日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 展示会 -

日本WPAの活動 - 展示会 -

IGAS2018:日本WPAの活動・会員紹介

2018年8月 3日

wpa (2).jpgのサムネール画像IGAS2018において、日本WPAが長年取り組み、既に5,500トンの削減量に達しているカーボンオフセット事業、昨年度に宣言したSDGsへの取組、及び会員紹介の展示を行った。会員から、自社の会社案内や商品案内などを提供して頂いたことにより、来場者に日本WPAの理念や活動内容や全国的・応用分野の広がりなど紹介するとともに、各社の独自の活動を紹介することができた。

metal.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像beer.jpgのサムネール画像
水なし印刷の応用分野として、アルミ缶、スチール缶への印刷がある。高度な再現性を要求される高精細な画像の印刷に既に多用されている。
labelwine (2).JPGのサムネール画像のサムネール画像他の応用分野は、ラベル印刷である。ラベル印刷については、水なしによる欧米でのワインラベル印刷がよく知られいる。現在、水なし印刷で稼働しているラベル印刷機は、国内外を合わせて350台程度ある。yoneyama.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像   

(左)ヨネヤマシール印刷(株)の紹介

ページのトップに戻る