日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 水なし印刷について > 事例紹介 > トヨタ自動車 ◆ 笹徳印刷

事例紹介

トヨタ自動車 ◆ 笹徳印刷

笹徳印刷 トヨタ自動車(株)が環境報告書においてバタフライマークを採用

トヨタ自動車(株)は2001年版の環境報告書(日本語版と英語版)の二冊にWPAが認証するバタフライマークを採用し、環境保全のリーディングカンパニーぶりをアピールした。この認証マーク使用を勧めたのは笹徳印刷第一営業本部の主任、近藤浩基である。

「トヨタ自動車(株)環境部の皆様方に当社の水なしシステムをご見学していただき、十分理解していただいた上で報告書へのバタフライマークの掲載が決まりました。先日も営業の全体会議でトヨタ自動車(株)様が環境報告書にWPAのマークを採用したことを報告し、営業マン全員がこのマークの使用を各クライアントに紹介するよう呼びかけました。また、トヨタ自動車(株)系列の広告代理店に商印での使用を勧めています。確かに、このバタフライマークは、営業上、新規顧客の開拓のための有力な武器ですね。また、環境保全に関心のある既存のクライアントすべてに絶対お勧めのマークです。私は、現在、 ISO14000シリーズを取得した企業に対し、バタフライマークの使用を積極的に勧めています」

ページのトップに戻る