日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2010年8月 -

第2期カーボンオフセット第2回研修会を熱気の中で開催

日本WPAのユニークな低炭素化に向けた印刷商品を啓発、販促する活動として、第2期カーボンオフセット研修会は6月18日(金)から開催されている。8月26日(木) 午後1時30分より東レ株式会社浦安本社のTV会議室と東レ株式会社大阪本社のTV会議室を結び、2元中継で開催した。
東京会場には10社、14名が参加し、大阪会場には6社、9名が出席してくれた。
冒頭、日本WPA会長・田畠久義が挨拶に立った。
日本WPAはお陰さまで、9年目を迎え、10月8日には一般社団法人日本WPAとして衣替えするまでになってきた。これを機に、臨時設立総会、米国流業態変革セミナー、記念懇親会を開催する。できるだけ多くの会員様にご参集願いたい。
日本WPAは環境対応印刷で求められる、VOC放散値に着目し、2006年6月にはVOC携帯測定器、Micro-FIDを購入した。これを機に印刷工場で発生するVOC放散値の測定事業を開始した。数々のVOCに関する新発見を重ねたが、印刷工場内の環境度を数値で把握必要性を感じたのだ。
地球温暖化防止法の制定を見て、印刷時に発生するCO2量の把握は必須との結論に達す。このとき、グリーンパーフォーマンス推進事業に乗り、会員7社がLCAの勉強に取り組み出した。当初は、LCAを使い、水あり方式と水なし方式のCO2発生量の差の検出を試みたが、勉強する中で印刷方式の差によるCO2発生量の差をつかむのでなく、如何にして地球温暖化防止に印刷人としてかかわり、役立つことの重要性を認識した。一方、業界ではカーボンフットプリント(CFP)のPCR委員会が立ち上がり、その規則の確立がされたが、結果として、印刷物は5段階工程の2段階を受け持つもので、中間材と見なされ、CFPマークは掲示できなくなった。我々はこの事態の対処として、清水宏和氏が作り上げた印刷サービスCO2算出ソフトウエア・PGGを通してCO2排出量を精緻に計算し、これをカーボンオフセットすることで、新しい社会貢献の道筋をつけることとした。京都議定書で決まったカーボンオフセットの手法を使い、印刷物から発生するCO2排出量をCERクレジットで打ち消すことで、直接的な社会貢献につながる道を模索した。印刷物はメディアであり、ここにバタフライCO2ロゴを入れ、排出CO2量を明示することで、一つのインパクトを与えることができた。今日この総量は600トン近くに累積されている。
さらに、田畠会長は日印産連か今取り組んでいる、紙器容器製品ガイドライン作り、自社印刷製品でCFPマークが付けられる新規則の確立、ISO14067整備の動きなどを説明した。
ここに集まる皆様が、バタフライCO2ロゴ、PGGを活用し、カーボンオフセットを使った社会貢献に努めるとともに、ご事業の前進を重ねられたいと結んでくれた。

100826Murakami.JPG
熱の入った講演をする村上賢之事務局長
13:40〜14:30 一般社団法人日本カーボンオフセット事務局長  村上賢之様から、演題「カーボンオフセットの活用〜ビジネスを伸ばして環境を守る〜」での話を聞く。大変わかりやすい、明快な話であった。
100826Murakami2.jpg
今こそ環境が売れるビジネスチャンスと結ぶ

14:30〜14:45 「カーボンオフセット事例発表」 株式会社栄光舎品質管理チーム リーダー後藤基成様から実践体験談を聞く。ある銀行のCSR報告書にカーボンオフセットを提案した。同行は既に環境の観点から、あらゆる環境施策を実施されていた。カーボンオフセットも銀行系列のプロバイダーを使って実施されていた。しかし、その手続きは煩雑で、しかも、少量では取り合ってくれないと言う。印刷物語ときでは割に合わないと言う感じだ。そこで躊躇もせず、我々のスキームを説明したら、その証明性を確認され、すんなりと決まった。1トン‐2トンのカーボンオフセットこそ印刷物にはぴったりなのかもしれない。ある学校の総合カタログでも環境博学の担当者に我々のスキームを喜んでいただけたとした。環境提案営業、これが後藤さんの極意であった。

14:45〜15:00 「電力測定をしてみて」 新日本印刷株式会社羽田工場長 中井旭様
この話は圧巻であった。今までオフ輪機の電力を定格電力とみなし、PGGを運用していた。連休前に日本WPAの電力測定事業に参画し、システム38オフ輪機の主要動力部・補助部に電流計測機をとりつけ、1か月間にわたり計測した。その結果、同社の平均的なオフ輪の仕事での運用下で、定格電流に対し実測電流は41%と言う結果を示した。正直言って予想外の低い数字であった。他方、ガスの方も計測してみた。こちらの方は定格表示に対し、79.1%と言う数字になった。電力とガスを合体させた数値は、定格値に対し50.3%となる。これは何と低い数値になっていることか! 
100826Nakai1.jpg
システム38オフ輪機の電流計測グラフ
ちなみに枚葉機102‐8Pを計測した。ここでは定格値に対し28%と言う数値を得る。これには考えさせられる問題を提議してくれた。
100826Nakai2.jpg
102−8Pの電流計測結果のグラフ

15:10~16:50 会員3社から、自社パンフ制作事例をPGGで計算しか結果を発表していただいた。おおむね発表3社は始めてにしても、合格点の運用をしてくれた。少々のミスがあったが、これはお互いの確認となった。

2010年8月27日

WATERLESS CURRENT 2010年9月号

会員向けにWATERLESS CURRENT2010年9月号を送信した。
以下はそのトップ記事の紹介である。

アイルランドの印刷環境保護者はエコロジー努力を引き起こす
アイルランドの主導的な環境指向の印刷会社はダブリンの重要な広域公園のすぐ隣の、トルカ谷公園のGlasnevinで見つけられる。公園はトルカ川の両側にあるPelletstown、Finglas、およびGlasnevinの町の間にある。それは都市の環境の復帰の美しいシンボルとして役立っている。さて、トルカ川の流域は植物と動物の生態に恵まれ、都市の中の生物の多様性のための非難所となっている。驚異的なことに、現在、繁茂した緑色の公園は以前の埋立て地とその目障りさから回復された。そこで一度は川の支流と家庭廃棄物水、残油、食べ物のごみ、および生活排水によって汚染された池であった所に、フットボール場、ゴルフ場、および歩道が整備され、娯楽施設一杯の絵のようで、生物多様性の沼沢地まである。新しいダブリン公園のように、20年を迎えたアイルランドの印刷会社、Printpac Serviceは危険な化学品で積み込まれた、古い製造方法から産業復興でよじ登った新しい印刷会社に生まれ変わると自他ともに認めたものである。
環境の勢いを増している同社のキャンペーンは2007年以来ずっと化学品の使用量を90%以上も縮小してくれた。同社はまた、有害な揮発性有機化合物(VOC)、石油由来物質を取り除いた大豆油ベースのインクを使い、紙はFSC保証のものにした。
同社はアイルランドの最もメジャーな印刷会社にはほど遠いが(5人の常勤社員)、絶対に間違いなく、環境意識の旺盛な印刷会社と言える。現在、Presstek水なし印刷機を使っているアイルランドの3社の1社で、アイルランドでは唯一、Presstek 52DIを使っている印刷会社である。
同社の最近の成長は過去10年間のアイルランドの経済成長の煽りをいくらかは頂いてはいる。この期間の経済成長は、(収縮局面もあった)はしばしば2桁になっていた。
Printpacのビジネスは主としてダブリンとその近郊都市が対象である。2009年に、ダブリンは世界の都市の2番目の高賃金によって世界で4番目の最も豊かな都市として格付けされた。ダブリンは教育、アート、管理機構、経済、および産業のセンターであるだけでなく国の歴史の、現代の文化センターである。アイルランドの人口は450万人弱と概算されている。

100823photo1.jpg
アイルランドのダブリン市にあるPrintpac Service社のPresstek 52DIを背景にマイケル・ドワイヤー社長。

マイケル・ドワイヤー社長によると、Printpac Serviceは、信頼性、素晴らしいサービス、さらに、クライアントの要望以上をやる!を社是に創立された。さらに、彼らは包括的な印刷ソリューションを目指し、迅速、効率的な短滞留生産(ターンアラウンド)、優れた品質、および極めて競合した価格を提供する。現在直接的なエンドユーザー顧客とも付き合うが、印刷物発注管理会社(PMC)、印刷ブローカー、およびエージェンシーのニーズを満たして、そこに的を絞った下請け印刷を得意とする。

100823photo2.jpg
Printpacのオフィスはトルカ谷パーク(都市環境の再生の象徴的な公園)直ぐ隣にある

最近、Printpacのマーケティングの革新性機会を探究するために、Printpacはダブリン市立大学(DCU)のビジネススクール、リーダーシップ・革新・知識研究センターと協力した。 そこの学生は、学習、革新、および知識に専念した研究センターであるDCUのLINKプログラムの方々である。アイルランド企業の革新バウチャープログラムから一部出資されたプロジェクトにより、4人の大学院のビジネス学生が、非常に競争が激しい市場で経営している企業に出向き、マーケティングプロセスを研究し、また、実体験を通して学ぶ機会の提供を受ける。

100823photo3.jpg
www.printpacservices.word press.comで‘増加認識’というタイトルを付けられたそれらの新しいブログを訪問してPrintpacのマーケティング努力を味えよう。また、
www.printpac.netをも訪問されたい。

DCUは2009年10月時点で11,000人を超える登録学生を有し、世界的のトップ300の大学では最も歴史の浅い大学である。 DCUビジネススクールとそのLINK研究センターは、デジタル経営のスキルとの実地の職業教育で尊敬されるリーダーを排出させ、それはDCUビジネススクールの次世代管理イニシアチブに入れ込んで行く。
この場合に、学生は第一にソーシャルメディアマーケティングを通してどのようにPrintpacの競争価格の設定、素晴らしいカスタマー・サービス、およびエコ印刷機能のインパクトを最大化するかに集中させる。また、DCUチームは、単にPrintpacの構内でどう働いているかを見極めただけではなく、何人かの長年のクライアントに会う機会を得たが、Printpacが業務を行うのがどのように好きでいるのか、そして、彼らが、なぜゲームをしているように思うかについて、名案をチームに与えてくれた。実際、クライアント、Image Vision PrintがPrintpacについて言わなければならなかったことがある。
100823photo4.jpg
Printpacに参加しているDCU学生

「私達は過去数年間、非常に密接にPrintpac 社とともに働いていて、多くの点で私達のオフィスの拡張につながった。」「期限に間に合わせる保証をするために、スタッフはいつも特別な仕事をこなす。それが、私達のクライアントのニーズを満たすには必須である。私達はいつも、この印刷プロジェクトが最上品であることと、時間どおりに納めていることと知っている。」「私達は、Printpac社とともに働かせていただき非常に幸運である。」「8週間以上、学生は、Printpac会社で、キャンペーンのブランドを守り、ツイッター、フェースブック、LinkedIn、およびWordPressを使った、統合ブログを含む選ばれたソーシャルメディアネットワークとプラットフォームの上のキャンペーンを設定し、これを統合し、案内して、マーケティング化されたPrintpacのソーシャルメディアのための枠組を開発した。 プロセスの一部として、学生は何度もPrintpacの工場を訪問し、少なからず、Presstek 52DI水なし印刷機が動いているところを見るだけでなく、Printpacの営業と機能をよりよく理解するために、何人かの長年のPrintpacの顧客と会った! Printpacが、ソーシャルメディア戦略を実行することを準備する時に、学生チームによって引き受けられた研究と結合されたクライアントからの正しいフィードバックのお陰で、次の数ヶ月のLINK研究センターからのサポートも加わりPrintpacの今後の基盤となろう。Printpacは、ソーシャルメディア戦略を実行することを準備している。

国際水なし印刷協会の会員は、Printpacのソーシャルメディア戦略とその水なしの印刷が同社の経営計画について果たす突出した役割に注意するべきである。
ここで言及されたソーシャルメディアにはいつでもログオンできる。 私達は、DCU学生が、本当に環境にやさしい印刷組織の内側の働きを勉強する以上の優れた事例を見つけたかもしれないと信じている。それらはアイルランドでまれな事例というものでなく、イギリス全土に当てはまる。

2010年8月23日

小型機で小回り印刷する方がCO2排出量は少ない、わかくさ印刷で新発見

日経産業新聞、8月20日号17ページに以下の記事が掲載された。

わかくさ印刷、中小向け、カレンダーに排出枠。2010/08/20, 日経産業新聞, 17ページ, , 387文字
 わかくさ印刷(兵庫県西宮市、光本好雄社長)は二酸化炭素(CO2)排出枠付きカレンダーを10月に発売する。印刷や輸送、紙やインクの資材調達で発生するCO2排出量を独自に算出。これを相殺する費用として通常料金に数%を上乗せし販売する。購入顧客はCO2削減に貢献したとみなすことができ、企業イメージの向上に役立つ。
 2011年版のカレンダーで始める。デザインや納入場所など顧客が求める条件で異なるが、A4サイズで2000部製作すると料金は17万円から。この場合のCO2排出量は約385キログラムと算出し、相殺費用として4200円を別途負担してもらう。
 国連の認証に基づく排出枠を日本水なし印刷協会(東京・文京)から購入。購入企業には相殺を示す証明書を発行する。
 同種のカレンダーは大手印刷会社が先行して販売しているが、わかくさ印刷は少量注文が多い中小企業を狙い、売り込む考えだ。

このカレンダーの印刷に当たり、大台印刷機で印刷したときのCO2排出量とわかくさ印刷が所有する、菊四才4色機でこなした時のCO2排出量をPGGでシミュレーションして、新発見した。なるほどロットが上がると経済的にも、CO2排出量からも大台機は有利となる。ところが、今日のような小ロットが求められる時代では、なんと菊四才4色機の方が、CO2排出量がすくなくすむではないか。これは小型機と言う低炭素性と、水なし印刷では特にヤレ紙通しが少なくすむからである。PGGで計算するとこのようなシミュレーションが直ぐに判明する。生産活動を行うには当然、経済性を考えねばならないが、低炭素化に取り組むにはぜひ、PGGをツールとして活用していただいたい。

2010年8月22日

東レの「水なしCTP版」が日本商工会議所会頭発明賞を受賞

この度、東レ株式会社が「水なしCTP版の発明」を評価され
平成22年度全国発明表彰の「日本商工会議所会頭発明賞」を受賞しました。

詳しくは東レ株式会社ホームページをご覧下さい。

http://www.toray.co.jp/news/elec/nr100802.html

2010年8月19日

トップページ表示のカーボンオフセット排出量の加量

カーボンオフセット総量を日本WPAのホームページのトップページに載せている。
今まで清水印刷紙工株式会社様の分が欠落していたが、8月17日から、水なし印刷にて過去1年半で165トンのカーボンオフセットしている分を合体して掲載することとした。

これで、日本WPAのカーボンオフセット総量は上乗せされ534トンになった。
同時に、カーボンオフセット開始日を清水印刷紙工様の開始日である2009年2月に変更することとした。

2010年8月18日

ページのトップに戻る