日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

新しいPCRとシリーズ製品を活用し、印刷人は更なる地球温暖化防止の先頭に立つ

2012年10月 4日

 7月26日に産環協に『水なし印刷による印刷物PCR』を申請し、7月30日 この新しい考えの『水なし印刷による印刷物PCR』が公示され、意見公募にかかる。8月22日 レビューを受ける。9月5日に水なし印刷PCRの検証パネルが開催される。9月28日、正式の認定を受けることになった。
 水なし印刷物における、今までの排出量計算、CFP申請の内容を精査し、真剣に絞り込んだ結果、10項目で実用的に運用できることを見い出した。全体像を良く見た上で、細かいところは省くことで中小印刷業者でも使える実用性を高めたものである。

121004PCR comparison.png

121004-2 logos1.png

 問題は我々がこれを活用し、如何に地場で、地域で近隣住民を巻き込み、CFPを知らしめることで地球温暖化防止へお役立ちするかにある。中小印刷人とて、印刷物を通しで身近にできる社会貢献を目指してゆきたい。

ページのトップに戻る