日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動ー会員情報

日本WPAの活動ー会員情報

ヨシダ印刷(株)(金沢市)で水なしEco-UVが実用化

2012年12月10日

エコUVとは低出力UV灯を搭載したUV印刷を指し、メーカーによってはハイブリッドUVと言われているUV印刷方式である。従来のUV印刷に比べ、軽装備でできる点が脚光を浴びてきた。既に過年度に新日本印刷(株)大阪工場でハイデルベルグSM74機に搭載して実用化されているが、三菱重工の印刷機に搭載し、内外インキと共同開発した水なしEco-UVとしては日本で初めてである。
一般的にUV印刷では水を使うと、水幅が狭いための印刷時での苦労がつきまとうが、水なしではこの点が有利となる。従来の水なしUV印刷の実績では水ありUVと比べ印刷速度上げられると評価がされている。
ヨシダ印刷(株)での詳細は ここ.pdf をクリックして見ていただきたい.

ページのトップに戻る