日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2012年11月 -

メッセナゴヤ2012に会員企業が意欲的な出品

121107messe nagoya.jpg
業種や業態の枠を超え、幅広い分野、地域の出展者が国内外に広く情報発信し、販路拡大や人脈形成を図る日本最大級の国際総合展示会「メッセナゴヤ」。第7回目を迎える今回は、「環境」「安全」「モノづくり」をテーマに全国41都道府県と海外、11の国と地域から、過去最多となる672社が出展。来場予定者5万人になると言う。日本のへそに当たるこの意地域に狙いを定め、なんと北海道、鳥取県などの行政外郭団体が新産物、新サービスを引っさげて出品しているではないか。
日本WPA会員企業からは大日本印刷、凸版印刷、竹田印刷・光文堂、サンメッセ、西川コミュニケーションズ、山田美術印刷、それに水なし印刷の実績を持つWILL colleague、北海道磁気印刷が出品してくれた。
その中でも、山田美術印刷株式会社は水なし印刷を掲げて本展示会に出品してくれた。
121107messe nagoya yamada1.jpg
閉塞感のある経済環境下で、如何に現状打破を図ってゆくか、印刷会社も単に既存ベースでの商売だけでなく、新しい出会いを求めて出品しているのだ。ある出品者は、ink on paper商材だけでなく、思い切った電子メディア・電子商材を出品していたが、昨年の実績では、既存の客層でないところが発掘できたとしていた。
札幌からこの展示会へ出品された会社の社長は、新商品を展示していたが、手ごたえのある反応があったとしていた。

2012年11月10日

水なし印刷が受けて来ているわけは?

なぜ、最近、この不況下で水なし印刷が採用されているのだろうか? 印刷ネット通販で実勢を上げているプリントネットの小田原洋一社長は赤裸々に、水なしで操業している実態を印刷産業夢メッセでの講演会で披露してくれた。その要旨は以下の通りである。
うわべだけのコストでなく、この不況だからこそ、より仕組み全体を下げるコストに注目すべきであろう。

121105comp-wless vs conv.png

詳しくはこのpdfを開いてご覧いただきたい。

2012年11月 5日

水なしの町場の印刷工場でVOC値を計測


株式会社盛伸社は水なし専用の三菱重工製・菊半歳4〜5色機を4台と水ありの小森製・スピカ2色機2台を有する、ちょっとした規模の町場の印刷工場である。尾形会長が創業され、水なし印刷を創業当初から採用してくださった。尾形会長が水なし印刷の原理・原則に惚れ込んでくれた賜物であろうが、現社長はそれをしっかりと受け止めて経営されている。
水なしのおかげで機械は長持ちさせ、上品質を保って印刷していただいている。水なしなのでインキ装置周り、胴回りのサビは出にくいし、湿し装置のガタなど起きっこない。
工場には社是が大きく掲げられていた。
DSC00622.JPG
   昨日よりも今日、今日よりも明日
   何時もの心、ありがとう、ごくろうさま
なんとわかりやすく、会社の思想統一がはかれる標語であろう。チャレンジする精神と、人をいたわる気使いが見事に表現されている。
工場のVOC測定は会長が気になって、我々に声をかけてくれたことで実現した。洗浄用の有機溶剤が気になる・・・これは大阪で起きた胆管がんの発症問題を気にされてのことであろう。
実際に計測した結果、工場内のVOC値は50ppmぐらいで、心配には当たらないことが判明したが、他の水なし印刷工場よりは高い値を示した。問題は揮発性有機溶剤を洗浄に使うが、操作性を配慮し、蓋をしていないことであった。これではいけません。すぐさま、蓋を取り付けることになる。
近々、有機溶剤缶の特別の蓋を作り、工場環境を整えてから、再計測をすることになった。
改良前と改良後のデータを改めて見比べることにする。
尾形会長と社長は作業環境をかくも気遣っている姿勢がひしひしと感じ取れた。
DSC00621.JPG

2012年11月 1日

ページのトップに戻る