日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

水なしパウダーレスインキで環境改善と生産性アップ

2015年8月30日

水なしパウダーレスインキで環境改善と生産性アップ
「顧客から常に選ばれ続げるために変革への挑戦」を続ける(株)ウエマツ(本社・東京都豊島区南長崎3-34-13、福田浩志社長)はそのモットーの一環として、平成23年11月に経年化したダブルデッカータイプの両面印刷機6台を水なし仕様にメンテナンス改造した後に水なし印刷での稼動を開始。印刷機を水なしリノベーション化する斬新な手法で環境貢献度と生産性を甦らせた。そして今年3月からはその印刷機で?T&K TOKA製のパウダーレスインキ「ベストワンキレイナ」を採用。水なし印刷での「ベストワン キレイナ」の最初のユーザーとしてT&K TOKAと協同してインキの開発・改良に取り組んだ結果、パウダー使用量を劇的に削減きせ、さらなる工場環境改善とコストダウンに繋げてくれた。
 仮に、水なしリノベーションでなく、新台機と入れ替えたとき、新台にかかるCO2消費量は300トン以上となり、いわば、カーボンフットプリント量(CFP量)をこれほどまでに節減したことに繋げたのだ。詳しくは、ここを.pdfご覧いただきたい。

ページのトップに戻る