日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - セミナー・見学会 -

日本WPAの活動 - セミナー・見学会 -

水なしスプレーレス・インキ、キレイナ・アルポ

2016年4月15日

TIKAnon smir.JPG
3月15日、T&K TOKAは本社の会議室と印刷実習室にて、新しい水なしスプレーレス・インキ、キレイナ・アルポのセミナーと実演会を行なった。大変濃度の濃い催事で、ユーザーから使用体験報告、開発者側からのインキの内容説明、さらに、本番では備え付けのハイデル印刷機で次の要領で印刷を行った。

使用インキ:ベストワンキレイナアルポL
用紙:OKトップコート+ 1,500枚
内容:初刷り面スプレーパウダー1%散布
15分後に仕上り面印刷
仕上り面スプレーパウダー3%散布
比較資料:印刷実演と同一絵柄にてインキ違いの資料を準備
・スーパーテックGT(従来水あり印刷用インキ)
・アルポGT(従来水なし印刷用インキ)
まさに、パウダーレスの実演を15分の間隔を起いて裏刷り実演を見せてくれた。
確かに、裏付きもしないではないか。

これは水なし印刷にとって大きな朗報となってくれた。
この内容をdrupa2016ででも、展示してくれるとは嬉しいものだ。
T&K TOKAは水なし印刷に再び腰を据えてくれている。その詳しい内容はここをfご覧いただきたい。

ページのトップに戻る