日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2007年11月 -

第13回セミナー見学会を美濃市で開催

日本WPAセミナー見学会、ならびに全印工連水なし印刷研究会併催のセミナー見学会が11月26日、桜井グラフィックシステムズ・岐阜工場で、環境最上位に上げられる、オフセット印刷方式「VOC削減・水洗浄性インキ」の実演勉強会を60名の参加者を得て行った。実演に先立ち開催されたセミナーでは、参加者は岐阜羽島駅に集合し、大半の方は専用バスで現地に向かった。

 長良川と山間に囲まれた、桜井GS岐阜工場は文字通り環境先進の工場である。1989年1月に第1期竣工を見た、この印刷機械工場は無窓、高天井の完全エアコン工場で、まさに精密印刷機を作り上げるにふさわしいインフラを備えている。加えて、2004年10月にISO14001を取得されている。さらに、2006年12月に、NEDOと提携してグリーン電力発電の太陽光発電設備を設置、2007年12月に、330 Kwまでの増設を図った。これで工場電力の10%をまかなえるという。文字通り印刷界では、大変に環境先進のものづくりに励まれる姿を見て、啓発を受けた。

10:40~11:55 歓迎の辞 (株)桜井グラフィックシステムズ・会長・桜井美国氏の挨拶
挨拶 日本WPA会長・田畠久義、「この工場の環境指向に敬意を表する。桜井マシンはコンパクトでエコの視点から賞賛に値する印刷機械である。2001年プリント展でW2インキの試験印刷結果を発表し、やっとこのたび、実用化のめどをつけた。わが協会はVOC計測事業に着手し、環境対応の印刷ものづくりを今後とも推し進めたい。」と話した。
挨拶 全印工連水なし印刷研究会・会長・奥継雄氏はW2の商品化までの経緯、実用域に来たる間での苦労話の一端に触れてくれた。
071126seminar3.JPG
熱心に聴講する参加者

11:00~11:30  セミナー1「W2インキの特性と印刷上の留意点」
大日本インキ化学工業(株) 部長 金子雅道氏
W2インキの商品特性、ナチュラリス100 W2の紹介、洗浄の注意、W2ロゴの運用について、テストの申し出と窓口などを懇切丁寧に触れてくれた。(本稿は追って、詳細の掲載をさせていただく。)
071126seminar4.JPG
金子講師のW2インキの説明は熱のこもったものであった。

071126kaneko1.JPG
W2インキは純植物油の組成で鉱物油は一切入っていない、VOC freeタイプである

11:30~12:00 セミナー2「桜井グラフィックシステムズ様でのグリーン電力運用、導入
のいきさつと費用、効果」

松尾本部長が工場の概要紹介をされた。「太陽光パネルの製作工程の中にはシルクスクリーンの技術も利用されている。印刷機は精密機であるがゆえ、無窓・エアコン工場とし、平成1年に第1期工事完成した。次いで平成10年第2期工事が完成、今では太陽光発電で10%の電力をまかなっている。NEDOとの間で契約を交わし、共同研究、実証実験、性能向上、コスト削減の研究の義務を負っている。これを機会に地域の環境啓蒙活動、環境教育にも関与し出した。グリーン電力は化石燃料に頼らない電力でCO2発生がゼロという、産業人は今後推し進めねばならないテーマとなろう。」と結ばれた。
(株)桜井グラフィックシステムズ・品質保証部・技師補 杉田知己氏が太陽光発電の詳細の説明をされた。
セミナー3「W2インキで印刷してみた印象、注意点」
(株)桜井グラフィックシステムズ・国内技術本部技術推進課・課長・疋田巳次氏は水なし印刷会社での20年近くのキャリアを積む実務家の立場からW2インキを使ってみた結果の報告をしてくれた。
 印刷条件
●桜井OLIVER 466SD 菊半裁4色機
●胴仕立て条件は標準設定
●版ーブラン間印圧 0.1
●ブランー圧胴印圧 0.13〜0.15
●印刷スピード    10,000枚/時
●インキツボ温度     27度
●インキ練ローラ温度  25度
●印刷機周り温度    28度〜30度
 印刷材料
●インキ:大日本インキ化学工業(株) 
  VOCフリーインキ ナチュラリス100 W2
●ブランケット:バルカン・イメージ 
●印刷用紙:三菱製紙(株)
  ニューVマット FSC−MX 104.7g/
●プレート:東レ蝓/紊覆沓達圍佝如。孱如檻
●洗浄方式:東レ蝓。廝殴轡好謄
  中性・水性洗浄液 WW-1 
 使用感
●全体的に光沢不足
●印刷中のトラブルは無い
●印刷開始時はマゼンタのみ汚れ発生
   10数枚で解消
●インキ洗浄時間は、従来と大差ない
●ブランケットインキ残りは認められない
    通し枚数が少ないためか
    ロングランの実証必要
 地球環境に対する取り組み
●従来の水なし印刷における、環境対応の更に一歩上を行くシステム
●今後、インキの改良は必要
●職場環境の改善向上
●地球環境に対する取り組み
●企業イメージ向上のツールとして、水なし印刷は今後発展していくであろう
 工場でのデモを 体験
●IGAS2007で行ったデモと同じスタイルで実演をする。
●印刷品質やVOC濃度測定値をご覧になり、そのVOC放散量の低さを体験していただく。

12:00~13:00 工場見学に移った。1機数億円もするETCゲートのようなドイツ製大型機械工作精度検査機が設置されていた。パネルの穴あけ精度をミクロン単位まで計測できる代物である。これなら昔よくあった機械の当たり外れは出ない。フレキシブル・トランスファーラインは24時間、機械のフレーム・ベースを切削加工する、完全自動のラインで、他のメーカーより、多品種小ロットで小回りをきかせられる生産方式を確立していた。3次元CADは圧巻で、設計部にはドラフトやCADがまったくなく、自動車会社並みの3次元設計を行い、設計後すぐにシミュレーションがPC上で見える妙技を見せてくれた。1年で新機種の開発ができるというから、驚きであった。これこそこれからのものづくりの真髄ではなかろうか。
シルクスクリーンは台車方式の生産方式を採用していた。

071126demo7.JPG
オリバー機での注目の実演に見入る参加者

その後、ショールームでW2インキを使ってのオリバー機での迅速立ち上げ(版つけ・刷り出し・色合わせ)の実演、洗浄時のVOC発生量の比較測定を行う。洗い油を使って洗浄するとVOC放散測定器では5000~7000ppmを示したが、水系洗浄剤WW-1では1/10の500ppmを示したに過ぎなかった。
071126demo10.JPG
確かにVOCの放散量は1/10である。VOC放散量の低さに注目

071126demo16.JPG
刷り出しは早い、地汚れもおきない、楽に印刷できた

13:00~13:20  専用車で昼食会場まで移動、
13:20~15:00 美濃緑風荘にて昼食、懇親会が開催された。会員同士が、親密な情報交換に当たることができた。16:00 バスは名古屋駅に到着、そこで流れ解散とした。

2007年11月27日

WATERLESS CURRENT2007年11月号を配信

以下、本号の記事の一部を引用してみる。DI機は環境面から見るとすばらしい要素を備えている。
これを生かしている、英国の印刷会社の事例。
Anglia社は水なしPresstek DIでさらなるグリーン化、さらなる効率化へ

「人口2万人のこの町には印刷会社が6社あり、どこも同じサービスを提供していて、価格が最大のセールスポイントとなってしまう。顧客は忠誠心に欠け、ただ、安価さを求めて印刷会社を次々と変えて行く。各社ともできるだけのコストダウンに明け暮れているだけだ。諸材料、動力はできるだけ安いものを購入し、危険廃棄物規制の遵守から距離を置き、再生には頓着しないのだ。廃棄物は埋立地行きとしている。」と、彼は過去を思い起こす。しかし、今や、台所のゴミを含め、我々は100%の再生を行っている。

「私は環境の問題を強く感じていて、Anglia Print Serviceをできる限りグリーン化してゆくのだ。」と、彼は続ける。「最初の段階として、グリーン電力に変え、次いで、植物性インキを導入し、アルコールとか溶剤類の化学物質を取り払い、今は気候変動ニュートラル(climate neutral)の会社となってくれた。我々は品質の高い、再生紙にも目を向けている。今や再生紙の量を買うので、普通紙より安く買える。コンピューターのメディアの無料回収に着手し、今年の5月まで、CDやDVDを8トン集めたが、放置していると、これらは埋立地行きとなったであろう。
JohnはPresstek DI機を3年前に見たのが最初である。「その時、市場にある全てのメーカーを候補として眺めていた。Presstekの無薬品処理に興味を持ったが、私の考えと一致するものがあった。当時のわが社は、4色機購入には及び腰であったが、市場の動きに追随し続け、この技術の発展を注視していた。今年、4色物の需要に遅れを取らないよう格闘する局面になり、4色オフセット機の購入に向けにわかに検討に入った。従来オフセット機の構想は直ぐにとりやめとなった。と言うのは、Presstek DI機は完全自動の上、Prestekの包括的な指導訓練がありこれは我々のニーズに合致するものであったのだ。

もっと効率が上がる
DI機は2台の印刷機と雑多のプリプレス装置の計8台の機械・装置と入れ替えた。「これで我々のエネルギー消費量は40%下がり、印刷室のスペースは空いた。さらに、このマシン自体の据付け面積はいたって狭い。」と、Johnは指摘する。
「従来工程から見ると、如何に簡便にこの方式ではこなせられると驚嘆している。RIPをかけてから初刷りが出るまで平均15分であるが、従来、2時間はかかっていた。超特急はお手の物となり、即日納品が利く。他のやり方だと、5日納品体制(turn around)となる。今まで使っていた全消耗品、補助資材を計算すると、40%の消費量を削減できた。DI機だと色決めがすばやくできヤレ紙は30%削減している。」
機械の導入時は鉱物油のインキであったが、Johnの要望によりPresstekは植物性水なしインキを出し始めた。環境にやさしいと同時に、水なしインキは早く乾いてくれる。Angliaは裏刷りする場合、1日、場合によっては2日おいていたが、今や、これが数時間でこなせるようになった。

挑戦過程
250部までのカラー物は除き、あらゆる印刷物、同社の発行している雑誌までも、このDI機で印刷している。「350gの再生シルク紙で、4色もの、下地が墨ベタ調と言う、手の込んだ仕事をしている。通常のオフセット機で行うと、下地の墨ベタ調の再現のために2度刷している。」と、Johnは説明する。「この仕事を見た時、まだDIカーブの勉強中の身分で、DI機でうまくできないのでないかと思い込んだため、愕然としたのだ。でも、結果、15枚の刷り出しでできたので、その喜びようを想像していただきたい。これを印刷技術作品展に持ち込もうとしている。Presstekも我々の成果に感心している。」
JohnはDI機の導入で、売上を倍増すると期待している。「DI機でまだ、市場参入の始めであり、いつも個展を開催するつもりで、我々の姿を見てもらうよう顧客をわが社に誘っている。我々はこの地域の行政の仕事に食い込めたが、環境ロゴの信任を得て、賞賛される体質を作らねばならない。我々の品質には自身があり、20%方は競争力をつけたであろう。品質と競争力、両方をぜひものにしたい。」

Acro11934029112.JPG
John PopelyはPresstek 52DIで器用にこなした、挑戦的な仕事を見せてくれる。

2007年11月25日

精英堂印刷はまたまた、水なしラベル印刷で快挙

米沢市の精英堂印刷(株)はブラッセルで開催された、2007年第19回世界ラベルコンテスト、オフセット(カラープロセス)部門で、最優秀賞を昨年に引き続き受賞することとなった。6回目の最優秀賞を受賞した例は他にない。この印刷は、日本のアンデルセンと言われている、山形県出身の童話作家・浜田廣介氏の代表作「泣いた赤鬼」をモチーフに、同社の優れた印刷技法を駆使してその心を表現したものである。同社の水なしオフセット間欠輪転機は、5色のオフセット印刷ユニットにフレキソUVコーターが装備されている。この機械を駆使し、水なし印刷のお陰で網点一つ一つが忠実に再現でき、高精細で美しい仕上がりを達成した。この世界コンテストに先立ち、「第17回全日本シール・ラベルコンテスト」で日本印刷団体連合会会長賞、優秀賞をそれぞれ受賞されている。

受賞作品、泣いた赤鬼の絵柄をぜひ、ご覧いただきたい。

2007年11月12日

JANPS展で水なしの評価が現れる

新聞業界の最大の展示会、JANPS展が11月6日〜9日まで、ビッグサイトの東館で開催された。感光性樹脂メーカーがついに出品しなくなり、参考出品ではあったが、色調整の人続・省力化を狙った、プレスルーム・モニタープルーフ、モニターシミュレーションがパネル展示される時代になった。新聞社もその設備稼働率、採算性の一段の向上を目指し、印刷会社との提携の場面がみられるようになってきた。
米国では新聞読紙率の低下に歯止めがかからない、欧州でのフリーペーパー化への動きと新聞産業の先々は不透明感が漂っている。新聞の電子リーダー端末、そのソフトが出品されていたが、注目される動きであった。
JWPA協賛会員の(株)イリスは3年連続出品したが、今年は過去2年と違い、水なしへの大きな関心の手ごたえを感じたとしていた。担当者によると、某新聞社は技術担当者がブースを訪問してくれ、熱心に見学してくれ、情報収集にあたっていたという。コルティナプレスは欧州で、今、大ブレークしている水なしコールドタイプオフ輪で、ドライヤーをつけた、コールド・ホットセット対応の兼用機が注目されている。

2007年11月11日

集合場所の変更・W2インキの使い方講習と見学会

お蔭様で60名の方々の参集を頂き、意義ある勉強会を開催することができました。

第13回セミナー見学会のご案内を11月6日に掲載させていただきました。
その後、会場へのアクセス路を検討の結果、集合地を岐阜羽島駅、集合時間11月26日 09:45とし、帰りは、名古屋駅で16:00解散とするとより便利なことが判明しました。
この間、チャーターバスで移動いたします。
従いまして、以下の要領に集合地集合時間を、また、日程も一部変更させていただきたく存じます。帰りは名古屋駅までお送りいたします。

集合日時と場所
とき:平成19年11月26日(月)、09:45集合
ところ:岐阜羽島駅の前、サンホテル岐阜羽島前 
注)サンホテル前に水なし印刷セミナー見学会の専用バスが 待機しています。これのご乗車いただき 、桜井グラフィックシステムズ(株) 岐阜工場(〒501-3733 岐阜県美濃市3951 TEL 0575-33-1260)へ参ります。
車でお越しの方は、10:15までに岐阜工場へお入りください。

セミナー見学会日程
10:40~11:55   歓迎の辞 (株)桜井グラフィックシステムズ・会長・桜井美国氏
         挨拶 日本WPA会長・田畠久義 
         挨拶 全印工連水なし印刷研究会・会長・奥継雄氏 
11:00~11:30   セミナー1「W2インキの特性と印刷上の留意点」
         大日本インキ化学工業(株) 部長 金子雅道氏
         W2インキの商品特性、洗浄の注意、W2ロゴの運用について、DI印刷
         機での運用について、テストの申し出と窓口
11:30~12:00   セミナー2「桜井グラフィックシステムズ様でのグリーン電力運用、導入
         のいきさつと費用、効果」
         (株)桜井グラフィックシステムズ・品質保証部・技師補 杉田知己氏
         セミナー3「W2インキで印刷してみた印象、注意点」
         (株)桜井グラフィックシステムズ・国内技術本部技術推進課長・疋田巳次氏
12:00~13:00   「工場見学と印刷実演室でW2インキを使っての、印刷立ち上げ」
         W2インキを使ってのオリバー機での迅速立ち上げ(版つけ・刷り出し・色合
         わせ)の実演、洗浄時のVOC発生量の比較測定
13:00~13:20   専用車で昼食会場まで移動、
13:20~15:00   美濃緑風荘にて昼食、懇親会、
15:00~15:50   専用バスにてJR名古屋駅までお送りします。  以上

2007年11月 8日

イリスセミナーが盛況に開催される

(株)イリス様主催による「着実に進化を遂げる水なし印刷」セミナーが約40名の参加者を迎えて、盛況に開催された。

また同日から開催されたJANPS2007(日本新聞製作技術展において、KBA水なし新聞印刷機・コルチナが紹介され、非常に多くの方の注目が注がれました。

現在、ヨーロッパ・北米で広がりを見せている、ドイツKBA杜水なし専用印刷機コノレチナが、今後日本のマーケットに出てくる可能性が非常に高いと感じさせられるセミナーおよび展示会であった。


写真:セミナーの風景
DSCF6117.JPG

IMG_4137.JPG

2007年11月 6日

W2インキの使い方講習と見学会・参加者募集

日本WPA第13回セミナー見学会の開催
IGAS展で発表を見たW2インキ(水洗浄性インキ)の詳細について実演を交えてご説明する催し、セミナー見学会を、(株)桜井グラフィックスシステムズ様のご厚意をいただき、以下の通り開催いたします。岐阜工場は工場の屋根に、ソーラーパネルを敷き詰め、グリーン電力発電をいち早く実践されていますが、そんなホットな環境の話題と、さらに、オリバー印刷機と水なし版・W2インキの組み合わせで、小ロットものを環境にやさしい方式でこなす実演をいたします。長良川河畔の紙すきの故郷、美濃で落ち着いた勉強と情報交換の催しです。関心のある方の参加を歓迎します。最下段の「参加申込書」を使ってお申し込みください。

【ご注意】恐れ入りますが、機械メーカー様のご参加は受付しかねます。
【日本WPA会員・協賛会員様、ならびに全印工連水なし印刷研究会様】参加費は1名様に限り無料とします。追加参加者はおひとり様3000円を当日、徴収させていただきます。一般参加者は5000円を徴収させていただきます。都合により日程の一部変更が生じることがございます。その節は、ご連絡申し上げます。(参加者には参加者要項を11月20日ごろお送りします。)

集合日時と場所
とき: 平成19年11月26日(月)、09:45集合
ところ:岐阜羽島駅の前、サンホテル岐阜羽島前 
注)サンホテル前に水なし印刷セミナー見学会の専用バスが 待機しています。これのご乗車いただき 、桜井グラフィックシステムズ(株) 岐阜工場(〒501-3733 岐阜県美濃市3951 TEL 0575-33-1260)へ参ります。
車でお越しの方は、10:15までに岐阜工場へお入りください。

セミナー見学会日程
10:30~10:40  歓迎の辞 (株)桜井グラフィックシステムズ・会長・桜井美国氏
        挨拶 日本WPA会長・田畠久義 
        挨拶 全印工連水なし印刷研究会・会長・奥継雄氏 
10:45~11:15  セミナー1「W2インキの特性と印刷上の留意点」
        大日本インキ化学工業(株) 部長 金子雅道氏
        W2インキの商品特性、洗浄の注意、W2ロゴの運用について、DI印刷機で
        の運用について、テストの申し出と窓口
11:15~11:45  セミナー2「桜井グラフィックシステムズ様でのグリーン電力運用、導入の
        いきさつと費用、効果」
        (株)桜井グラフィックシステムズ・品質保証部・技師補 杉田知己氏
        セミナー3「W2インキで印刷してみた印象、注意点」
        (株)桜井グラフィックシステムズ・国内技術本部技術推進課・課長・疋田巳次氏
11:45~13:00   「工場見学と印刷実演室でW2インキを使っての、印刷立ち上げ」
        W2インキを使ってのオリバー機での迅速立ち上げ(版つけ・刷り出し・色合
        わせ)の実演、洗浄時のVOC発生量の比較測定
13:00~13:20   専用車で昼食会場まで移動、
13:20~15:00   美濃緑風荘にて昼食、懇親会、
15:00~15:50   専用バスにてJR岐阜羽島駅までお送りします。  以上

参加申込書

ページのトップに戻る