日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

20年使い込んだ印刷機をリノベーションし水なし専用機化―――印刷新報(10月13日)で藤原印刷が紹介される

2016年10月31日

藤原印刷株式会社(藤原愛子社長、本社・長野県松本市、社員94名:http://www.fujiwara-i.com/)は、昭和30年(1955年)に藤原輝氏が、たった1台のタイプライターをもとに、自宅の一室にて「藤原タイプ社」を創業して今期で61年目になる。教育出版系の出版物を中心に、各種印刷物の企画・デザイン・組版から印刷までを行い、東京・神田に支店がある。
創立時の「一文字一文字に心をこめ、一冊一冊を大切にして本をつくる」すなわち「心刷」にこだわり続け、その技術力により生み出された作品は、今まで数々の賞を受賞している。
fujiwaraprinting1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
(左から)杉本取締役、藤原社長、市川次長、土井部長
印刷機は計8台を所有しているが、その中で老朽化し生産性が低下していた2台の四六全判両面一色機(アキヤマJPRINT44)に対して、東レの技術パートナーのタケミ株式会社が中心になり、リノベーションの提案、作業、指導を行った。
fujiwara printing3.jpgのサムネール画像
水なしリノベーションで復活した印刷機
リノベーション後の印刷機を水なし専用機化することにより、2台の印刷機が復活しただけでなく、従来に比べ全体の生産性が10%向上し、品質の向上や安定、オペレーターの負担軽減など想定以上の効果が上がっている。藤原印刷(株)の印刷新報(10月13日)の記事の詳細は、ここ 藤原印刷(印刷新報10月13日付).pdf をクリックしてご覧ください。

ページのトップに戻る