水使わないという特徴があります。
雑誌・辞書の本文、ポスター、包装紙

孔版印刷
孔版印刷の図1 孔版印刷の図2
版自体に穴をあけ、上からインクを通すことで紙に転写する方法です。古くはガリ版、今は家庭用年賀状ミニ印刷機やスクリーン印刷(絹やナイロン、ステンレスなどでできたクリーンに直接・間接的に穴をあけて印刷する方法)などがこの原理を応用しています。

>> 水なし印刷商品説明

ページのトップに戻る