日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 水なし印刷について > 事例紹介 > サン美術印刷 ◆ ボーイング社

事例紹介

サン美術印刷 ◆ ボーイング社

外資系企業にアプローチしてきた東京支社ではボーイング社のコーポレートコミュニケーションを担うための業務を一括受託した

◆ 具体的にはどのような内容の企業情報を発信するのでしょうか?

林◎ 航空会社とは違った航空機メーカー独自の情報をユーザーや消費者に向けて発信する。あるいはボーイング社と日本との関係を強調するというのが我々のミッションです。ボーイングのビジネスは通信衛星、旅客機、軍用機の三つに分かれています。たとえば近々にボーイングの旅客機すべてに通信衛星を使ったブロードバンド対応の機能が付きます。そうなると機内に持ち込んだパソコンやモバイルを使って株取引やオークションが自在にできるようになります。これはビジネスマンにとっては興味ある情報ですよね。あるいは船舶に積載した小型通信衛星を海上で発射して通信範囲を広げます。これは商船や輸送船関係者には朗報ですよね。軍用機にしても陸海空共用のミサイル「ジョイントストライカー」を開発しました。これも防衛庁の関係者や軍用機マニアだけでなく子供さんにも関心がある。こうしたボーイング社が発信する情報をカタログ、web、ニューズレーターなど様々なメディアを使って発信してゆくわけです。その最初の仕事が、日本語版のカタログ制作です。企画・デザインからコピーワーク、印刷まで受託しました。

ページのトップに戻る