日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2007年2月 -

文星閣で1年経過後のVOC計測

?文星閣は昨年1月に東京都のVOCアドバイザー制度にのっとり、都の係官に出向いていただき、工場内のVOC計測を実施した。その結果、大変興味ある事象を見つけだすことができた。
「使用されている、材料等を単体で計測すると、インキで100?150ppm、IPAで1000?10000ppm、洗い油で500?4000ppmと場所と容器の大きさにより異なった。印刷工場内での、揮発性物質の充満している発生源要素の1位は洗い油、2位はIPA、?位はインキという結果であった。(洗浄時や印刷時、場所により異なる) しかも、ほとんどが洗い油とIPAが占めていて、我々はこの点の対策を考えるべきである。
また、気づいた点としては、IPAの代替の新製品・H液そのものからも強いVOCが計測され、印刷工場内でトータルVOCを削減できるのは、水なし印刷方式に限られると言う事実に東京都の職員の方々も目を見張ってくれた。
また、W2インキ+新中性洗浄液でのローラー洗浄と通常のインキ+洗い油でのローラー洗浄を比較するとW2洗浄時が195ppm以下に対して洗い油洗浄時は300?800ppmという、予想通り、洗い油洗浄では、高濃度のVOCを発生させていた。最高値で換算すると水なし印刷では25%未満に押さえることができるのだ。」
今回、2007年2月23日(金)も昨年同様の個所でVOC計測を行った。その結果、特筆すべき改善点が見られた。
?作業者は廃ウエス缶には徹底して、蓋をすることを履行した結果、工場内でのVOC発生量を大幅に削減することができた。
?水あり機でも低VOC発生のエッチ液に変えた結果、VOC放散量はUD?1号UV機では第5ユニット湿し水皿の上で、662から329へと下げることができた。デリバリー前でも290から68へ、3F中央部でも200から51へと下がってくれた。
?D-2号水あり機でも第1ユニット湿し水皿の上で、923から292へと下がってくれた。
?水なし機では湿し水がないので、VOC発生量は低くなる。F-3菊全5色機でユニット間の値は27、SP号菊全両面4色機(水なし)で34?34、A-2号アキヤマ菊全両面4色機(水なし)で31、BS-1号菊全両面6色機(水なし)で30?35という値ではないか。これは水あり機から見ると1/10の放散量にすぎない値である。
?目下、水洗浄性インキ(W2インキ)の実用テストを数社で行っているが、W2のVOC放散量をぜひ計測してみたい。

070223Bunseikaku.JPG
廃ウエス缶には徹底して蓋をすることを履行する。
これで室内のVOC発生量を低減できた。

2007年2月28日

3/8?9 第16回 東芝グループ環境展に東芝ドキュメンツが出展

東芝グループは、東芝本社39階多目的ホールにて、3月8?9日 、第16回東芝グループ環境展を開催され、本展示会には、本会の会員である東芝ドキュメンツ株式会社が出展いたします。

本展示会の案内状や封筒は水なし印刷で実施され、バタフライロゴがついています。

070226toshiba.jpg

「地球温暖化の防止」をメインテーマに、様々な製品の環境効率向上事例、事業活動におけるCO2削減事例などを中心にご覧いただきます。
ご多用とは存じますが、万障お繰り合わせの上、是非ともご来場賜りたく、ご案内申し上げます。

詳細および事前受付はこちらから

2007年2月26日

東レ(株)が「環境低負荷な水なしCTP版および印刷システムの開発」で「第6回(2006年度) グリーン・サステイナブル ケミストリー賞(GSC賞)」を受賞

本会の賛助会員である東レ株式会社は、このたび、「環境低負荷な水なしCTP版および印刷システムの開発」の環境負荷低減への貢献が認められ、グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC) ネットワークより「第6回(2006年度)グリーン・サステイナブル ケミストリー賞(GSC賞)」を受賞いたしました。

SANY7311.JPG
受賞者の、東レ(株)小川勇造氏(日本WPA理事)

SANY7302.JPG
受賞記念展示ブースには日本WPA活動、バタフライマークのご紹介

SANY7303.JPG
受賞記念講演には多数の来場者が訪れた

____________________________

GSCネットワークは、日本におけるGSC活動※1)を効果的かつ強力に推進するために、2000年3月に化学系の学会・団体および国立研究所によって設立された任意団体であり、2001年度からGSC推進に貢献した業績を対象に「GSC賞」を授与しています。
今回の受賞は、水なしCTP版および印刷システムの環境への低負荷と共に、高い印刷特性、経済的優位性が大きく評価されたものです。

近年、世界的な環境意識の高まりの中、平版印刷業界においても、VOC(揮発性有機化合物)低減やアルカリ現像廃液の削減など、環境問題への対策が急務となっています。また、デジタル技術の進展などを背景に、画像データをレーザーで印刷版に直接書き込むというCTP(Computer To Plate)システムの普及が急速に進んでいます。

東レではこうした背景を受け、2000年4月に、近赤外レーザー光により画像形成可能で、幅広い分野での印刷適正に優れた「水なしCTP版」の開発・製品化に世界で初めて成功しました。この水なしCTP版を用いた印刷システムは、湿し水不要によるVOC低減や水現像方式による廃液レスといった環境低負荷を、印刷品質の向上・安定、コスト低減といった経済性とともに提供する技術であり、まさに、化学技術の革新を通して持続可能な社会の実現に貢献するというグリーン・サステイナブル ケミストリーを具現化したものです。

※1 GSC活動
化学に係わるものが自らの社会的責任を自覚し、化学技術の革新を通して「人と環境の健康・安全」を目指し、持続可能な社会の実現に貢献していくことを目的とした世界的な活動。


●今回の受賞に関する技術の詳細は下記の通りです。

1.受賞テーマ
「環境低負荷な水なしCTP版および印刷システムの開発」

2.本技術の開発背景と特長
地球温暖化など地球レベルの環境問題が国際的にも議論される中、平版印刷業界においても、VOC(揮発性有機化合物)低減やアルカリ現像廃液の削減など、環境問題への対策が急務となっています。また、印刷業界においては、デジタル技術の進展を背景に、銀塩フィルムをマスクとして用い紫外線照射するという従来の画像形成方式に代わるシステムとして、コンピューター上のデジタルデータを、レーザーを用いて印刷版に直接書き込むというCTP(Computer To Plate)システムの普及が急速に進んでいます。
東レでは、1974年(昭和49年)から高分子化学、光化学をコア技術とした印刷用版材の事業を展開しており、環境負荷の少ない「水なし平版」では先駆者として市場での確固たる地位を築いてきましたが、このような動向を受け、新たに、「水なしCTP版」の開発に取り組みました。その結果、2000年4月に、光(熱)剥離機構と呼ぶ新規な画像形成機構の発明、新たなシリコーンゴム材料の設計・開発等により、近赤外レーザー光により画像形成可能で、一般商業印刷分野から新聞印刷分野など広い分野での印刷適正に優れた「水なしCTP版」の開発・製品化に世界で初めて成功しました。水なしCTP版を用いた印刷システムは、水ありCTP版(PS版)を用いた印刷で必須である湿し水が不要となり、規制の対象となっているイソプロピルアルコール(IPA)を含め、湿し水由来のVOCを8割も低減できると共に、水現像方式により、水ありCTP版の現像で使用する強アルカリ現像廃液を全く出さないなど、極めて環境に優しいシステムとなっています。さらに、印刷品質の向上と安定、印刷コストの低減も図れるシステムです。

3.本技術の主な展開先と今後
昨今の環境意識の高まりを受け、環境問題に熱心な公的機関・企業において、グリーン購入基準などで水なし印刷の指定が行われると共に、その象徴であるバタフライロゴの印刷物への掲載が進められるなど、水なし印刷が大きなうねりになりつつあります。公的機関の発行する広報誌や、企業のカタログ、宣伝物などの一般商業印刷分野をはじめとし、書籍、雑誌などの出版印刷分野で、年々、水なし印刷の採用が拡大しています。特に最近では、環境先進地域の欧州において、日本発の環境に優しい技術として高く評価され、これまで適用が難しかった新聞印刷分野への展開も進んでいます。さらに、水あり印刷では印刷難易度の高いパッケージ印刷、CD/DVD印刷分野へと展開されるなど、世界的な規模で水なし印刷の普及が加速しています。 

(社)日本産業広告協会”環境負荷低減に貢献する「水なし印刷」”セミナーの開催

社団法人・日本産業広告協会主催による水なし印刷セミナーが、定員の40名の参加をいただき開催されました。

SANY7291.JPG
当日の会場の様子

SANY7293.JPG
第一部の講師:東レ株式会社 小川 勇造 氏 

SANY7295.JPG
第一部の講師:東レ株式会社 田村 達也 氏 

SANY7298.JPG
第二部の講師:東芝ドキュメンツ株式会社 柳 栄治郎 氏

______________________________________

”非有機溶剤、ノンVOC、廃液レスで 環境負荷低減に貢献する「水なし印刷」”
       ?あなたはバタフライマークを知っていますか??


カタログやリーフレット、ポスターそれに製品パッケージ等の自家媒体には再生紙や大豆油使用のマークが掲載されています。

それは循環型社会に貢献している企業姿勢を示すメッセージになっています。これからは、こうした材料の変換だけでなく、より安全性の高い製造工程で印刷された印刷物を提供する時代を迎えています。

水なし印刷は、IPA(イソピロピルアルコール)のような有機溶剤を一切使わず、またVOC(揮発性有機化合物)を含んだ廃水を一切出しません。

今回は、長年水なし印刷の版材(水なし平版)を製造・販売してきた東レと、全面的に水なし印刷を取り入れた東芝ドキュメンツから安全性や市場動向を報告していただきます。

広報・宣伝部門で印刷物の制作や発注に携わっている方々にはまたとない勉強の機会ではないでしょうか。

あなたの企業の印刷物も安全性の高い印刷製造工程を経た印刷物であることを、企業メッセージとして発信してはいかがでしょうか。


●プログラムと講師

第1部=「水なし印刷指定の市場動向」
  13:30?14:30 ?CSR報告者から自家媒体へ広がる指定発注?
     講師: 小川 勇造 氏 (東レ株式会社 印写システム販売部 主幹)
     講師: 田村 達也 氏 (東レ株式会社 印写システム販売部)
 
( 休  憩 )

第2部=「消費者に安全性を発信するVOC発生ゼロ印刷工程をめざす」
  14:40?15:30 ?水なし印刷、ノンVOCインキ、森林認証紙でReduceを実現?
     講師: 柳 栄治郎 氏 (東芝ドキュメンツ株式会社 
                     コミュニケーションソリューション部 フェロー)
       
                          
●日 時 :2007年(平成19年)2月23日(金) 13:30?15:30

●場 所 :三井タワー本館 25階B会議室 (東京・日本橋室町2-1-1)

●参加費:無料

●お問い合わせ先 社団法人 日本産業広告協会(東京都中央区日本橋蛎殻町2-11-3) TEL03-5645-8852

●申込み:こちらからお願いいたします

2007年2月23日

日本WPAのISO14001印刷ネットEMS2007年版バージョンアップ講修会

毎年開催される、印刷ネットEMSのバージョンアップ講修会が、2月21日(水)、東京と大阪を結び、テレビ会議で行われた。株式会社トーマツ環境品質研究所のシニアコンサルタント・加賀隼人氏からEMSの改定内容・ネット帳票の説明、引き続き、NECの袴塚篤氏がネット環境の改定の詳細を説明した。
総勢20名がこの講修会に参加し、2007年度のEMSの改定内容、ネット上の管理書式、管理方法についての徹底を図った。印刷ネットEMSとはISO14001の取得をインターネット・サーバー上の運用で取得できる仕組みをさすが、業界内では一番手に着手したものである。
これでまる4年を迎えたが、先行企業の中には、PDCAのより高度な運用が図られてきて、個人目標の設定まで落とし込めるようになって来ている。また、今回は新任管理責任者が割合顔出ししてくれた。会社とは言うまでもなく、社員一人ひとりの自覚と目標管理をどのように造成していくかであるが、印刷ネットEMSに真剣に取り組んだお陰で、大変な「やる気」と「目標管理」の風土を作りあげることができた。
070221net-ems.JPG
印刷ネットEMS2007年度版バージョンアップ講修会の風景

2007年2月21日

DTP&印刷スーパーしくみ事典2007年度版でバタフライロゴが紹介される

印刷人の新人にとって今風の印刷テクノロジーを勉強するのにためになる1冊が発行されている。理解しやすい3Dテクニカルイラストとでモノの内部に踏み込み、DTPと印刷に関するあらゆる事柄を解説した別刷実用書、A4判変形、360ページの体裁で?ワークスコーポレーションから1月26日に発売された。
専門学校の教科書や、印刷会社、出版社、広告会社などの新人教育にも大変役立つ内容である。「しくみ」を知ることを強調してくれている。
本書の「エコロジーに関する認定と法規」のページにバタフライロゴが、環境ラベルの例として紹介されている。

070207hyoushi.jpg
DTP&印刷スーパーしくみ事典2007年度版の表紙
070207dtpworld-butterfly.bmp
この別刷本に紹介されたバタフライロゴ

2007年2月 6日

KOMORIのハウスオーガン「On Press 161号」に水なし印刷が特集で掲載

?小森コーポレーションのハウスオーガン、On Press 161号は水なし印刷について特集された。
水なし印刷のトレンドを探る、と題した特集記事では、日本WPA 第10回セミナーの内容が詳細に記されている。このとき実演では、リスロン26P 10色機で意欲的な両面広色域・ニス引き・ドブなし印刷を10000枚/時で行ったのだ。ワンランクアップの印刷技術を磨かれた、六三印刷様、このために資材面で協力してくれた資材メーカー様、それに何と言っても、この印刷機を文字通り、ワンランク上げた水準に造り上げた功績は小森印刷機に負うところが多かっのだ。
070204on press161-1.JPG
On Press 161号では、水なし印刷を特集として大きく取り上げてくれている

日本WPA「第11回セミナー」は、防府市の大村印刷様で昨年10月の開催されたが、ここではAM4色+FM2色の重ね刷りで。水なしでの高品位印刷を実演してくれたが、そのくだりの詳細が書かれている。2階建て両面機のよさを引き出した印刷手法として、大変注目される運用であった。21μドットと言う網点(480線相当)で、表裏の印刷面の差が見えず、見当精度を一段と向上させた刷り本となってくれている。

また、?北星社の水なし使用のA輪について、桜井喜幸工場長のその使いこなし方には、大変注目される点が触れられている。「産廃の量には差がある。」「寄居工場は空調管理はしていない。」「印刷機が汚れず、きれいに保てる。(したがって、機械寿命も延びる)」
印刷の需要構造が厳しくなる中、表面上の利点だけでなく、一歩踏み込んだ、工場管理、設備精度の維持にまで、目配りせねばならず、この点での水なしの優位性が見直されている。

2007年2月 4日

満員の盛況で終了 KBAミニタワー印刷機(小ロット対応水なし輪転機)セミナーのご案内

この催しはお陰様で満席の盛況にて終了いたしました。
株式会社イリスより、以下の案内状を頂いた。


KBA社のミニタワー印刷機は、都心部ででも設置できる環境にやさしいコールドセット・オフ輪機で、小ロットが得意な新聞輪転型のオフセット輪転機として欧州で台頭してきている。

その開発担当者が来日して、日本の印刷界に特徴、意図するものを解説してくれる。環境に配慮した、小ロット対応、水なし輪転は今、欧州で注目されている。環境重視を意識される向きには必聴のセミナーである。申し込みは早めにお願いします。

以下は(株)イリスの挨拶文
------------------------------------------------

ドイツKBA社の日本総代理店である株式会社イリスでは、KBA担当者を招きヨーロッパで広がりを見せる“ミニタワー印刷機"をテーマにセミナーを開催いたします。
昨年アムステルダムにおいて開催されたIFRA EXPO2006で初めて紹介された最新のミニタワー印刷機“KBAコマンダーCT(コンパクト)"や2000年のDrupaで紹介され現在までヨーロッパ7カ国で8セットが導入され、ますます広がりを見せるKBAコルチナを例にその技術コンセプトやヨーロッパでの導入事例をご紹介します。

ミニタワーの印刷機の主な特長は、4色ミニタワー印刷ユニットで高さ3.9メートルというコンパクトなボディに印刷用紙に合わせて印圧を自動調整できるニップトロニック、ローラー間のニップ圧を自動調整できるローラートロニック、約2分間で実行可能な全自動版交換システムを搭載します。

                           開催要項 ‐

日時:平成19年2月 2 日(金) 午後2?5時 (受付1時30分から)

会場:明治記念館 千歳の間 (東京都港区元赤坂2‐2‐23)
   JR(中央線・総武線)信濃町駅 下車徒歩3分または、
   地下鉄青山一丁目または国立競技場駅 下車徒歩3分

定員:70名(先着順受付)

参加費:無料

テーマ:第一部 ヨーロッパにおけるKBAコルチナ印刷機の導入事例
    第二部 KBAコルチナ印刷機の技術コンセプトと機能説明
    第三部 最新型KBAコマンダーCT印刷機の技術コンセプトと機能説明

説明者:KBA本社 シニアセールスマネージャー Guenter Noll氏

申込先:(株)イリス 印刷機械課 山本まで
     東京都品川区上大崎3‐12‐18
     電話:03-3443-4696 FAX:03-8443-4118
    ?参加者名 ?会社名 ?会社所在地 ?連絡先を明記の上、
    FAXまたは、eメールでy.yamamoto@illies.com宛お申し込みください。
    受付完了後、受講票を郵送致します。

ミニタワー水なし輪転機の特徴(英文)

2007年2月 2日

Waterless Current 2007年1月号を会員に配信

米国WPAのアーサー(専務理事)の力作の水なしの販促フライヤー、それに新しくできた販促ブローチャーにつきその内容紹介がされている。水なしを分かりやすく解説し、クライアント(印刷発注者)が水なしを使いこなす要領などに触れている。水なし印刷業者にとっての販促物として使える。
欧州の動きとして、ある出版社がいよいよ、水なしに目をつけ相当量の出版本を水なしでこなそうとの動きが出てきていると報じている。
最近の米国の動きを見ても以前と違い、環境への対応に加速度がついてきている。これは今の世界的な異常気象とのからみもあるからなのか…?

2007年2月 1日

企画制作会社ジェネバジャパンが環境を意識したパンフレットの制作を打ち出す

?ジェネバジャパンはこの度、日本WPAに特例使用のバタフライロゴの申請を行い、専用のバタフライロゴを掲示したホームページを制作した。
http://www.geneva-japan.com/page703.htm上で環境を意識した印刷制作を前面に押し出している。まさに、「環境へのやさしさは、理念から実行へのステージ」を実践されている。

ページのトップに戻る