日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 会報 -

日本WPAの活動 - 会報 -

WATERLESS CURRENT 2012年7-8月号

2012年6月24日

印刷技術で電子部品を…
「音質のよい紙スピーカー」と「印刷された太陽電池」

pmTCU paper spealer.jpg
マキシ・ベルマン(ケムニッツ技術大学の印刷とメディアテクノロジー研究所の研究者)は印刷されたスピーカー部分を示す。紙スピーカーの底の側は広告メッセージによってプリントされることができる - この場合に、プロジェクトパートナーのロゴを見ることができる。

ドイツのケムニッツ技術大学の印刷・メディアテクノロジー研究所から、2つのの興味深い印刷関連の技術開発、「紙基盤に印刷をしたラウドスピーカー」と「印刷された太陽電池を持つ太陽の木」が発表された。
世界最大の展示会、drupaは、2012年5月3日から16日まで開催されたが、ケムニッツ技術大学の印刷・メディアテクノロジー研究所(pmTUC)は新しい研究成果を発表した。この成果は本当にあなたにあなたの耳をすまさせるてくれよう。標準の紙の上にフレキソ印刷を施したスピーカー。Arved Hubler博士教授、pmTUCのトップのR&Dグループは印刷機械メーカーWindmoller & Holscher KG(Lengerich)との共同展示者である。
印刷用紙スピーカーは従来のスピーカーのようなオーディオ・アンプと接続される。「周波数応答および、それに伴うサウンドの品質が非常によく、紙が驚くほど音を出す。ただ、紙のように薄いベースのスピーカーではバスが少し弱い。」と、pmTUCのシニア研究者、ゲオルク・シュミット博士は説明する。pmTUCの研究所でプリントされる薄いスピーカーは伝導性の有機高分子と加圧反応するいくつかのレイヤーを含んでいる。プロジェクトアシスタント、マキシ・ベルマンによるとスピーカーは驚くべきことに頑強で、大量印刷の方法(水なしでも可能)が使われるので、非常に安い方法で生産できる。紙スピーカーの底辺部は、広告メッセージが刷込み印刷ができる未使用のスペースを提供する。
Hubler教授は広い範囲の新しいアプリケーションを予期している。紙スピーカーは例えば共通の印刷製品に組み込まれることができよう。一例として、彼らは広告用途に巨大な可能性を提供する。「さらに、サウンド壁紙とか、まったく技術的なアプリケーションで、例えば距離センサーなどが可能となる。紙は超音波範囲で働くからできよう。」と、pmTUCのHublerは言う。さらに付け加え、「印刷を違うサイズと形にすると、発生した音波が影響される可能性がある。」とした。このスピーカーは、ドイツ教育科学・研究技術省の音頭とりの下で、以下のプロジェクトパートナーを含む「プラスチック音響プロジェクト」(PACU)の枠組の中で実現した: ロバート・ボッシュ社(シュツットガルト)、Heraeus Clevios社(レバークーゼン)、 X-Spex 社(ベルリン)、およびフラウンホーファー電子NanoシステムENAS(ケムニッツ)。

印刷された太陽電池
印刷されたスピーカーのほかに、pmTUCは印刷された太陽電池の革新的なアプリケーションシナリオを発表した。「半年前、私達は世界初の3PVテクノロジー(印刷用紙光発電法)を導入した。」とHublerは言う。drupaで、ケムニッツの研究者は50個の印刷された太陽の葉からなる太陽の木を展示した。普通の木に類似していて、太陽に直面している葉はエネルギーを収集する。それらはスナップファスナーと接続される。中空の「木の幹」にあるケーブル経由で、太陽の電気はバッテリーに充電する。「木の下で立ち、太陽の陰になった葉を見上げると、葉の裏側に広告が印刷されていることがお分かりになろう。」とHublerは説明する。 さらに付け加える。「それは自然よりいっそうよいよ。」Hublerに言わせると、広告分野が印刷業界の原動力であるので、「顧客が、太陽電池を含んでいる広告を捨てるのでなくむしろ、しばらくの間電気を発電してくれるのでつけておくべきと気がつこう。印刷された太陽電池は「持続可能性のイメージ」によって無敵の広告キャリアになるであろう。」と教授は報告する。Hublerは、テクノロジーのケムニッツ大学で開発された3PV技術が未来にグローバルな電源装置に寄与をするであろうだけでなくまた、3PVがプリントされたエレクトロニクスのブレークスルーを引き起こすであろうと信じる。
彼の本の中で、「印刷はエレクトロニクスになる。」Drupa 2012の機会に英語とドイツ語で出版された、Hublerはこの開発の背景を分析し、伝統的なグラフックアーツ産業の中で起こる変革への期待を説明する。Hublerによると、電子メディアと従来の印刷メディアは未来にますます合併して行くであろう。「エレクトロニクスの大部分は印刷されるであろうし、最も印刷メディアは電子になるであろう。」とした。
私達は、水なしの品質がこれらのテクノロジーをうまく適合してくれると考える。
tree & A.Hubler.jpg
紙に印刷された葉をつけた「太陽の木」の前で、A. Hubler博士教授

ページのトップに戻る