日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

ジーニアス52UV印刷機はPerformance POP社とその高成長計画を支援する

2014年9月11日

140910kba.jpg

ジーニアス機では高品位印刷をプラスチック材に、効率的に、迅速にして、台数ものの仕事をこなしてくれる。
KBA北アメリカ社はPOP印刷、広告、およびマーケティング印刷物で全国展開で急成長中の、ダラスに本拠を置く会社、Performance POP社と喜ばしいパートナー関係を結んでいるが、同社はKBAジーニアス52UV小型印刷機を導入し、主にプラスチック材の小ロットもの・台数消化印刷の仕組みを整え、最近、急速な拡張計画と新しい企業ブランド化を発表している。

「2014年7月に、わが社は、付加価値サービスを掲げる特殊印刷に集中すると決めたのだ。」と社長・テーラー・ホワイトは言う。「店頭のPOP分野は成長していて、創造的なPOP印刷とPOPディスプレイを生み出すことによって、大企業客に受け入れられ、この分野の中で我々は良い足場をつくれた。」先月から、私達は新しい会社部門ブランド、Performance POPとして名を新たにした。「私達のゴールは、包括的なPOPソリューション・プロバイダーになることであり、KBAジーニアス印刷機が今や、私達がPOPビジネスで提供する機能の不可欠な一部となっている。」

KBA北アメリカの菊四裁印刷機ジーニアスの切れ味で、Performance POP社は、高品質のPOP広告の仕事をこなす能力がつき、紙の印刷とプラスチック材の台数もの印刷を容易にこなせる仕組みを作っている。ジーニアス52UVの5胴・印刷ユニットのすべてに組み入れられたユニークなグラブフロー・インキ機構により、最小のインキ調整の手間でハイエンドのレンチキュラー材、プラスチック材、またはベニヤ板の仕事を印刷できる。また、このインク機構は、アニロックス・ローラー配列のお陰で最小の刷り出しヤレで済むのだ。ジーニアス52UVは最大用紙寸法・菊四裁で、世界初の水なしUV 枚葉オフセット印刷機である。

2010年に導入以来、Performance POPのジーニアス52UVは、その顧客発注の看板キットとプモーション用・ブランド化プログラム用品向け、小ロットの、小サイズ要素を処理するのいにぴったりの印刷機として役立った。それは顧客の他部門の特殊印刷にも使われる、つまり、Performance Card Solutions(ショップカード類)、OptiGraphics(レンチキュラー類)、およびそのスポーツカード事業など。シェルフ・トーカーやウィンドウ/クーラークリング(風帯)などの小寸法のPOPの仕事、それに、レンチキュラー、ショップカード類が入ってくれ、ジーニアス機は1日あたり10時間から12時間、1週間に5日から6日間、途切れなく稼動してくれる。レンチキュラー印刷は、レンズ・プラスチックの後ろ側に画像を印刷する特殊技術であり、3-D、フリップ、または動画の印象を与えるために、複数のイメージの交互に織り込んだ画像の構成で可能となる。

「特に、私達が新しいブランディングを進める時に、ジーニアス機があってこそ、完全にわが社は付加価値サービスの提供ができた。」とホワイトは言う。「わが社がPOP市場に一層、さらに成長するにつれて、ジーニアス機は私達に、小寸法の小ロット、高品質ものプラスチック類を効率的に、処理する能力を与えてくれた。導入以来、ジーニアスのお陰で速くできる前準備、しっかりした見当、および一貫した色出しで顧客に喜んでいただいた。私達のビジネスの成長につれて、この機械は確かにもっと使われるであろう。」

ホワイトと経営陣は、全米の主要な小売店とブランド会社を含む、それらのPOPビジネスに高度成長計画の焦点を合わせていると言う。この成長計画では、水なしオフセット印刷機器を更新し、寸法の大きいオフセット機も狙いつつ、同様にデジタル印刷機器にも投資し続けることであろう。「他の印刷会社もPOP分野を認識しているので、私達は、この領域で多くの競争に直面し続けよう。」とホワイトは言う。
「しかし、私達は元来非常にクリエイティブな会社であるので、クライアントにもたらすものは、まさに実際の紙の上のインクまたはプラスチックの上にインクを着ける印刷サービスよりずっと複雑で、価値の高いものである。私達のクライアントが、小売りの世界で本当に機能するであろう衝撃的なPOPキャンペーンをデザインするのを手助けする。それは最終的に消費者がクライアントの製品をより多くを拾い上げてくれ、消費者をキャッシュレジスターに連れて行っていくことに通じている。」

「私達の競争から際立たせるものは、クライアントの分野を理解していて、我々の創造的な風土の元で、私達のユニークな才能を駆使し、クライアントにもたらす付加価値サービスを高め、ひいては、私達の印刷ビジネスを成長させることになって行くのだ。私達は非常に楽観的である。」
Performance POP社は企画、デザイン、製造、配布、および店頭設置までのワンストップ店である。1981年に設立されて、約150人の従業員とのこの家族所有の事業体はダラスの100,000平方フート(2800坪)の施設の外に、別の近くの25,000平方フート(700坪)の倉庫と出荷センターで経営される。
アトランタ、ニューヨーク、およびカンザスシティの営業所を含む大きな営業力を通して、Performance POPは全国的な規模の小売店網と大ブランド会社を顧客に持つ。会社は印刷、ディスプレイ、およびプロモーションでの革新に強い関与を持っている。全国的な配布機能を持ち、米国の中心的な位置で、自社内の設備で特殊印刷とディスプレイ製造を行っている。

ページのトップに戻る