日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2016年4月 -

第6回サクライ岐阜工場新技術発表会

OL580SDC.jpg
 桜井グラフィックシステムズ岐阜工場にて4月13〜16日の4日間、新技術発表会が開催された。今回で6回目を迎えた本発表会では、ダイレクト駆動シリンダースクリーン印刷機MS-110-DDSの新製品発表、ロールtoロールスクリーン2色印刷機MSDR-60、シリンダースクリーン印刷機MS-80A兇離弌璽献腑鵐▲奪廚覆鼻▲好リーン印刷を中心とした新たな技術の発表がなされたが、同時に四六半裁5色オフセットLED-UV印刷機OL-580SDCを使用しての水なしLED-UV印刷の実演が実施されたので、東レの松本部長、光本主部、武田氏、小川次期事務局長とともに15日に訪問させていただいた。
 本機は、ロングデリバリーの排紙部に日本ボールドウィン社製のLED-UVランプを設置した5色+インラインコーティング機で、プラスチックシートへの印刷対応が可能なオフセット印刷機である。実演ではDICグラフィックスの水なしLED-UVインキと東レの水なしUV対応版TAC-GU8に、金陽社のブランケットを使用し、2種類の絵柄をマットコート紙で印刷した。従前より懸案事項であるグロス感の再現性であるが、ロングデリバリーによるレベリング効果もあってか、水ありLED-UVと比較しても、ほぼ遜色ないレベルまで品質が向上していた。今後は、レベリング効果の限定された通常の4色機でのグロス感の再現性がどこまで実現できるかにあろう。(日本WPA 会長 田畠久義)

2016年4月16日

水なしスプレーレス・インキ、キレイナ・アルポ

TIKAnon smir.JPG
3月15日、T&K TOKAは本社の会議室と印刷実習室にて、新しい水なしスプレーレス・インキ、キレイナ・アルポのセミナーと実演会を行なった。大変濃度の濃い催事で、ユーザーから使用体験報告、開発者側からのインキの内容説明、さらに、本番では備え付けのハイデル印刷機で次の要領で印刷を行った。

使用インキ:ベストワンキレイナアルポL
用紙:OKトップコート+ 1,500枚
内容:初刷り面スプレーパウダー1%散布
15分後に仕上り面印刷
仕上り面スプレーパウダー3%散布
比較資料:印刷実演と同一絵柄にてインキ違いの資料を準備
・スーパーテックGT(従来水あり印刷用インキ)
・アルポGT(従来水なし印刷用インキ)
まさに、パウダーレスの実演を15分の間隔を起いて裏刷り実演を見せてくれた。
確かに、裏付きもしないではないか。

これは水なし印刷にとって大きな朗報となってくれた。
この内容をdrupa2016ででも、展示してくれるとは嬉しいものだ。
T&K TOKAは水なし印刷に再び腰を据えてくれている。その詳しい内容はここをfご覧いただきたい。

2016年4月15日

第8回 エコリーフ/カーボンフットプリント 環境ラベルコミュニティ

20160413_JEMAI.jpg
4月12日(火) (一社)産業環境管理協会の主宰する「第8回 エコリーフ/カーボンフットプリント 環境ラベルコミュニティ」がTKP神田駅前ビジネスセンター カファレンスルームで開催され、75名の方が参加された。リコー様、シチズン様のこれに取り組み事例発表、新国民運動「COOL CHOICE」の説明、それに対する積極応援姿勢、最後に、二つの環境ラベルの統合化と進め方の説明と、盛りだくさんの内容であった。

あまたの環境ラベル中でもずばり数値表現をしているCFPロゴは、まさにCOP25を契機に提唱され出してきたCO2削減に相乗りできるもので、筆者はCFPロゴをより広めたい思いでこの会議に参加させていただいた。

この後、懇親会が開催されたが、この場にも30名の方が参加された。
中には地方創生との合わせ技でCO2削減を引き出す方向を目指す方もおられ、一つの参考になる素材である。現下の景気は決して楽観できるものでなく、よきお題目の「環境」を声高にしているだけで世間受けするのであろうか。
隣席の方々に「CO2削減+ROI(費用対効果)」の合わせ技の訴求例を投げかけたところ、以外にもコンサル系の方からの反応は高かった。

2016年4月13日

ページのトップに戻る