日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

地球温暖化議論 CFPクラウドは大変使いやすい

2015年4月28日

6月にドイツで開く主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)で日本は国内で排出される温暖化ガスの排出量を2030年までに13年比で26%削減する案を提示するようになる。

日米欧の温暖化ガスの削減目標    
     削減幅      基準年    目標年 
日 本 26%       2013年   2030年 
米 国 26〜28%   2005年   2025年 
E U 少なくとも40%  1990年   2030年
と、なるようだ。

震災を契機として、温暖化の議論が停滞したものの、世情の落ち着きが出てくる中で、温暖化の取り組み姿勢が再び、議論されてこよう。印刷界でも多方面からの環境への取り組みは提示されているが、定量を捕らえて評価するのはカーボンフットプリント(CFP)であり、一部、カーボンオフセット(CO)も利用はできよう。COはその打消し効用で一種の社会貢献につなげられる。

日本WPAはPGGクラウドを使って算出するCO事業に取り組む一方、PGGクラウド進化系のCFP算定ソフトを使って、CFPを算出できるようにしている。
この両者を改めて比較して見たが、慣れるとCFPクラウドの方がより使いやすいことが分かってきた。

まもなく、CFPのシステム認証の参加企業を募集する。広く印刷人にこの新事態を訴え、より多くの方がCFPクラウドへ参画してくれることを願っている。

CO printed matter.jpg

CFP printed matter.jpg

ページのトップに戻る