日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2017年3月 -

環境問題に関心を持って!―――米沢市の全小学校に「エコかるた」を寄贈

山形県米沢市には18校の小学校がある。この度、精英堂印刷株式会社(山形県米沢市 井上吉昭社長)からの紹介で、全小学校に、日本WPAが制作した「エコかるた」を寄贈した。
精英堂印刷の井上社長が、代表校である東部小学校の子どもたちに「エコかるた」を手渡した時の様子が、山形新聞(2月25日付け)で紹介された。ここエコかるた新聞記事(山形新聞2月25日付).pdfをクリックしてご覧ください。
日本WPAは、子どもたちにも環境問題に関心をもってもらおうと、独自に「エコかるた」を制作した。「エコかるた」は、小学校低学年でも環境に興味を持ち理解できるよう「やさしい、きれいな、かわいい」出来映えのかるたとして評判である。
会員企業は、このかるたを地元の子どもたちに送ることにより、「遊びながら日常生活で子供たちでもできるエコな活動」を学ぶ支援を行っている。
ecokaruta.jpgのサムネール画像

2017年3月 4日

TKUテレビ熊本で水なし印刷が紹介される―――敷島印刷(熊本県)

昨年の熊本地震で被災され、社長以下全社員の一致した努力で災害を乗り越えられた敷島印刷株式会社(熊本県宇城市 敷島武法社長)が、TKUテレビ熊本の「地球環境をテーマにした特別番組」で<水なし印刷>が<バタフライマーク>と共に、環境保護印刷として紹介されました。
この番組では、水なし印刷の環境対応面の優位性と品質の優位性が、印刷機の実稼働映像を背景に、見事にまとめられている。是非、ご覧いただきたい。
テレビ熊本で放映された内容は、敷島印刷のホームページのトップページ(http://www.shikishima-p.co.jp/)の「視聴」のボタンから視聴できます。
敷島印刷(株)は、1982年創業の商業印刷・書籍印刷を中心とした総合印刷会社である。

ページのトップに戻る