日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2009年2月 -

W2インキのVOC放散量はやはり低い 竹田印刷で実測

新しいバージョンのW2インキ(水洗浄性インキ) ナチュラリス100W2のテストを竹田印刷(名古屋市昭和区)で2月19日(木)に行った。DIC社、東レ株式会社、日本WPAから関係者が集まり、テストチャートで印刷を行った。新バージョン品の印刷適性と実用性の検証、ならびに、そのVOC放散量をも調べてみた。その値は添付資料のとおりである。
090219竹田印刷でのW2インキのVOC計測値.MDI
この機械が設置されている室内のVOC値はおおむね、11〜15ppmsを示していた。この時、各胴間、インキ壺上でVOCを計測したが、その値は15ppms内で室内に漂っているVOCちと勘案するとVOCはほとんど出ていないと推察できる。
途中、墨胴のブランケットを手洗いしたが、洗浄油を使うと瞬間的に1500〜2000ppmsの値を示したが、ほどなく減衰してくれた。しかし、印刷機周辺の洗浄液から揮発したVOVが漂っていて、先ほどの15ppmsとは違い、40〜90ppmsの値を示した。参考までに20分経過した時点で各所のVOCを計測したが、VOC値は減衰したものの、洗浄前と比べ数値そのものは上がっている。
最後にWW1でインキ洗浄を行ったが、そのVOC放散値は、132〜246ppmsと言うものであった。一般洗浄剤だと1500〜2000ppmsを示したので、1/8〜1/10という範囲に水洗浄性インキの洗浄は収まっている。
参考までに、近くに設置されていた、外国製の菊全8色機のユニット内のVOC値も測定した。すると、58〜500ppmsと言う値を示していた。これは一般インキを使い、規定5%のアルコール湿し液を使っていたが、湿し装置はたえず回転しているのでVOCが恒常的に出てしまうのだ。こと、VOC抑制の観点からみると水なし+W2インキは優れた印刷方式と言えよう。

090219takeda1.JPG
VOC計測班による計測風景

090219takeda2.JPG
新バージョンのW2インキ、実用性は十分うあるとの評価が出された

2009年2月25日

地球気候変動サミットIN USAの開催地

、地球気候変動サミットIN USA(GCCLS)の開催地、ウッドストック市は「グラウンドホッグデー」という有名な映画に出てくる町だけでなく、アメリカのTop Small City Destinations(代表的な米国景観の小都市)の町である。
woodstock-dup.jpg
人口は2万人であるが、世界中からの何千人もの訪問者が、「グラウンドホッグデー」の光景の撮影を目的として来る。
私たちの町は合衆国の史跡自然保護の12指定地区の1つとなっている。日欧の私たちの方々は、はるかに古い都市での生活をされていようが、19世紀に広げられた風変わりで美しい町の広場を楽しんでいただきたい。
woodstock-square-dup.jpg
ここが、最も素敵な部分なのだ:
ウッドストックはシカゴのような高価な宿泊代と食事代はかからず、安価で過ごせる。
さらに、忙しくて、混雑しているシカゴ市からはウッドストックまでは高速道路で1時間ちょっとで来られ、シカゴのオヘア国際空港からは、シカゴより短い距離で来られる。( 米国WPA専務理事・アーサー・ラフィーバー)

この会議への参加要項は、地球気候変動サミットIN USA(GCCLS)参加者要綱.pdfを参照されたい。


2009年2月15日

WATERLESS CURRENT2009年2月号 地球気候変動サミットIN USA

わ以下2009年2月号の巻頭記事を紹介する。本家の米国WPAが我々、日本WPAの活動を高く評価してくれている。米国の印刷会の環境対応面は後手を取っていたが、ここへきてオバマ政権の誕生を機にグリーン・マーケティングと言う切り口で攻め込もうとしている。
この地球気候変動サミットIN USA(GCCLS)には国連が講師を派遣してくれ、我々の環境への取り組みを高く評価してくれている。

WPAとJWPAは地球気候変動サミットIN USAを準備
そして、日本WPAのご努力を感謝する。日本WPAならびに、事務局長・五百旗頭忠男氏の協力で盛り上がった会議となろう。
五百旗頭氏は、この会議に出てくれ、日本の水なし印刷の最新の技術的な開発状況を披露してくれる。それらの新しいことを学ぶのを楽しみにしている。これらのものが日本のような他国からきて、定着するにはしばらくかかるとは思うが。
さらに、あなたは水なし印刷の販売に当たっている最高の実務家から競争を破る方法を学べるだろう。
オーストラリア、カナダ、日本、およびヨーロッパの仲間が、従来のオフセット印刷会社に対して自らのグリーン・マーケティング資産をどう鍛えて活用しているかを吸収し、学べるだろう。
今日の厳しい経済状態に直面してどうしたら成功できるか、貴重な情報トヒントをつかんでいただけるだろう。
どんな国におられても、どんな地方、どんな都会、町におられてもこれらは当てはまろう。

日本では驚かせるほどのバタフライの認知度
日本WPAの私たちの仲間がどのようにしてバタフライのブランドの浸透を図ったかを見ていただける。日本の印刷発注者へのダイレクトメールでのアンケート結果、バタフライロゴは25.8パーセントもの著しい認知率を実現していた。世界中のどんなWPA正会員もこのニュースには気絶してしまう。
日本の印刷発注者はロゴを認知しているだけではなく、29.2パーセントの率で水なし印刷を知ってくれている。
これがあまり遠くない将来にあなた方のビジネスに何を意味するか、論を待つまい。

強力な会員マーケティングツールを必見
JWPAが提供してくれたこの情報を使い、WPAは米国の印刷会社会員に特別な価格で、よりすばらしい成功と支援をもたらす共同販売ツールを紹介する。独自でこれをこなすより、多額の経費節約をあなたにもたらすと確信している。

新しくて改良された低価格の印刷会社販促ツール安価にして、新しくて改訂されたツールに触れていただくが、製版と印刷面でのわずらわしい技術的な問題に触らなくてもよい。

新しい水なしガイド
WPAの新しい水なし印刷の改定ガイドは、最新の水なし印刷技術と完全に整合されていて、軽量化され携帯用になっている。今日では、すべての気候変動の話を避けて通れまい。これらは新聞記事や役所との中で常時、話が続いている。
カリフォルニア州の知事、Arnold Schwartzenegerは温暖化政策を逆にすることを目指す提案をしている。(注・オバマ大統領と同じ政策) これらのすべてが水なし印刷会社の必要な舞台準備となってくれる。
どんな印刷市場においても、水なし印刷事業戦略は競争性持たせたものにすべきである。
DI(Presstek)分野と東レ分野の両方の印刷会社が印刷発注者の今日的視点から受けているのだ。WPAメンバーは、水なし印刷を差別化価値として活用し、印刷発注者にとってユニークな特徴と利便をもたらすものとなってくれよう。
よって、Waterless Printing Association(米国WPA)は日本WPAと協調し、全地球的気候変動を意識した環境印刷を上演するための最適時と判断して決めさせていただいた。
どんな産業団体がこの世界的な経済不況下でイベント(催事)を上演するのだろうか?
その答えは:
Waterless Printing AssociationはNaturally(自然体で)。
過去15年間で、わが協会は世界中で多くの水なし印刷のイベントを上演してきた。
それで、あなたは尋ねてくれよう。
なぜ現在、アメリカのこの寒い時期に、このような特別会議を開催するのか?
私たちの会員数は比較的少ないので、私たちはすぐに行動できる柔軟性を持っている。
Genius52UV印刷会社が特に多く増えてくれ、水なしオフセットは成長してくれている。
あなたのビジネスは既に勝ち残りモードとなっていようが、世界中の他の仲間からさらなる力強さを学ぶことによって、今こそあなたの水なし印刷能力を再強化すべき時なのだ。
今こそである。
現在の、そして、将来の環境規則により、水なし印刷会社の競争性は凌駕してゆくものとなろう。今年は重大な年と見る。
ヨーロッパでは、コルチナ輪転機(コールドセット輪転機)に使う水なし版の数が急速に伸びている。ここへもう1社か2社の版材メーカーが入りこみ、さらなる厳しい競争が市場に表れてくるかもしれない。
最も悪い時代に、世界的な環境危機に向けての、知的研鑽を重ねていくことだ。
ユニークな新しいビジネスチャンスをとらえ、グリーン・マーケティングプログラムをどう伝統的なセールスの上に行動をかぶせるか、水なし印刷会社はこれに期待している。気候変動首脳会議(GCLLS)はこの種では唯一の会議である。環境規則が北アメリカよりはるかに厳しい他国での印刷会社の成功を引き寄せたい。

なぜオオカバマダラのロゴ?
我々の商標登録されたバタフライロゴの認知について驚くべきニュースがある。
日本(JWPA)の私たちのメンバーはバタフライのブランドを相当水準まで認知させている。
素晴らしいことに、印刷発注者へのダイレクトメールキャンペーンでバタフライロゴの認知率25.8パーセントを実現している。世界中のどんな印刷会社会員にもニュースは想像を超えるものである。印刷発注者はロゴを認知しているだけではなく、29.2パーセントの方は水なし印刷を知っている。これがあなた方、米国会員に何を意味するかを推測する必要は全くない。


東海道新幹線に水なし印刷の広告が掲載!

2/1〜2/28の期間、東海道新幹線車内に東レ(株)が水なし印刷のプロモーションを展開している。
また、N700系では東京-新大阪間で電光文字広告も流している。
新幹線の車内広告は多くのビジネスパーソンの目に触れるため、印刷発注者の目に触れる可能性も高い。この広告では「水なし印刷」というキーワードの他、バタフライロゴのモチーフであるオオカバマダラが大きく掲載されている。
あたかもこれからの地球を案じて、バタフライがそっと見つめているかのようである。

東海道新幹線を利用する際は是非注目して頂きたい。

車内額面.JPG

JR東京駅構内ポスター.JPG

2009年2月 5日

ページのトップに戻る