日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2011年9月 -

【IGAS2011注目情報】デジタル印刷機に近づいた水なし専用印刷機GENIUSの実演が日本の印刷人を魅了

日本での公開が遅すぎた嫌いがある。Genius水なし専用印刷機がIGAS2011東レ・日本WPAブースに登場し、その実演が始まると、ただ、人々はその迅速応答、迅速切替、速乾性能...さらに、環境性能に魅せられてしまった。ただ、唖然と感心される方が多く、これはデジタル印刷機により近づけた、しかも、多用途の紙・プラスチックを通せる万能型印刷機と評価していただいた。
110921Genius1 (2).jpg
Geniusの実演に熱心に見入る方々

最初に、0.1mmの用紙を通したが、インキを巻いていないローラーにインキを呼び出し、色決めをするのに、本紙刷り14枚目でできるではないか。
これはショートトレイン、キーレスアニロックス・インキング・システムに負うものだ。この仕組みにより、1枚目から、最終枚目まで色は一定となる。
110921Ink-Cyl-GEN.jpg
Geniusの色決め、インキ落としの素早い、優れた機構

本祇を使って、クリーン・プリントと言うモードでインキの掻き落としを図る。壷からのインキ供給を止め、洗浄剤を使うのでなく、本紙を15枚通すと、アニロックスロール、着けローラ、版胴、ブラン胴にあるインキを一気に描きとってくれる。これは何たる裏技なのだろう! いや、裏技でなく、クリーン・プリントと言うモードになっている。
次に、オペレーターは紙から、0.4mmのプラスチックに積み替える。彼はすばやく、版交換にかかる。版交換モードにして、旧版を抜き、新版を差し込む。これを5胴分行うのに、3分ぐらいでこなすではないか。
紙の厚みを変えたが、胴のセッティング変えはフィーダの上部にある左右のノブの目盛りを変更すだけで5胴一編にできる。
さあ、第2ジョブ目の印刷だ。これはプラスチック材であるが、14枚目で色が決まってくれるではないか。
これを見た、あるアルバム印刷会社の社長は、「まさに、デジタル印刷機ではないか。」「15枚はヤレ云々に入らない。」「乾いて出てくれるではないか。」「色が安定している。」
「デジタル印刷機を購入しようと思ったいるが、そのメンテ代、クリックチャージに耐えられない。これは印刷機であり、メンテ代、クリックチャージもかからない上、諸材料代が自分たちの納得する範囲のものである。これは今後の大いなる設備更新の対象機にしてみたい。」と、申されてこの場を去られた。
今朝、その社長から電話をいただき、詳しい資料を送ってくれと要請されたのだ。
私自身、この社長ではないが、デジタル印刷機の長所はあれど、アナログ印刷物の置き換えでは、経済メリットを生みにくいことを悟らされた。デジタルに限りなく近い、アナログ印刷機、まさしく、Printing2.0たる評価を得ることができた。

2011年9月21日

第2回世界水なし印刷会議セミナーで第2の水なし印刷版メーカが優れた新製品を発表

第2回世界水なし印刷会議は9月19日(火) 午後2時から水なし印刷専門人、70名の出席者のもとで開催された。今回は福島原発の放射能汚染の風評も絡み、前回とは異なり、アジア諸国からの参加者が見込めないことが事前に予想され、外人の先進講師を招いた上で、日本の印刷人を主たる対象として開催した。講師のスライド(レジメ)をあらかじめ日本語化し、同時通訳をやめて、事務局長が一人で話しきる解説通訳の元で進行してみた。この新講演方式により、より印刷人に分かる内容の講演ができ、他方、同時通訳の費用の軽減が図れた。
水なし印刷人が長年待望していた、水なし版供給メーカーが1社でない状況になってくる。セミナーのトップバッターとして、イスラエルのVIMテクノロジー社、社長・Avigdor Bieber氏が登壇し、「同社は長年、DI用の水なし版でDI印刷機上で使う、DP-R版を日本WPAの購買会組織を通じて、供給販売してきた実績を持つが、この度、IR感受性樹脂構造のアブレーション版(放電破壊版)・DOSを新発表し、来年、早々より販売を開始する。」「この版はアブレーション構造につき、簡易な水現像ですみ、しかも、その耐刷力は10万枚、その解像度は350腺の1%点の再現が可能としている。」「製造ラインはハデラにある金属アルミのコーティングラインを流用し、そこにインキジェットヘッドを敷設して、生産を開始するとした。」
350線、1%点の再現は砂目立てした水あり版ではできず、これが本物だと、水なし印刷での新しい需要が開けてくると確信する。
いずれにしろ、発表した仕様では、従来の水なし版をしのぐ内容となっている。DOS版の登場により、水なし印刷全体の活性化が図られることを願っている。
110921Avigdor.png
講演者のBieber氏はサイテックス社のセッター部門長、KBA-カラット(株)の社長を歴任、2001年にVIMテクノロジー社を設立する。印刷業界歴は38年のベテランが満を侍して、この画期的な新製品の発表にこぎつけた。

(社)日本WPAのFacebook Pageが開設される

われわれはこの度、Facebook Pageを開設しました。単に、一方通行的に情報を流すのでなく、SNSの機能を使わせていただき、サイト愛読者とより、きめ細かな交流を図っていきたく思っています。単に会員である印刷人、印刷関連人だけでなく、印刷バイヤー様、デザイナー様にも役立つ情報を折に触れて、発信させていただくとともに、反応をいただきたく思っています。
また、このFacebook Pageを通し、われわれが行ったセミナーをWebinarと言う形で公開させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。Facebookに未登録の方は是ぜひ、ご登録下さい。印刷業界の方もずいぶん登録されています。

今年の印刷産業環境優良工場表彰・大臣賞は新日本印刷羽田工場  ”業界のモデル工場”と最高評価

snp2.jpg
壁面に巨大なバタフライロゴ、同社のウリは水なし印刷である

(社)日本WPAの会員企業・新日本印刷(株)・羽田工場は第10回印刷産業環境優良工場の最高位表彰・経済産業大臣賞を受賞した。
同工場は羽田近郊・昭和島の工業団地の建物を改良し、2006年に操業を開始した。枚葉機・オフ輪機を有する商業印刷工場である。工場周辺脳環境対策(大気汚染、水質保全、廃棄物管理など)は水なし印刷、ノンVOCインキの採用など印刷工場として十分な取り組みが実践されている。
広域的環境対策(温暖化・省エネ・環境汚染物質の削減・省資源・リサイクルの推進など)は的確な目標設定とPDVCAのマネージメント活動により、最大電力量の15%削減を達成、また、98%のリサイクル率とほぼゼロエミッションを達成している。
環境コミュニケーション活動も積極的であり、日本WPAが主宰するカーボンオフセット活動にも多大な実績があるなど、環境保全活動への取り組みは模範的であるとされた。

なお、日本WPA会員企業は過去、最高位の通産大臣賞を10回の内、半分の5回を獲得する実績を上げてくれている。
第3回 サンメッセ(株)本社工場、第7回 (株)新藤、第8回 精英堂印刷(株)本社工場、第9回 株式会社金羊社 御殿場工場、第10回 新日本印刷(株)羽田工場

haneda01.jpg
新日本印刷・羽田工場の外観

中国の東レが水なし平版の緑色(環境保護)大賞を受ける

midoriTate.jpg
緑色耗材大賞の賞状と盾

中国では、本年度から、国家の大方針を示す第12次5ケ年計画(十二五計画)がスタートし、 印刷業においても、印刷業十二五計画が策定された。
印刷業十二五計画の概要は、
(1)印刷大国から印刷強国への転換
(2)デジタル印刷技術及びデジタル印刷(主としてインキジェット印刷)の推進
(3)環境保護印刷の推進である。

環境保護印刷の具体的な内容は、
(1)環境保護印刷に適した印刷企業、印刷設備、印刷材料の選定
(2)3年以内に全国の中小校教科書を、全量、上記の環境保護印刷に転換   
5年以内に子供向け書籍、出版物及び日常生活に密着した食品、薬品包装も環境保護印刷に転換ある。
上記の国家方針に基づき、緑色印刷企業大賞、緑色設備大賞、緑色消耗品大賞、緑色印刷物大賞、緑色個人大賞が制定された。この中で、「水なし平版」が、今回、緑色消耗品大賞(緑色耗材大賞)に選考された。消耗品大賞には、富士フイルムの現像レス版材、東洋インキの大豆油インキ、ローカル企業の無溶剤型接着剤なども選考された。
授賞式が、9月2日、北京で盛大に200名の出席者の参加の元に、開催された。授賞式に先立って、受賞関係者による9講演が実施された。緑色印刷企業として表彰された「金杯印刷」及び「LEO」が講演をし、多くの時間を「水なし印刷」の メリットである「環境保護、用紙節約、VOCの減少」について費やした。
また、緑色印刷物としては、水なし印刷の「朗文英文高級辞典」も、大賞を受賞した。当然ながら、選考を実施した中国印刷科学研究所の褚副所長からも、水なし平版の受賞理由について言及があった。 中国での環境保護印刷は、まさに始まったところであり、この5ヶ年計画で着実に前進するのは間違いない。 水なし平版にとっては、拡販の絶好の好機であり、上記の金杯印刷、LEOがその講演の中で「版材の価格差が縮まれば、 当然水なし比率を増加させる」旨の内容に一言していた。

2011年9月 6日

190万以上の都市では最大の世帯カバー率のフリーマガジン「ふりっぱー」はバタフライロゴ入りで際立つ

110904friper-photo.jpg

生活習慣や消費者の行動変化により、メディアへの期待や役割がすっかり変化してきている。4大マスメディアへの広告費の減少は顕著なものになってきて、特に新聞の購読率の低下は全国的に見られる形となってきた。札幌でも地元で認知されてきた地方新聞社の購読率が42%に低下、あの押し紙をのぞくと、実質38%という感じになってきている。
110904fripper-graph.jpg
消費者との媒体接点のずれの補完を目指し、総合商研は全戸宅配を最終目標とするフリーマガジン、月刊ふりっぱーを創刊し、現時点で世帯カバー率は87.9%に達している。
その発行部数は83.1万部、地域密着のフリーマガジンで、総合商研が取材、編集、制作、印刷、宅配を自社管理の下で行なっている。
地域密着のため、4版に分けた編集になっていて、時期的な話題の生きた記事、テレビ番組情報、市・区役所のおしらせ情報が網羅されていて、家庭内回覧性、保存性が高い。印刷も美塗工紙を使い、環境に配慮した水なし印刷を採用、無料にして有料誌を飛び越える、質感ある紙面作りになっている。この無料誌が近々、月2回の発行になるようだ.。
110904friper-bflylogo.jpg
表紙の下にはバタフライロゴがしっかりと印刷されている。この「ふりっぱー」のような消費者に宅配する大量フリーマガジンでバタフライロゴが掲示されている例はなく、日本での最大のバタフライロゴの掲載誌である。消費者が手にする雑誌であるがこそ、より環境に配慮し、消費者の好意感をいただく配慮がみごとになされていた。

2011年9月 4日

水なし印刷のバタフライロゴの意匠権が(社)日本WPAのものとなる

バタフライロゴは米国のアーサー・ラフィーバー氏が所有する意匠権であった。これを2003年、日本での意匠登録をするにあたり、当時の我が団体は任意団体で法人名で登記することができず、便法としてアーサー・ラフィーバーと五百旗頭忠男の名前で意匠登録を特許庁に行なった。しかし、実質はアーサー氏の所有物であることに変わりなく、毎年、一定額の意匠使用料を支払ってきた。
7月15日、アーサー氏のIWPAの退任を機に、また、当協会が一般社団法人化していることをアーサー氏に理解していただき、一定金額の支払いを条件に特許庁に登録しているバタフライロゴの所有権を一般社団法人日本WPAに移転することとなった。
以上の手続きをきさ特許商標事務所を通して行ってきたが、8月31日付で商標権の移転登録の完了の通知.pdfを受け取った。
これにより、バタフライロゴの国内での意匠権を当協会が手に入れることになり、経費の節減、この意匠の運用自由度を手に入れることができるようになった。

2011年9月 3日

ページのトップに戻る