日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

12年前から水なし印刷で環境対応 −−−プリテックステージニュースで井上総合印刷が紹介される

2016年10月10日

株式会社井上総合印刷(栃木県宇都宮市:井上加容子社長、http://www.inoue-gp.jp/)は、従業員90名で、昭和41年に創業し、商印・出版印刷、企画・デザイン、製版、印刷、製本、加工、デジタル印刷、出庫管理までワンストップサービス体制を構築している。
president Inoue.JPGのサムネール画像
井上加容子社長
宇都宮CSRまちづくり貢献事業所の認定を受け、今を生きる心の季刊誌として「しもつけの心」を出版し、栃木県に特化した電子書籍ポータールサイト「トチギイーブックス「」を運営し、広く地域社会に貢献している印刷会社である。
「水なし印刷」は、平成16年に高精細カラー印刷の取り組みから開始し、平成20年のジャグラ作品展では、出版印刷部門で「熊本の海釣り」が経済産業大臣賞を受賞している。
inoue printing.JPG
水なし印刷採用の小森菊全4/4両面機
生産工場の環境対応に加えて、印刷物そのものの環境対応に注力し、環境にやさしく、高品質な製品の提供をモットーとしている。プリテックステージニュース(2016.9.25)の記事の詳細はInoue General Printing.pdfここをクリックして、ご覧いただきたい。

ページのトップに戻る