日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

米国でうけているDI互換版

2013年7月26日

米国ではDI純正版の特許切れになり、互換版のVIM社のDP-R版が性能の高さと、安価さが受けシェアーを伸ばし始めている。DP-R版のファンの一人は絶賛してくれる

「私達は、VIM社のDI版で125,000 imPressionsを通し、版代の節約につなげた。」
Voomグループ社長・エリッヒ・シュラーブ

Voom Group HP.jpg VOOM社のホームページ

Voomグループ - 顧客にユニークな価値を作成してくれている。
テキサス州プレーノにあるVoomグループは2002年にエリッヒ&ウェンディ・シュラーブ夫妻の手で創業された。違うながらに関連した経歴を持つ夫妻によって設立されたのだ。エリッヒは、15年の印刷経験をもち、ウェンディはほぼ同年のマーケティング経験を持つ。彼らは中小企業のニーズを満たすためにワン・ストップ店の開業に踏み切った。
まず、ガレージ工場から創業し、Voomはビジネスを成長させて、2009年に、7000平方フート(200坪)まで工場を拡大して、さらに現在の場所への移設を決めた。
2013年5月に、同社は、同規模の印刷・メール会社を買収し、2台目のDI印刷機、多くのメール機器、それに5000平方フート(140坪)の土地を手に入れたのだ。
主要得意先は、通信、化粧品、健康診断、エンターテインメント、食物、およびサービス業、不動産、製造会社、教会、および他の宗教団体、学校、および政府機関など多様であるが、中書事業所が多い。
「非常に多様な得意先とともに働くために、私達のビジネス・モデルは拡張性があり、新鮮で、興味深さを造成してくれる。」とエリッヒは本音をはく。「私達の顧客のニーズの上の私達のユニークな見通しが成功につながり、ひいては、クライアントのためにユニークな価値を作り上げることができたのだ。」
首尾よく、より効果的にそれらの市場ニーズに対処し、Voomグループ事業は2台のDIプレス、それに、ゼロックス800デジタル色プレス、コダックモノクロデジタルプレス、大判デジタルプリンターを始め、製本・加工機を設備している。

130726Ryobi+DP-R.jpg

リョービDI印刷機3401と高性能互換版DP-R

DI印刷機とVIM版が完全な解決策となる
成功の要因は、DIテクノロジーを上手に使いこなすと言う意思決定であった。それにより、2台のリョービ印刷機は多様化する用途、高まる印刷品質に対応する戦力となってくれた。
エリッヒはさらに言う。
「DIプレスは、私達の顧客のために中小ロットの高い品質を提供してくれる完全なソリューションとなってくれた。」この機械、印刷方式での印刷上の制約条件などはどない。
エリッヒは、中ロットものとは100,000通しと定義する。「VIMプレートは125,000の耐刷力を持っている。」
Voomは1ヶ月あたり2から6箱にまで注文数を上げてくれている。
「純正版からVIM版への使用に切り換えることで私達のレーザー、インク、印圧、または他のすべてのプレス設定に再調整をしなくてすむ。」「印刷結果は驚く程の肌色での色再現性を示し、再販時の色変化もなく、同様に印刷中の色調一貫性、それに、見当精度は優れたものだ。
「さらに、私達は、VIMプレートで、その耐刷力の高さに気がついた。」「125.000枚まで通せるのだ。これで無駄が省ける。」とエリッヒは言う。
「私達が自身を私達のDI印刷機では小ロットものをこなすが、通しものをかけると時間とコストを省ける。」
以前だと、中ロットものを刷ると班替えをしていた。「今や、耐刷力の高さで版替えもなく、100.000枚の刷了まで持ちこたえてくれる。以前なら、版持ちがなく、少なくとも4倍を再イメージしたであろう。」VIM-DI版は、プリント・ショップが割安価格で、より高い品質の版が手に入り、絶えず増加する顧客要求を満たすことが可能となってくれよう。

当協会は会員の強い要望を受け、VIM社のDP-R版の共同購入事業を行っている。2ヶ月に1回、注文を取りまとめ格安航空便を使って、版を取り寄せる仕組みである。興味のある方はぜひ、ここpdfをご覧頂きたい。

ページのトップに戻る