日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2006年8月 -

全印工連水なし研究会・奥州市でのセミナー見学会、8月25日に開催

全印工連水なし研究会・セミナー見学会が、8月25日(金)14時から16時30分に渡って、奥州市の六三印刷(株)三沢工場にて開催された。

全印工連水なし印刷研究会・会長・田畠久義の挨拶、日本WPA・会長・依田英祐氏の挨拶、六三印刷(株)・社長・島村博之氏の歓迎の挨拶に続き、(株)小森コーポレーション・中島静雄氏より「六三印刷様水なし専用機と印刷室の環境要件」について講演された。

水沢工場は元来、フォーム印刷工場で工場内のスタンドアロンの空調設備が施されているに過ぎなかった。1年前、リスロンL-1026Pを同工場内に設置するに当たり、東京にあった枚葉水なしオフセット機の設備をこの工場に移設する計画を立てられた。
この工場には水なし印刷条件の完璧を期すべく、ダクト式温調、噴霧式湿度調整の設備を導入することになった。同時に、これはフォーム印刷側の製本丁合いの見当精度の向上をも目指したものでもあった。結果、製本丁合い・見当精度は格段に向上してくれた。さらに、冬場の従業員の風邪予防にもなり、冬場の欠勤が極端に減少してくれた。

印刷での付加価値付与のために、5/5反転機を導入されたわけであるが、他社よりワンランク上がった印刷物作りを目指した。水なしで広色域・両面刷りを狙うとともに、被覆のためのニス引きを同時ワンパスで行うことが要件とされた。
ここで難しかったのは、どぶなし印刷を実用化すること、両面スプレー化と余分パウダーの回収装置の開発に取り組んだ。今日、実演で見せているが、どぶなし印刷を10,000回転、両面ワンパスで印刷している。
従来、菊半裁反転両面機の泣き所はどぶなし印刷ができないことであったが、これは大きな新しい市場を開拓してくれよう。また、水なしでのパウダーの噴き過ぎへの対処も施すことができた。

(株)T&K TOKAの五十嵐幹夫氏は「ワンランクアップの印刷を目指して」と言う演題で、本日の実演にこぎつけた六三印刷様と関連業者との製品改良の経緯を解説された。
色域を広げるために、ブリリアントカーミン6B顔料から他顔料への検討をした結果、より鮮やかな紅インキを使用することにした。刷り本を見ていただくと、色域が広がってくれるのがご理解いただけよう。
また、ニス引きをワンパス両面で行っているが、このためには逆トラッピングの防止に配慮している。この印刷は始めて経験する意欲的な内容のものであるが、カラーマネージメント、CTPカーブの補正などで関連の方々との共同作業であった。
最終的にはどぶなし印刷への実用化の目処がつけられ、菊半裁反転機の用途が一段と広がるものとなってくれた。

印刷之世界社、木村智之氏は印刷タイムス・水なし特集を編集されたが、取材を終え、水なし印刷は第2期の発展期を迎えつつあるとの実感を述べてくださった。

工場見学は3班に分けて行われたが、フォーム印刷機と枚葉水なしオフセット機が同一工場内に混在している形に驚嘆した。工場内は清潔そのもので、作業者は白衣の作業服と埃防止の姿勢を貫いていた。女性作業員がきびきびとした動きで断裁機を扱っていたが、よく組織化され、訓練されている内容であった。それにも増し、フォーム印刷機、枚葉印刷機とも仕様上の最高速で運転していて、高能率を実践していた。

CTPをフル活用したお陰で、ほぼ全量東京の仕事をデーターをこの工場に電送し、カラーマネージメントをとってここで出力、印刷加工、出荷の仕組みを構築している。大変参考になる工場経営であった。また、島村社長始め、斬新な生産の仕組みを構築された六三印刷様に敬意を表したい。

PICT0003.JPG
日本WPA・会長・依田英祐氏の挨拶
PICTM5.JPG
58名の来場者を迎えたセミナー会場風景
PICTM13.JPG
どぶなし両面印刷の実演に感心する見学者、しかも、この刷本は水なし・広色域・ニス引きのワンパスであった。
PICTM17.JPG
17時からプラザイン水沢に席を移し、懇親会が開催された。冒頭、全印工連水なし印刷研究会・会長・田畠久義氏が挨拶された。

2006年8月29日

大村印刷様(山口県) リスロン40SPで水なしテスト

8月8日(火) 大村印刷様の小森リスロン40SPで水なし印刷の運用試験に着手した。水なし化することで表裏の見当精度の向上、水ありから水なしへの切り替え上の問題点の洗い出しを行った。

●まず、印圧の点検をしたが、版/ブラン間の印圧は0.18あり、水なし印刷の最適値になっていた。
TOYO アクワレスエコーFC RG 8P、Mタイプインキ(適正使用温度が25?30℃)で行った。特に問題なく刷了した。
DICナチュラリス、 Hタイプを選んだが、機械温度に対し硬すぎてインキの点不良の問題を起こしたが、Nタイプに変えたら改善された。

テストの評価
●見当精度は現物の点検で再評価をする。表裏の見当精度、ファンアウトはなかった。
●機械温度とインキ適正使用温度の範囲が合致していれば、従来印刷とほぼ同一の作業ができる。
●刷り出し時に、紅で地汚れが発生したが、これはローラ洗浄剤がローラ表面に残存していたためと思われる。刷り込むとインキ中に取り込まれ、汚れは解消した。
●黄色でローラ目状の地汚れが発生したが、これはつけローラの軸と軸受けとの間に数mmの遊びがあり、横揺れしていることに起因する。遊びをなくすとこれは解消してくれる。水温設定を27℃から25℃に下げ、インキの反発性を上げたら解消してくれた。実用にあたっては、ローラ目の原因になりやすい4着け(D)ローラは完全に停止させておく必要がある。
●ヒッキー、Hタイプのインキを使ったとき、インキが硬すぎ、ローラ上に堆積したインキかすを引っ張り出し、ヒッキーを多発してくれた。実用時にはヒッキー除去ローラを装着しておく必要がある。
●上部ユニットと天井が接近した状態にあり、天井に熱がこもりやすい。扇風機を使用しての廃熱に配慮する必要がある。。

次回のテストは水なしFMスクリーンに挑戦するが、9月5日を予定している。
なお、10月19日(木)に日本WPAは同社の工場見学会を予定している。

060808test.JPG

2006年8月28日

日本WPA第10回セミナー見学会に58名が参加

日本WPA第10回セミナー見学会が、8月25日(金)14時から16時30分に渡って、奥州市の六三印刷(株)三沢工場にて開催された。

日本WPA・会長・依田英祐氏の挨拶、全印工連水なし印刷研究会・会長・田畠久義の挨拶、六三印刷(株)・社長・島村博之氏の歓迎の挨拶に続き、(株)小森コーポレーション・中島静雄氏より「六三印刷様水なし専用機と印刷室の環境要件」について講演された。

水沢工場は元来、フォーム印刷工場で工場内のスタンドアロンの空調設備が施されているに過ぎなかった。1年前、リスロンL-1026Pを同工場内に設置するに当たり、東京にあった枚葉水なしオフセット機の設備をこの工場に移設する計画を立てられた。
この工場には水なし印刷条件の完璧を期すべく、ダクト式温調、噴霧式湿度調整の設備を導入することになった。同時に、これはフォーム印刷側の製本丁合いの見当精度の向上をも目指したものでもあった。結果、製本丁合い・見当精度は格段に向上してくれた。さらに、冬場の従業員の風邪予防にもなり、冬場の欠勤が極端に減少してくれた。

印刷での付加価値付与のために、5/5反転機を導入されたわけであるが、他社よりワンランク上がった印刷物作りを目指した。水なしで広色域・両面刷りを狙うとともに、被覆のためのニス引きを同時ワンパスで行うことが要件とされた。
ここで難しかったのは、どぶなし印刷を実用化すること、両面スプレー化と余分パウダーの回収装置の開発に取り組んだ。今日、実演で見せているが、どぶなし印刷を10,000回転、両面ワンパスで印刷している。
従来、菊半裁反転両面機の泣き所はどぶなし印刷ができないことであったが、これは大きな新しい市場を開拓してくれよう。また、水なしでのパウダーの噴き過ぎへの対処も施すことができた。

(株)T&K TOKAの五十嵐幹夫氏は「ワンランクアップの印刷を目指して」と言う演題で、本日の実演にこぎつけた六三印刷様と関連業者との製品改良の経緯を解説された。
色域を広げるために、ブリリアントカーミン6B顔料から他顔料への検討をした結果、より鮮やかな紅インキを使用することにした。刷り本を見ていただくと、色域が広がってくれるのがご理解いただけよう。
また、ニス引きをワンパス両面で行っているが、このためには逆トラッピングの防止に配慮している。この印刷は始めて経験する意欲的な内容のものであるが、カラーマネージメント、CTPカーブの補正などで関連の方々との共同作業であった。
最終的にはどぶなし印刷への実用化の目処がつけられ、菊半裁反転機の用途が一段と広がるものとなってくれた。

印刷之世界社、木村智之氏は印刷タイムス・水なし特集を編集されたが、取材を終え、水なし印刷は第2期の発展期を迎えつつあるとの実感を述べてくださった。
当日配布された印刷タイムス(PDF・Download)


工場見学は3班に分けて行われたが、フォーム印刷機と枚葉水なしオフセット機が同一工場内に混在している形に驚嘆した。工場内は清潔そのもので、作業者は白衣の作業服と埃防止の姿勢を貫いていた。女性作業員がきびきびとした動きで断裁機を扱っていたが、よく組織化され、訓練されている内容であった。それにも増し、フォーム印刷機、枚葉印刷機とも仕様上の最高速で運転していて、高能率を実践していた。

CTPをフル活用したお陰で、ほぼ全量東京の仕事をデーターをこの工場に電送し、カラーマネージメントをとってここで出力、印刷加工、出荷の仕組みを構築している。大変参考になる工場経営であった。また、島村社長始め、斬新な生産の仕組みを構築された六三印刷様に敬意を表したい。

PICT0003.JPG
日本WPA・会長・依田英祐氏の挨拶

PICTM5.JPG
58名の来場者を迎えたセミナー会場風景

PICTM13.JPG
どぶなし両面印刷の実演に感心する見学者、しかも、この刷本は水なし・広色域・ニス引きのワンパスであった。

PICTM17.JPG
17時からプラザイン水沢に席を移し、懇親会が開催された。冒頭、全印工連水なし印刷研究会・会長・田畠久義氏が挨拶された。

060826golf300.jpg
翌日、会員相互の親交を深めるべく、第一回WPAG(ゴルフコンペ)も開催されました。
当日の様子はこちらから *パスワード:本会の名称(小文字3文字)

2006年8月25日

8月25日 水なし印刷セミナー見学会 ワンランクアップの印刷への挑戦 六三印刷(株)様

水なし印刷セミナー・見学会 ?ワンランクアップの印刷への挑戦?
 
蒸し暑い日が続きますが、ご活躍の日々をお過ごしのことと存じます。
岩手県奥州市で菊半裁反転両面10色機を導入され、一味違うワンランクアップの印刷(高色再現、高濃度、FM、水なし、ニス引き両面刷り)へ挑戦されている、六三印刷株式会社の見学会を催します。
この機会に会員相互の親交を深めるべく、初めてのゴルフ懇親会も開催させていただきます。
勉強会の開催とともに、夏場のリフレッシュをかね、ぜひ、北の地にご参集いただきたく存じます。
                                                   敬具
              

 日本WPA第10回水なし印刷セミナー・見学会


1.集合 : 平成18年8月25日(金) 午後14時30分

2.集合場所・セミナー・見学会会場 : 六三印刷株式会社・水沢工場
      〒023-0003 岩手県奥州市水沢区佐倉河字仙人6番地1
      (東北新幹線・水沢江刺駅下車)  TEL 0197-22-6300
      地図はこちらから(PDFファイル)

3.懇親会会場・宿泊ホテル・ : プラザイン水沢 
      〒023-0003 岩手県奥州市水沢区佐倉河字後田29
      TEL:0197-25-8811 

4.往復の送迎 : 専用バスを手配いたしましたのでご利用ください
      ○14:00頃 水沢江刺駅→六三印刷
      ○懇親会参加の方:六三印刷→ホテル(二次会場)
       日帰りの方  :六三印刷→水沢江刺駅

5.費 用 : 日本WPA会員:セミナー・見学会:無料
                   懇親会:3000円/名(当日集金)
                   宿泊ホテル代:約9000円(各自御負担・お支払い)
 
6.当日のスケジュール
 ○8月25日(金)
 14:30       集合:六三印刷株式会社・水沢工場
 14:30?14:40 日本WPA・依田英祐会長の挨拶
 14:40?16:00 ●セミナー:「ワンランクアップの印刷を目指して」
                  ?広演色、高濃度、FM、水なし印刷、ニス引き両面刷り?
                  (株)T&K TOKA 部長 五十嵐幹雄氏

           ●セミナー:「水沢事業所の空調設計を実践して」
                  (株)小森コーポレーション 部長 中島静雄氏
 16:00?16:30 工場見学「リスロン10色機の広演色実演」
 16:30?16:50 宴会場・プラザイン水沢へ移動、
 17:00?     懇親会

7.ゴルフコンペについて
 ・8月26日(土) 9:00スタート(7組予約済)
 ・栗駒ゴルフ倶楽部 
  TEL:0197?44-3811  御担当 千田支配人
 ・プレー費:15,620円 (乗用カート+キャデイ+昼食+1ドリンク付)
 ・参加費 :2,000円を別途徴収させていただきます。
 ・往復の送迎:専用バスにて ホテル→ゴルフ場→水沢江刺駅

8.その他 : 都合により日程の一部変更が生じることがございます。
       その節は、ご連絡申し上げます。
       参加者には参加者要綱を追ってお送りいたします。


日本WPA第10回水なし印刷セミナー・見学会

部署・役職参加者氏名 懇親会・宿泊  ゴルフコンペ 
参加不参加参加不参加
参加不参加参加不参加
参加不参加参加不参加

貴社名
電話FAX
連絡担当者E-mail


*セミナー・見学会のみ参加の方は2カ所とも”不参加”のチェックでお願いします。


連絡先:日本WPA 事務局 五百旗頭忠男
     TEL:090-8480-3274 FAX:03-5976-8030

Waterless Current2006年8月号を送信

Waterless Current2006年8月号を送信する。KBAの新聞印刷水なし輪転機・コルティナは欧州の新聞印刷界に8台も設置され、大きな反応が出てきている。その内容をぜひ、お読みいただきたい。

2006年8月10日

六三印刷水なしプロジェクト・8月4日に最終集合

8月25日のセミナー見学会での発表と実演内容の仕上げのために、プロジェクトチーム13名は六三印刷?水沢事業所に集まり、一段と高い課題、「広色域、FM、水なし、ニス引き・両面刷り」に取り組んでいるが、以下のテスト内容で、実証試験を行った。

印刷テスト内容
  版                  インキ              印刷
1)片面AM175            通常インキ           標準濃度あわせ
2)片面AM175              広色域インキ+油性ニス   標準濃度あわせ
3)片面AM175            広色域インキ          シアン0.05の濃度上昇
4)片面AM175            広色域インキ          シアン0.1の濃度上昇
5)片面AM175(-5%網点減)    広色域インキ          シアン0.1の濃度上昇
6)片面FM20μ(?7%網点減)   広色域インキ          シアン0.1の濃度上昇
7)両面FM20μ(?7%網点減)   広色域インキ+油性ニス   シアン0.1の濃度上昇

○標準濃度、K=1.85、M=1.45、C=1.55、Y=1.30とした。
○3)では標準濃度の印刷ではグレーバランスストライプでのグレーバランスが取れていなかったので、補正を目指しシアンを0.05、0.1と濃度上昇を図った。
○4)では一応、グレーバランスは2)より取れるようになる。
○ドットゲインに見合う数値として、AMでは?5%、FMでは?7%の版を作り、印刷試験を行いその再現性を見る。FM?7% の再現性が良好でこれを8月25日の実演では採用する。
○T&K TOKA様の方で予め、両面刷り・油性ニス(耐磨耗性ニス)の試験を行ってくれていた。初刷り面側は仕上げ刷り面に較べ、ニスが取られる現象が起きるので、両者のニスは調合して差をつけたものとした。
○7)の結果、大変良好な印刷の結果を得る。小森コーポレーション様が予め、排紙中央の紙面支えシートブレーキなしで排紙ができる、特別装置(どぶなしシートブレーキ装置)を取り付けてくれたが、全面ニスが両面刷りの実用スピードで排紙されることを確認した。
○反転両面機で広色域印刷+全面ニスのワンパス処理ができる目処がつけられた。六三印刷様は、従来のプロセスカラー印刷を超えた、広色域カラー、両面ワンパスニス引きで保存実用性の上がったカタログを顧客に売り込めるとのご評価を頂くことができた。
○市場での値下げ圧力が迫る中で、このワンランク上がった新製品(広色域、FM、水なし、ニス引き・両面刷り)をぜひ、市場のユーザーにご理解いただきたいものだ。

PICT0010.JPG
プロジェクトチームの共同作業

PICT0014.JPG
試験刷り刷り本・印刷データーメモ

2006年8月 4日

ページのトップに戻る