日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2008年6月 -

日本WPA第6期定期総会は広島県府中市で開催された

日本WPA第6期定期総会が6月25日(水) 15:30から、広島県府中市の株式会社リョービ・広島東工場・3F会議室で会員60名が集まり開催された。冒頭、田畠久義会長は「お陰さまで会員数177社となり、中国から2社、韓国から2社、イスラエルから1社と国際的な広がりを見せるまでになってきた。また、最近では水なし印刷CO2削減計算モデル(Ver1.0) を発表し、水なし印刷はCO2削減上でも大変優位な印刷方式であることを世に訴えて行きたい。」と、力強く明言された。第6期事業報告、収支報告、第7期事業計画、第7期予算計画を審議し、原案通り満場一致で承認された。
080625annual-meet.JPG
日本WPA第6期定期総会

16:00から2班に分かれ工場見学とリョービ印刷機の実演の見学をした。 筆者は2年半前にこの工場を見学したが、組立工場はさらに1万屬盂板イ気譟菊全多色機の製造もらくにこなせられるようになった。リョービ広島東工場は今や、菊全多色機などを含め混流で製造できる体制を作り上げていた。ここで製造される機械の8割は輸出向けで、国内向けは2割となっている。その輸出先も米国・欧州・中国だけでなく、曰く、振興国向けが伸びてきているのだ。

次いで、水なし印刷の実演を見学する。リョービ758P機では表刷り4色の後、反転がはいるが、ここで同時にUV照射がなされる。 印刷面は乾燥された状態で裏刷りに入る。このユニークな機構は世界初のものである。排紙の立ち上げ部にUVランプで照射され、両面印刷が表裏乾燥された状態で、ノンスプレーで排紙されて行く。

080627casting1.jpg
UVキャスチングのプロセスと効果の原理(図をクリックすると大写しできる)

次いでリョービ756 Type-E UVキャスティング装置付きを見学する。フィルムに微細彫刻された模様を型として、ニスを型(フィルム微細模様)に押しこみ、これを用紙に転写させるが、この時、フィルム背面からUV照射を当てる。すると微細模様が紙に転写され乾燥された状態で排紙部へ流せる。この原理は、表面加工業者が編み出して専用機で使われていたが、枚葉印刷機に組み込んだところに意義がある。
080627casting principle.jpg  
ホログラム発生のメカニズム(図をクリックすると大写しできる)

最後に、3404DI機を見学した。ここでは水洗浄性インキ( W2インキ)を使い、そのVOC発生量を枚葉印刷機レベルでは最低に押さえ込んでくれていた。DI機は直接描画、無現像、しかも、中間生成物がなく、廃棄材料が極小の水なしオフセットの生産方式である。製版機と印刷機が一体になった利点は、小企業社には人手をかけなくでこなせる実用機と言える。
全3台を水なし実演していただいたが、今後の大いなる参考になる実演であった。

080625party.JPG
懇親会会場風景

19:00から福山キャッスルホテルに移り、懇親会を開催した。冒頭、挨拶に立った奥継雄副会長は、洞爺湖サミットの開催時、日本WPAはバタフライロゴとW2ロゴの需要家への一層の環境貢献の認知をはかるべく、日経ビジネス誌に見開き記事体広告を掲載することを発表した。今後も、バタフライロゴを需要家筋へ一層の認知の働きかけを進めたいと意気込みを強調した。会員同士、互いの持てる情報交換と懇親に努め、21:00に散会した。


2008年6月25日

Waterless Current2008年7月号を会員に配信

2008年7月号はスペインの新進気鋭の水なし印刷会社が紹介されている。

水なしのお陰で、コピーショップからオフセット印刷業者へ2週間で変身
SCP Proyecto社はマドリードの近く、アルカラ・デ・エナレスの中心部でオフセット印刷業者になり変った。アルカラ・デ・エナレス(エナレスの砦)の町はスペインの都市で、そこにはユネスコの世界遺産遺跡の一つであり、スペインに設立された最初の主教管轄区の一つである。以前は社外から調達していたカラー・オフセットの業務の拡張を目指し、社長・トマス・ロドリゲスはリョービのセールスマンであり、Presstekの取り扱いをしているマドリードのホアンパブロ・ガルシア氏に連絡をとった。
それには、2つの選択肢があった: 従来のオフセットか水なしオフセットか。
そのハンディキャップ: 同社には、オフセット印刷の経験が全くなかった。ガルシア氏は、会社にはいくつかの理由で水なしオフセットの採用を提案した。
第一、オフセット経験が少なくとも使いこなせるであろう。
第二、はるかに高い品質を獲得してくれる。最後だが、重要なことは、ヤレを節約しえるだろう。
トマスは、セールスマンのアドバイスを意に介して、リョービ3404X-DIを選択した。
080721photo.jpg
写真:地元のグラフィティ・アーチスト(落書き芸術家)の有利さ場を際立たせるため、SCP Proyectoはアルカラ・デ・エナレの芸術の商業作品を入り口に飾った

SCP Proyectoのオーナー、トマス・ロドリゲスは、印刷産業には17年間のキャリアだ。
彼が19歳のときに、この業界に入った。彼の会社の目標は最高水準の品質を充実したサービスで提供すること、と説明する。SCP Proyectoはあらゆる素材や、サイズに、シャツ、雑誌、カタログ、およびポスターまで出力できる。
200s屬硫饉劼如顧客要件のすべてにサービス提供できる適切な印刷機を必要とした。
「顧客が仕事上、グラフィック支援のできるコンピュータを必要とするなら、私たちは利用可能なものを提供する。」と、彼の5人のスタッフを管理しつつ、3台のマシンを動かしているエネルギッシュなマネージャは言う。
トマスの妻エスターは、コンピュータの専門家だが、トマスの訓練校では5ケ月で、マシンを操作を習熟させる。SCP Proyectoを訪問すると、トマスは最近、リョービ3404X DIで刷った雑誌と菊全判8色オフセット印刷機、水ありで刷った2つの見本を我々に示してくれた。顧客は彼がなしえたより高い品質に、心から祝福してくれた。トマスは水なし印刷の利点は、分解した色調が最初の刷り出しと合ってくれることだ、と言う。
ここ3カ月、彼は25万枚以上を通している。東洋インクは少し高いが、色目が良いうえ、刷り出しも早くできる。他のインクでは刷り出しヤレに30〜40部は浪費すると言う。水ありのように、インク・水のバランスを気にかける必要は全くない。機械が回り出すと、彼は機械を離れて、別の仕事に時間を割くことができる。
「自分はオフセット印刷の専門家でなく、高速のカラー印刷の試練を受けていて、基本概念を学ばなければならなかった。」「自分が忘れていた何がしかの情報を再注入するために、MDIインストラクターに連絡しなければならなかった」と、トマスは言う。
「今は、最高速の70%の5,500枚/時で走行させている。最初は、最高速、7,000枚/時で走らせたが、ヤレの引き出しに多くの時間を浪費していた。現在、仕事がいったん完了した後、次のジョブのセットアップにおよそ9分かかる。これは、彼がほとんど無停止で印刷できることを意味する。
頭から、トマスは、「私たちはコピーショップだけに終わらず、印刷機も設置している。」とし、ここ、スペインの最も古い大学(1508)の近くで店構えをしているのだ。仕事は1部から1万までの注文を受ける。500部とか、それ以上の注文は、リョービ3404X DIを使用する。ゼロックスコピー機で、より小さい注文をこなす。
080721photo2.jpg
写真:SCP ProyectoのスタッフはPresstekの支援を受け、リョービ3404X-DIを有効に活用して、コピーショップから高品質のカラー専業印刷会社へ変身を遂げてくれた。

SCP Proyectoのチームは「新しいオフセット印刷機」の取り柄だけでなく、品質、一流サービス、およびダイナミックなチームワークで知られたいのだ。最近、IFEMAに展示会用に3部のカタログの注文が来た。いつものように、それらは前日から、必要としていた。
トマスは、30時間以内に仕事を完了して、届けることができた!
トマスのこのような迅速消化は、彼の顧客に24時間写真サービスのような仕組みを提供することによって、可能となった。トマスは水なし印刷のリョービ3404X DIでどれくらい幅広い仕事に取りこむことができるかに挑戦している。ハイブリッドスクリーン(スタッカート、Sublima、Co-Res スクリーン)を使用し、プラスチック、または、レンチキュラーの材料に印刷することを切望している。
新しいプレスを購入して以来、彼の顧客のための、用途開発は広がってきている。サービスは最も重要な目標であるが、「意志があれば、道が開ける」のだ。水なし印刷機は彼の会社の新しい働き馬である。
水なしコミュニティに加わっていただき、おめでとう。トマスの会社が将来、我々仲間内での成功者になってくれることを願っている。

2008年6月21日

水なし印刷CO2排出量削減計算モデル  水あり印刷と水なし印刷の比較表

NEW環境展(6月3日〜6月6日・東京ビッグサイトで開催)で、日本WPAは水なし印刷CO2排出量削減計算モデルを発表したが、役所関係者、企業、研究機関の来場者から多くの好意的な反応をいただくことができた。低炭素化に向けた取り組みは各関係者は大変熱心で、昨年とは大きく違う反応を見させていただいた。我々も一層の精進を目指して進みたい。
この計算モデルをよりご理解いただくため、水あり印刷と水なし印刷とでのCO2排出量の比較表を添付ファイルの通り作成した。ご覧いただくとありがたい。
CO2排出量比較計算.PDF

2008年6月12日

日本WPA公認drupa視察団がドイツの水なし印刷会社を見学

6月5日(木)、日本WPAのdrupa公式視察団一行はデュッセルドルフ市から、マイクロバスに乗り込みヘッセン州のKarben市のFüse Verlag GmbH(フューゼ出版社)とグリム童話の里、Hanau市のHarmut Kitz印刷会社を訪問した。快晴に恵まれ、温度も28度にもなり、ドイツにしては暑い1日であった。
080605Fuese1.JPG
商品説明をしてくれるヒューゼ社長
フューゼ出版社と言う名前から、出版物をこなしていると思ったが、ユニークなマーケティング指向の業態の印刷会社であった。園芸卸商を対象にした「園芸商品(園芸プラカード)」、園芸品のワンタッチ結束テープ、園芸家向けカレンダーを自家工場で制作し、ドイツ国内の園芸卸業者に営業マンが2名、アシスタントが2名で直に売り込んでいるのだ。一端、顧客と当たりがつくと、仕事のやり取りはe-mail、FAXですむと言う。1955年に先代が創業し、先代の趣味が高じて園芸特化商品の印刷会社を作り上げたが、コンピューター技術家の2代目が1992年から、先代の死後に事業を継承した。市場はドイツ国内一円、デンマークの一部で、競争相手はオランダの大きなラベル印刷業者がいる。しかし、フューゼ出版社は納期、品質で彼らと差別化を図っている。2年半前にKBAのキーレスUV水なし印刷機74G-4L、引き続き、2年前にCTPを導入し生産力を高めたことが貢献している。
080605Doyle.JPG
紙粉取りをしてくれるDoyle吸着装置をフィーダーに装備
我々のために、刷り出しから見せてくれたが、30枚目で色が決まり刷り出す様子を見て、見学者は一斉に驚嘆した。水なし印刷、アニロックスロール、版胴と同径の着けローラ、ローラ本数の少ないショートトレインのインキ装置のお陰で、色決めがいたって早い。それにも増し、この方式でFM印刷ができる点がすぐれものである。なぜ、このような印刷械が日本で生まれないのであろうか。これなら、デジタル印刷機に十分対抗できるであろう。園芸品は春先需要が繁忙期で、園芸用品は冬場に作り込みをする。はやりの品種が出ると、急にこの需要が園芸卸商から舞い込み、徹夜3交代で印刷現場はこなす。

080605 Fues Verlag.jpg
公式視察団一行が、驚異のマシン、水なしアニロックス・キーレスインキングを抱いた74G機の前で記念撮影

夏は閑散期となるが、園芸家に好まれる園芸草花カレンダーを作り込む。また、卸商用の園芸カタログ(中綴じ)なども作たりする。この店名刷り込みは何と、活版方式のプラテン機で行い、プラカードの打抜きはハイデルベルグ・シリンダー機で抜いている。実にいたるところで細かい現場の工夫を凝らしている。
紙用品の場合、手間はかかるが油性インキに切り替えて印刷していた。UVインキでは艶がなく、UVニスを引く方法もあろうが、これではコスト高になるからだ。ドイツでもコストはシビアに運用せざるを得ない。74Gを入れた当初、キーレスインキ方式に適合した水なしUVインキがなく、この開発に苦労をした。大きいインキメーカーは同社の言うような量では話に乗ってくれず、結局、ハンブルグのインキ会社、Jaeneche+Schoenemannが耐光性、印刷適性にも優れたものを作ってくれた。自社内で一貫生産をしているので迅速消化(quick turn-around)を整え、品質管理が行き届くのはうなずける。名入れのプラスチックの結束テープは幅狭フレキソ輪転機で印刷をしていた。従業員数は50名で年商、380万ユーロ。この近辺では、通常の印刷会社は、EU統合の波をもろにかぶり、新興国とは競争できなくなって倒産に追い込まれたところも多いが、同社は特徴ある生き方のお陰で生き抜いてきている。たまたま導入した機械が、水なしであったため、水なしとの縁ができたが、これからは環境印刷製品の開発がカギとなるとしていた。デジタル印刷機を一時考えたが、そのクリック・チャージの水準では、同社の採算に見合わないとしていた。まさに、水なし・キーレスインキングシステムの水なし印刷機が、デジタル印刷機の領域までカバーしてくれこの事業を支えている。
食後、Hermut Kitz社を訪ねた。Hanau市のこの一帯は、工業団地で、団地の中にも印刷会社があったが、かわいそうに倒産したという。やはり、EC統合の波をかぶったものと言いきっていた。72歳の初代社長は、そんな荒波の中でも巧みな経営努力で今日まで来た。驚いたことに、1982年のdrupa出品のローランドパルバ4色機(空冷冷風装置をつけて、水なし印刷をこなす方式)をまだ、現役できれいに使っていた。風冷用フィルター、ローデルローラーをうまく使いこなしていた。パルバ2色機も水なしで運用している。CTPは4年間に始め、今では100%CTP化へ移行している。
080605Kitz1.JPG
25年前の印刷機に空冷装置を付けて水なし印刷をしている。
驚いたことに、ハイデルGTOZ機も水なしで運用していた。置き版は大きい紙封筒に格納して吊るした状態で保管している。水あり版と違い、水なし版は置き版適性がいいとしていた。裏ワザとしては、機械の操作明示の名版をフォイルシールに耐油性インキで水なしで刷っていた。このような仕事は水ありではできない。紙印刷では余り儲からないが、このような特殊な仕事が入ると、加工高は上がってくれる。ホンダとか、グリム童話記念劇場の仕事などをこなしていた。生き抜くためには、細かな工夫の積み重ねが必要、さもないと安い東欧勢にやられてしまうとしていた。従業員数は20名で年商300万ユーロをこなしていた。
080605Kitz2.JPG
水なし版の置き版適性を引き出し、上手な使い回しをしていた。

2008年6月 7日

2008NEW環境展で水なしの環境優位性の「kg-CO2排出削減計算モデルを広報

6月3日〜6日の4日間の期間、東京国際展示場(ビッグサイト)にて2008NEW環境展
行われた。2008NEW環境展は、昨年11月に行われた、エコプロダクツに並ぶ国内最大
規模の環境展示会であり、旧廃棄物展が前身となった総合環境展示会である。
日本WPAからは、日本WPAブースにて清水印刷紙工(株)(株)久栄社野口アルミ箔加
工紙(株)
(株)文星閣(株)栄光舎(株)野毛印刷社の計6ブースが出展を行った。各ブ
ース供に多くの官公庁・企業関係者が来場し大盛況を迎えた。

日本WPAブースでは、先日は先日発表したkg-CO2排出削減モデル《Ver.1》のパネル展
示を行ったか、来場者から多くの関心を集めたことからも昨今のCO2削減に対する関心の
高さが伺える。また、日本WPA会員で6ブース出展していた事もあり、バタフライロゴの普及
活動・水なし印刷の環境優位性のPRという観点から振り返ると普及に大きな成果があった
と言える。

●○出展企業ブース風景○●
【日本WPAブース (株)清水印刷紙工】
【(株)久栄社】
【野口アルミ箔加工紙(株)】
【(株)文星閣】
【(株)栄光舎】
【(株)野毛印刷社】

NEW環境展日本WPA.jpg


NEW環境展久栄社.JPG


NEW環境展野口アルミ.JPG


IMG_0964.JPG


NEW環境展栄光舎.JPG

2008年6月 6日

Drupaでのできごと-水なしUV印刷のVOC削減をBG(ドイツ国立職業保険組合)が評価

ドイツには素晴らしい企業の労働安全保険の指南、監査、査察、保障を司る組織がある。Berufs Genossenschaft(ドイツ国立職業保険組合)と呼ばれている組織体で、ビスマルクの時代に創設され、200年近くの歴史をもつ。企業はこの組合に従業員数に応じて保険拠出費用を支払うが、製紙・印刷部門の本部はWiesbaden市にあり、その職員数は350名および、翼下の企業の従業員数は80万人に達する。企業はすべからく、この組織への加入が法律で義務付けられ、印刷会社の会員数は当然、任意加盟を建前とするドイツ印刷連盟の組合員数をはるかに上回る。Drupa2008展の7−2号館にも出品し、印刷企業内での労働安全と環境改善の啓蒙に勤めていた。同組織は最近では印刷企業内での環境視点問題にも取り組んでいる。企業への査察権を持っていて、中小企業ではなかなか、労働安全衛生、環境問題への取り組みがなされにくいが、知識を持った査察官がコンサル業務を兼ねて企業を訪問し、改善指導をしたりする。
5月31日(金) 11時、3号館のMarks -3 Zet(東レの水なし版のドイツ代理店である印刷機材商社)の実演機、ハイデルベルグSM74-4L UV印刷機(水なしUV仕様で使用)を購入した、ニュールンベルグ市のDruckerei Max Götz Graphische Kunstanstalt GmbH & Co. KG社のMax Götz氏を招き、BG製紙印刷部門長の理学博士・Albrecht H. Glöckle氏から、VOC削減をする印刷方式と新鋭機を導入することを讃え、認定表彰状を授与した。この席にはメーカー側からのハイデルベルグのドイツ販売会社副社長・Bernd Blumbergも列席し、この司会進行をEWPA会長・Detlef Braunが務めた。
BGは水なしUV印刷方式の採用がVOC発生を大幅に削減してくれることを大きく評価していた。

080531BG-celb.JPG
VOC放散低減につながる水なしUV印刷の導入に踏み切った、Max Götz氏を讃え、BGから認定表彰状が授与された。

2008年6月 1日

ページのトップに戻る