日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 会報 -

日本WPAの活動 - 会報 -

WATERLESS CURRENT 2012年3月号(その2)

2012年2月18日

ViaStoneで持続可能な「紙」
石の紙が生まれたての頃、約2年前、私達は最初に石の紙を取り上げた。当時、素材を作くる方法と水なしインキと相性についてのいくらかの懸念があった。あれ以来、オーストラリアのFishprintが本製品を水なし印刷で首尾よく商業的テストをしてくれ、使い出している。ViaStoneは、紙とは違う革新的で、異なるアプローチで作られる。石の紙は、木材パルプを使うのでなく、新しい製造工程と原料のまったく従来の方法と違う、新しいセットを使う。
メーカーの目標は、森林と水を漸減する次元の違う環協指向の新システムを進めることにある。結果は石灰石から作られた代替紙で、専門的名称では炭酸カルシウムである。紙に変わる、プラスチックがあまりにも多く出る現下で、ViaStoneはその間隙を埋めるものである。ViaStoneは、プラスチックの消費を減らしてくれる素材である。紙同等の物性、運搬性があり、しかも、よりよい印刷適性で、しかも、低コストで提供してくれる。すべてのパッケージはプラスチックのような十分な強度と耐久性を必要としているわけではない。これらのアプリケーションの中で、ViaStoneは使えるメディアである。

物理特性と機能
メーカーは、それがパルプ紙のように容易に印刷でき、扱えると主張する。それは水と油分から防御してくれる。また、抗菌の保護の、そして低い水蒸気透過率(MVTR)を持っている。 さらに、それは直接的な食物接触をしても安全である。
ViaStoneの環境上の特性は以下の通りである: 森林伐採がない; 水消費がない; 漂白を使わない; 排水の流出排出がない; エネルギー消費を下げる。そうすれば、それは再利用できる。同社は、バランスの取れた生態系を強化し、持続可能性の下で回る環境を開発し、維持することを完全に約束する。
ViaStoneの目標は、製紙のための世界の森林への依存から自身を分離することである。その製造は、水消費を取り除くだけでなく、プロセス要件をから漂白をなくしてくれる。さらに、製造工程は生産システム全体に行き渡る空気、水、および固形廃棄物汚染と同様に森林伐採、水、エネルギー、および化学の用法の結合された影響を減らす。
同社は次の生産フェーズでは、製造工程の中でよりクリーンな代替エネルギーを統合することに集中するであろう。彼らの野心は、結局、この生産設備を再生可能なエネルギー源の電力消費100%でまかなうことの実現である。
石灰石または炭酸カルシウムは多くの産業の中で広く使われる。多くの産業は炭酸カルシウムを製造中間工程で生成してくれる。それが処理されないと、炭酸カルシウムは副産物になり、放置される。ここで、Via-Stoneでは、埋立て材などの廃棄から転換させ、炭酸カルシウムを資源化する動きを強めているのだ。彼らの野心は、炭酸カルシウムの資源を代替えして、採掘の依存と影響を減らすことである。
同じことは接着剤として使われる合成樹脂にあてはまる。それは、1回使われて、処分されるには貴重すぎる。彼らは、その機能と有用性を拡張することを約束してくれる、他の革新的な製造会社を取り込みたいと思っている。
ViaStone紙推進のためのリサイクル機能の実施は創立者が作成したビジョンで運営されるであろう。消滅しにくい原材料と耐久力のため、この石の紙はよりよい再生に進んでくれる。利用することによって、それは安定した仕組みとなり、私達はより充実した再生サイクルを実現することができる。今日まで消費されたViaStone製品の1トンは、たくさんの再生、サイクルを通り抜けたのと同じトンであり、まだ10年後に使用されている可能性が十分あると考えることは無理な観念ではない。さらに、それらのリサイクル方法は、それがリサイクルすることができる素材の中でわずかである。これは埋立て地、より分けの手間とエネルギーの減少、省資源への移行となってくれる。

生分解可能?
ViaStone紙は、無機的な鉱物であり、生物分解しない炭酸カルシウムが高いパーセンテージを占めている。例えば埋め立て環境で長い熱にさらされると、それは堅くなって、非常に小さな断片に分解する。埋め立ての酸性度の高水準かにより、炭酸カルシウムを攻撃して、溶かしてくれる。

破棄?
ViaStone紙は再生することができるが、再生の設備は現在存在していない。再生システムが普及するまで、ViaStone紙はエネルギー回収の焼却によって処理されるべきである。 適当な焼却設備ならば利用できず、逆に、環境への影響リスクのない、埋立てが安全である。 ViaStone紙は他の古紙と混入れさせるべきでない。
有毒ガスが発生しないので、最もよい現在の処分方法は焼却であり、エネルギーのための燃料源である。それが有害な金属を全然含まず、それがパルプ紙のようなメタンガスを放たない。それはまた埋立てでも安全である。

レーザープリンタまたは複写機にViaStoneを通せる?
いいえ、レーザープリンタと複写機の両方とも、硬化のためうが熱融合テクノロジーを使い、これが製品を脆くする。

ViaStoneには、ペンまたは鉛筆を書き込めるか?
はい、特別な滑らかな表面があり、書き、引いたり、ペイントするには、非常に良い表面になっている。さらに、防水性で、高い引裂強さは実用性があり、記録の保持とアートワークを守ることができる。
同社のウェブサイトは南北アメリカ、アジア太平洋、およびオーストラリアの取り扱い網が記載されている。現在のウェブサイトは進展中の内容で、今時点では商業的に入手できないかもしれない。(viastone.com または、日本語サイトは http://www.ina-kk.co.jp/stone-paper/feature/index.html を閲覧されたい。)

ページのトップに戻る