日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

日本WPAの活動  - 2004年5月 -

2004NEW環境展に、日本WPAブースを出展

2004/5/25(火)?28(金)
2004NEW環境展に、日本WPAブースを出展いたしました。
会員企業出展:文祥堂印刷(株)(株)久栄社精英堂印刷(株) 環境配慮型の印刷物として、主催者は付帯印刷物にバタフライロゴ入りの印刷物を積極採用頂きました。

2004年5月25日

第2期定期総会が東京ビックサイト・会議棟にて開催

日本WPA第二期定期総会が東京ビックサイト・会議棟にて行われました。初代会長・松重精が退任し、新会長に依田英祐が就任しました。

●開会挨拶
●平成15年度事業報告と決算報告
●会計監査報告
●平成16年度事業計画と予算説明
●新役員選出、紹介と挨拶
●報告事項
 ・ロゴ使用規則一部改正の件
 ・WWPA(世界水なし印刷会議)の報告
 ・北星社にEWPAからの感謝状贈呈
●新会員、新賛助会員紹介
●閉会挨拶  

WWPC(世界水なし印刷会議)が世界最大の印刷展示会・drupa2004にて開催

ドイツで行われる世界最大の印刷展示会・drupa2004にて、WWPC(世界水なし印刷会議)が開催され、日・欧・米から170名が参加しました。 水なし印刷へのさならる技術改良、新製品発表、バタフライロゴの一層の認知につき、成功事例の発表がなされた。また、これを機にBATへ水なし印刷の適合度の高さをアピールし、一層の認知活動に励むことにした。

2004年5月12日 drupa カンファレンスセンターにて開催

●開会と歓迎の挨拶
・Arthur W. Lefebvre, executive director, Waterless Printing Association
・Detlef Braun, EWPA chairman
・日本WPA会長 松重精

●「環境保護、資源保全のためのBAT(利用可能な最高技術)欧州委員会・コンサルタント。BATの目指すものは? 印刷界に関連するその規制と実施の衝撃」Oekopol Gmbh, consultant to European Commission
●「BATと水なし印刷発展の機会」 EWPA理事 Manfred Hamann 
●「水洗浄性インキとサステナビリティ・環境改善」 Hartmann Printing Inks社、Dr.Fritz
●「Brand Identity, Visual Identity」 e-グラフィックス(株) 社長・鈴木裕氏
●「水なし印刷の経済性」 Jeorgen Jacobsen デンマーク・ハーニング市、ダナパック社
●「水なし印刷で利益向上の機会」 Detlef Braun, EWPA 
●「UV水なしインキ」 Zeller+Gmelin社 
●「水なし20年間の体験談」 (株)文星閣 社長・奥継雄氏 
●「印刷機での熱発生と対処法」 Technotrans社、Harig氏
●「水なし印刷機の技術と将来の市場展望」 KBA社のプレゼンテーション
●「水なし印刷の発展展望」 東レ株式会社のプレゼンテーション 
●「水なしDI版材とイメージング技術」 Mr. Stan Najmr, Presstek社
●「変化の大波」 Mr.Rod Hayes, Printing World Magazine社・技術編集長

●大会宣言:世界の水なし印刷業者による水なし印刷と環境改善推進の大会宣言採択 

2004年5月12日

日本WPA主催のdrupa視察団がdrupa会場見学、WWPC会議出席、スエーデンのハルムシュタット印刷会社の見学を実施。

2004/5/9(日)?17(月)
日本WPA主催のdrupa視察団(14名編成)が結成され、drupa会場見学、WWPC会議出席、スエーデンのハルムシュタット印刷会社の見学を行って水なし印刷への更なる自信を深めて帰国した。

2004年5月 9日

ページのトップに戻る