日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2007年4月 -

Waterless Current2007年4月号を会員に配信

本号では水なし印刷業者はグリーン印刷の資産を如何に戦略的に市場に出すか、というテーマを掲げた。グリーン印刷は無論、売り込まねばならない。印刷バイヤーの視点からみるとグリーン度は無論優れていなければならないが、印刷商品の品質、再現性をも、バイヤーに訴えねばならないとしている。 バイヤーの求める意図に食い込むべく、「問題解決キッド」として、その訴求セールストークを分かりやすく説明してくれている。このキッドの要領にのっとり、水なしの品質上の優れている点を訴求していただきたい。


米国でいま話題になっていることに、あのKodak社が、NexPressユーザーへの仕事の増注支援の意志を込め、ネットで印刷物受注を呼び込むためのサイト、Kodak Criative Suiteを立ち上げた、と報じている。これはある意味では画期的なサイトである。NexPressユーザーにとっては、大歓迎であろうが、一般印刷人にとっては、何と迷惑と映るのではなかろうか。今後のこのサイトの推移と実績を見守りたいと、編集者は述べている。

2007年4月19日

北欧訪日水なし印刷視察団の報告書

北欧訪日水なし印刷視察団は同国の印刷界の現状を赤裸々に語ってくれた。また、体現意欲的な質問をぶつけてくれた。いか報告書を添付する。
北欧訪日水なし印刷視察団の報告

JWPA総会での北欧印刷視察団からの質問事項
1)まず、第一の質問は日本における水なし印刷のマーケット・シェアーです。オフセット印刷に占める水なし印刷は何パーセントになっていますか。また、コールドセット新聞印刷のでは水なしは何パーセントになっていますか。

ここ数年、環境への関心を契機に導入が進んでいる水なし平版ですが、西欧全体の約半分にあたる日本のオフセット版材市場全体でのシェアは、未だ5%に満たない程度です。 但し、水なし平版の特徴である枚葉両面機では、1割以上になっています。
新聞印刷への適用は過去にいくつかの試みがなされていますが、実用に至ったケースは未だありません。


2)日本には東レ版の競争製品はありますか。米国のプレステック版はいかがですか。

過去に富士フィルムがアナログ版での市場進出を図りましたが、製品の問題を解決できず量産直前で撤退しています。 このほかの水なし版はなく、プレステック版もごく一部のDI機などで使用されていますが、殆ど入っていません。 


3)欧州ではISO12647-2を目標とする標準印刷についての議論が起こっています。日本でも標準化された印刷の向けての同様な関心が起こっていますか。

4)スエーデンでは、製版・印刷、あるいはデザイン(art work)であれ、画像、ドキュメントをRGBからCMYKへ分解すべきとの議論が起きています。しかし、まだその合意ができていません。日本の状況はいかがですか。

5)分解にはICCプロファイル、または、それに代わるものを使われていますか。

6)水なし版のCTP化率はどれぐらいですか。水なしのフィルム焼き付け版の割合はどんなものですか。

日本では、特に都市部で同業者の間でのフィルムのやり取りが行われることから、CTP化は欧米に比べて遅れており、ようやく’06年にCTP化率が50%を超えたとされています。 水なし平版は、先進的な印刷会社に取り上げられることが多いためか、'05年の時点で、CTPが50%超となっており、さらに'06年には60%を超えたと思われます。


7)市場にはマルチカラー印刷方式が何種類か出ています。これらは特にパッケージングには向いていると思います。4色プロセスに2色を追加印刷すると、再現色域(ガモット)がさらに広がります。つまり、6色インキを使うと、ほとんどのpantone特色を再現できます。これを水なし、FMスクリーンで行うと大きな利点が生まれます。しかし、不思議なことに、この手法は欧州では遅々とした状態です。日本では如何ですか。この解決法に関心をお持ちでしょうか。

ダイキュア6なる6色、マルチカラー印刷法を昨年、協賛会員DICが発表した。既に30数社で試験テストをし、10社ほどで実用使用していただいている。一番成功の事例は、お茶のパッケージングの先でお茶の鮮やかなグリーン色が際立つと好評である。問題はPantone色上にもない、コーポーレートカラー、薬品会社の独自のパッケージのベタの色、ラベル関係の独特の色、これらについては6色掛け合わせでの再現の色の安定性、再現性に、特色でこなしているほうが優れているので、まだ、新方式に踏み切れていない。
水なし+FMの掛け合わせによる特色再現はこれからも継続して取り組むべき課題と理解している。


8)日本でのデジタル印刷の進行状況はどんな具合ですか。

9)地球温暖化現象が見える形になってきた今、環境問題は欧州でも議論されています。これは日本でも同じですか。環境問題が故、水を使わない、アルコールを使わないという点で、水なし印刷に拍車がかかってくるのではありませんか。

その通りです。

日本WPAの第5期活動報告

4月17日(火)に開催された日本WPA第5期総会で1年間の活動内容をパワーポイントにしてまとめて発表した。VOC計測事業を通して、水なし印刷が水あり印刷に比べてVOC放散量が少ないことが判明した。その詳細は、下のpdfファイルでご覧いただきたい。

日本WPA活動報告1(PDFファイル)Download file

日本WPA活動報告2(PDFファイル)Download file

日本WPA活動報告3(PDFファイル)Download file

2007年4月18日

日本WPA第5期定期総会が国際色豊かに開催

日本WPA(日本水なし印刷協会)の第5期定期総会は4月17日(火) 東京都中央区・三井タワー東レ(株)本社25F会議室で70名強の参加者を得て開催された。議長には、田畠久義会長があたり、第5期事業報告、第5期決算報告、第6期事業・予算計画の発表と審議が重ねられ、原案通り承認をえることとなった。

新監事として(株)栄光舎・社長・堺大祐氏が、副会長に(株)アイカ・社長・渡辺照雄氏が、全印工連水なし印刷研究会の会長に、(株)文星閣・社長・奥継雄氏が就任された。

続いて、北欧の水なし印刷視察団一行・20名が、この席に招き入れられ、双方の団体の実態について、報告がなされた。田畠会長は両国の印刷人が環境にやさしい、水なし印刷を通じて情報交換、印刷技術の発展の研鑽に勤めたいと歓迎の辞を述べた。北欧印刷視察団を代表し、Josper Skantze氏が日本で幅広い分野で使われている、水なし印刷の実態を見学し、環境視点からも積極的に水なし印刷技術を取り入れたい、としていた。

発表内容で注目されたのは、北欧は拡大ECの余波を受け、ポーランド、バルト3国からの低価格印刷商品が、インターネットのドットコム・サイトを通して流入が見られた結果、2001年から2003年の間で、印刷出荷高が10%も落ち込む事態に見舞われた。当然、印刷会社の倒産件数も増加をたどった。しかし、ドット・コム攻勢も、はじけたものとなり、また、印刷業者の適応力が付けられ、現下は、出荷高微増となってきている。

この度、来日した一行は、環境にやさしい、水なし印刷を採用している業者ばかりであるが、大変意欲的な取り組み姿勢を見せていた。パッケージングの特色印刷を6色掛け合わせ、FMスクリーン、水なし印刷でもって、特色をこなすことに意気込みを見せていた。

17時10分から、場所を上野精養軒日本橋店に移して、日北欧交流懇親会を開催した。この場で、双方の意見交換が個人ベースではかられ、双方にとって有意義な、知識・経験交流が図られた。

1tabata.jpg
田畠会長の挨拶

2Skantze.jpg
北欧水なし印刷視察団を代表してJ.Skantze氏が答礼の挨拶

5general-meeting.jpg
日北欧交流セッションに参集し、熱心に聞き入る両国の印刷人

7party.jpg
日北欧懇親会で相互の交流をはかる懇親風景

サンエー印刷のLOHAS PRINTINGパンフレット

(株)サンエー印刷はこの度、環境を意識した営業戦略を取り始め、LOHAS PRINTINGと銘打ったパンフレットを制作した。これは印刷会社の視点から、消費者へ訴えるスタンスで内容を作り上げている。

______________________________________
「私たちの身の回りにあふれる印刷物は、生活になくてはならない存在です。しかし、この印刷物が環境への負担になっていることをご存じでしょうか? 木材や石油など天然資源の使用、印刷の工程で発生する廃液などの廃棄物、そして化学物質も自然環境や私たちのからだに影響を与えているのです。

(株)サンエー印刷では、こうした問題に対して真摯に取組み、環境に配慮した印刷技術を導入しています。

廃棄物や化学物質の発生を抑制した環境対応型の印刷です。豊かな自然を守るためにできること。LOHADS PRINTINGは、サンエー印刷からの提案です。」
______________________________________

「モノづくりをゴミ作りにしない選択」と、肩肘張らないスタイルで、消費者へ訴える形をとっている。社内での営業部隊への環境教育、くわうるに、この販促パンフおかげで、3月の繁忙期には思いのほかの環境にまつわる印刷物の受注を獲得してくれた。

この度、同社に新任された吉川昭二さんは熱く語ってくれている。

SAN-A2.JPG
絵本風のほのぼのとした温かみを感じさせる
サンエー印刷のLOHAS PRINTINGパンフレット
カタログ・ダウンロード(PDFファイル)


SAN-A1.JPG
LOHAS PRINTINGのコンセプトを訴えるヘッドコピー
「モノづくりをゴミ作りにしない選択」

2007年4月10日

ページのトップに戻る