日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動ー水なしUV印刷

日本WPAの活動ー水なしUV印刷

桜井グラフィックシステムズ第8回新技術発表会

2018年4月23日

桜井グラフィックシステムズは、美濃市の同社岐阜工場にて4月18〜21日の4日間、「第8回新技術発表会」を開催した。今回で8回目を迎えた本発表会では、国内外から約400名の来場者があった。メインのA会場では、スクリーン印刷ラインの技術を活用した印刷シート自動検査装置MS-102INSの新製品とバージョンアップ品、コンパクトサイズのダイレクトドライブシリンダー型ロールツーロールMSDR-30の2色ラインの新製品、また、トムソン抜きやハーフカット加工、ミシン加工、箔押し加工などが行える2胴タイプのロータリー複合加工機OLOVER-266RCSの新製品、その他スクリーン印刷を中心とした新たな技術の発表がなされた。

B会場では、オフセット印刷機の展示、実演が行われ、四六半裁5色オフセットLED-UV印刷機OL-580SDCでは、水なしLED-UV印刷の実演が実施された。
sakurai.jpg
    (四六半裁5色オフセットLED-UV印刷機OL-580SDC)
 本機は、ロングデリバリーの排紙部に日本ボールドウィン社製のLED-UVランプを設置した5色+インラインコーティング機で、プラスチックシートへの印刷対応が可能なオフセット印刷機である。水なしLED-UV印刷の実演は、2種類の絵柄をコート紙で、T&K TOKA製インキでの印刷であった。一昨年にも、同技術発表会で水なしLED-UV印刷の実演があったが、当時に比べて今回の実演では、印刷適性やグロス感が各段に向上していた。水なしLED-UV印刷についての懸念点としてグロス感の不足が挙げられることもあるが、コート紙での印刷であったが、全く違和感のないレベルに上がっていた。

ページのトップに戻る