日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2008年9月 -

業態変革セミナー大会で事務局長が講演

株式会社桜井グラフィックシステムズは、平成20年9月25日から、27日(土)の3日間、東京本社で業態変革を実践するセミナー大会を、サクライ最新鋭機トライアル展と併設して開催された。セミナーは著名6氏による実践的な講演内容、そのものであった。来場者は3日間で300名を突破し、遠くは熊本からも来場された。27日(土) 13:00から1時間半、日本WPA・事務局長が「印刷業界が直面する環境規制について―なぜ、水なし印刷が着目されているか?」と言う演題で50名の来場者を前に、講演が開催された。
東京都では光化学オキシダント対策として、過去に自動車の排ガス規制など精力的に実施し、成果を見たものの、VOC削減を図らない限り、根本対策に到達しないとの観点から、都内の蒸発系固定VOC発生源への踏み込んだ対策姿勢を見せている。2012年まで平成12年度のVOC排出量の30%を削減すべく、法規制、自主的取組の推進に当たっている。このVOC発生源の主要産業は1に塗装業、2に印刷業、3にクリーニング業となっている。いずれも、生業で成り立っている業界で、産業を生かしつつ、環境改善を図るべく、切々たる思いで当該業界への啓蒙に当たっている。我々はこの事態をチャンスととらえ、積極的に既存設備での水なし化を図ることでの、都内印刷業者のVOC削減につながることにもチャレンジしてみたい。昨年、水洗浄性インキW2インキと水系洗浄剤WW-1を発表したが、VOC排出量が従来法に比べ1/10になる環境性能を世に訴えたが、この普及に向けても取り組みたい。
このように環境を新しい価値として印刷製品を作り上げ、消費者、企業に訴えることに我々の生き道が見える。CO2削減の観点からも水なし印刷はすぐれものであり、今年度6月、水なし印刷Kg-CO2削減計算モデルを発表した。我々は目下、LCAを自らの手で算出する力をつけ、いかにしてCO2削減につながる、印刷設計ができるかにチャレンジングしてゆく。
10月26日から、日本WPAは団員10名で、米国web-to-printツアーに出かけるが、米国で第2位の印刷通販サイトOvernightPrint.comを見学してくる。同社はヤレ率の低い、付け合わせ印刷の方式としてUV水なし印刷をダイレクトドライブ方式の機械でこなしている。小ロット、UV、高精細には水なし印刷がより適しているとの実践を我々の目で確認してきたい思いでいる。
環境価値に切り込む熱い思いを込めて講演させていただいた。

080927sakuraiGS-seminer.jpg

桜井グラフィックシステムズ・業態変革セミナー大会の風景

2008年9月28日

NEW環境展大阪会場でバタフライロゴを訴える


2008年9月18日(木)〜20日(土)、インテックス大阪でNEW環境展大阪会場が開催された。台風来襲崩れの3日間であったが、延べ入場者は48,503人、我々にとっては大きな反響をいただくことができた。我々はNEW環境展東京会場には過去、5年間、連続出品させていただき、今年も会員企業6社が出品するまでになった。大阪会場は始めての出品であった。事務局の単独出品の形は、過去の反省から訴求力が薄く、会員企業を巻き込んで出品する形をとった。大阪市のサン美術印刷株式会社、福井市のスキット株式会社、日本WPA事務局の3社共同出品の形となった。
サン美術印刷はこの場で、環境に高い意識を持つ企業への新規開拓を見据え、出品前に、社内での新規開拓シミュレーションを実施した。印刷企業の大部分は固定客との取引で売り上げの多くを確保し、通常は、新規開拓にあまり力を注がなくてよいだろうが、長期的な視点から、絶えず、一定割合の新規開拓を履行しておく必要性は論をまたない。環境をキーワードに、水なし印刷を新規切り込みの商品として同社は取り組んだ。バタフライロゴの意味、水なし印刷の環境上の利点、セールストークを標準化して整備し、新規開拓パンフを作った。また、独自の環境ロゴをゆるキャラ風に作り上げた。各営業マンにそのパンフレットを使い、標準セールストークを使わせての実地訓練を積ませた。
展示会の当日、訪問者を通路で捕まえ、呼びかけ、訪問者と向かい合った姿勢で後ずさりして、ブース内での話に持ち込む。5問アンケートに答えていただき、御礼としてエコバックをさし上げる。この応対作業を繰り返したのだ。3日間で、380名刺を回収されたが、大変な応対効率である。この2〜3年、企業の環境意識は単に、上場大会社が持つだけのものでなく、確かに、中小企業の段階まで浸透し出してきている。同じ用度品を購入するならロハス製品と言う感じに定着してきた。
他方、スキット株式会社は、新人の営業員がブースに詰めて頑張ってくれた。水なし印刷のほかに、「メール便発送代行」「ポケットホールダー」「大判出力サービス」の新商品・新サービスを打ち出したが、3日間で120社の名刺を確保することができた。
企業に環境ロゴを売り込むことも大切であるが、一般消費者へのロゴの認知がさらに大切であることを勉強させられた。
080918new-kankyo fair.JPG
NEW環境展大阪会場の立て看板アーチ付近
080918jwpa-booth.JPG
同展示会に出品したスキット株式会社、日本WPA、サン美術印刷株式会社の共同出品ブース

2008年9月23日

印刷業者は情報流通の先兵として襟を正したい

ある県が環境白書を刊行したものの、請け負った印刷業者が結果として、バタフライロゴをスキャンして無断使用し、虚偽の申告をしていたことが明るみに出た。せっかく作った印刷物は商品の性格上破棄すべきものでなく、一部を差し替えすることで使用することとなった。再生紙偽装、インキの表示の一部偽装などでこの春先、メーカーのモラルが問われた矢先である。また、今現在、食品の不正転用などの事件が起き、食品流通業者のモラルが大きく問われようとしている。
印刷業は情報流通の先兵として、社会正義にのっとり行動することに存在価値があるものの、発注者に虚偽の申告をし、自らの持つ技術を悪用して偽装商品を作りだす事例がまたしても出てくれた。情報のハンドリングを任される我々こそ、信頼と公正に基づく仕事運びの上に成り立っている。印刷人として誠に残念で恥ずかしい次第である。

このことを伝えた新聞記事

2008年9月17日

北陸地区で水なし印刷がさらに導入

石川県白山市の能登印刷株式会社はこの度、環境で優位に立てる水なし印刷を商業印刷部門への展開を目指して、導入した。FMスクリーニングと水なしを組み合わせ、ハイファ印印刷と命名して世に出してくれた。このことが、7月17日の日経新聞北陸版に大きく取り上げられている。
能登印刷の記事が日経新聞北陸版に掲載される

2008年9月12日

日経エコロジー10月号に蝶々ロゴが紹介

日経エコロジー10月号にバタフライロゴ並びに、W2ロゴがECOニューフェース欄に紹介された。水で洗い流せるW2インキの併用で印刷工程のVOC発生量を9割削減、と言う製品特長を取り上げてもらった。 以下は、その記事内容である。
080905newface_edited.jpg

2008年9月 5日

ページのトップに戻る