日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 展示会 -

日本WPAの活動 - 展示会 -

エコプロダクツ2013の「環境ラベル活用ゾーン」に出品

2013年11月10日

ecopuroducts fair-image.jpg
「エコプロダクツ展2013」は15年の節目を迎えます。そのテーマは「『今』つくる 地球の『未来』」です。一般社団法人日本WPA(日本WPA)はバタフライロゴの一層の認知を表に出し、一般社団法人産業環境管理協会、東京商工会議所(eco検定)、川崎市、海洋管理協議会(MSC)、株式会社久栄社、グリーン購入ネットワーク(GPN)とコンソーシアムを組んで、「環境ラベル活用ゾーン」として出展いたします。
 信頼のおける環境情報の発信を中心に、商品やサービスのライフサイクル全体の環境負荷を考慮した重要性を伝えるとともに、日本WPA会員企業との共同出展を行いカーボンフットプリントの理解と参加を広く呼びかけていきます。
 多くの産業人、印刷人、消費者の皆様のご来場をお待ちしています。

【ゾーン名】  環境ラベル活用ゾーン
【出展規模】  全体 12小間 (内、日本WPA出展ブース 2小間)
【出展場所】  東1ホール 1-018
【主な出展内容】
  LCA/カーボンフットプリント/グリーン購入/
  参加企業による製品・サービス展示 ほか

【日本WPAの出展・広報の内容】
  ?バタフライロゴの一層の認知のための広報、
  ?グループ13社で初めてのグループ・システム認証の取得、
  ?新カーボンオフセットのご紹介
  ?(株)久栄社、精英堂印刷(株)、(株)日精ピーアール、(株)ホクトコーポレーションと共同で出品
 

ページのトップに戻る