日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

水なし化で老朽機が蘇る・・・今の時代の行き方・・・

2013年11月 3日

売上高に占める設備投資へかける費用は2000年初めでは約5%かけていたものだ、昨今では3.5%に落ちてきている。これは米国での話だが、日本でも同じような傾向にあろう。老朽機を長持ちさせ、蘇ることをすれば印刷企業にとっては大きな福音となる。
水ありから水なしへの印刷方式の変更でこのような老朽機の再生を図る動きが各地で出てきてくれている。印刷新報10月31日号では中本総合印刷がダブルデッカー老朽機の水なしへの転換で蘇りをしてたと、報じている。

131031Shimpo-Nakamoto.jpg

ページのトップに戻る