日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 会報 -

日本WPAの活動 - 会報 -

WATERLESS CURRENT 2012年3月号(その1)

2012年2月18日

コルチナ印刷人は、水なし印刷に「私は、何も後悔していない」と、再確認する

フランス語で「私は何も後悔ていない」(JE NE REGRETTE RIEN.)と再度、補強した語気でパトリック・チュルシェ氏(Freiburger Druck社技術部長)は、コールドセットインクにインラインの印刷ニスをかけたサンプルを前にして、一同を祝う席で発してくれた。(Badische Zeitung)
これらの並みはずれたサンプルはウィーンのIFRAエキスポ2011で最近示された。この新聞を印刷するために、Freiburger Druck社が水なしオフセット印刷に狙いを定めた2006年以来、チュルシェ氏は水なしコルチナ印刷機のプレゼンテーションで次のように言い続けた。「はい、私達が、2号機の事態に生じたら、私達の新聞印刷では再び水なしオフセット印刷機を注文するであろう。」
スペインの他の新聞印刷会社が、何回かの予備的な印刷テストをし、用紙は水なし印刷に適合したことを立証したけれども、踏み切れないとした何かがあった。東レ株式会社は、そのアナログプ版の価格を数年間は維持すると断言しても、この新しい印刷方式を採用することの動機にならなかった。彼らは、古い方法の従来オフセットで新聞印刷し続けると決めたりしている。この執筆時点では、水なしオフセットで日刊紙を印刷している新聞社は、ヨーロッパに既に16社に及ぶ。
BZ-Chersh.jpg
「私達は2号機も水なしにするであろう。」とFreiburger Druck社のチュルシェ氏は言った。(Badische Zeitung)

Waterless Current2006年8月、第7号で引用されるように、ヘッドライン「バーディシェ新聞は水なし印刷を採用 生産性、品質、環境、勝つのは誰か…」すばらしい利点が、ドイツの印刷会社より報告され、利点の多くは記事の中で引用された。これらのコルチナは、水なし愛好家と完全主義の技術部長の献身的なプロフェッショナルなチームによって案内されてきた。この水なし化の努力は、ローマ哲学者セネカの次の言葉によって最もよく説明される:「最高を目指さず、既に失敗したことを良しとする。」: 別のラテン引用文が後に続く、「Is qui est, est. Is qui non est, consectatur」。(そうである人は、いる。 そうでない人は、捜索するか、貫く。)
新しいコーティナの建屋建築は通常の高さより低く収まるために、その建設費は400,000ユーロも節約できたのだ。このFMスクリーニングは広告代理店の興味を引き付け、同社は水なしコルチナ印刷機を稼動し始めて以来、15%の広告収入の増加があった。本機を導入後の7ヶ月の期間で、21,000リットルの湿し液(VOC)を削減できた。; 両方が水なし印刷でなかったが、680,000リットルの湿し水を節約した。さらに、この間に、約44,000キログラムの本紙をヤレ紙切りつめ節約できた。(Badische Zeitung) Freiburger Druck社の言い草の最後としてあげた点は、100,000枚を超える洗浄布を節約することができた。、 IFRAエキスポ2011でウィーン(オーストリア)でKBAのクラウス・ボルツァ・シューネマン氏はコルチナ新聞輪転機でのコールドセットインキとインラインコーティングの水なしサンプルを見せてくれた。
それは、新聞印刷機の中にインラインコーティング入れたのは何を意図しているか?
ウィーン(オーストリア)のIFRAエキスポ2011で、クラウス・ボルツァ・シューネマン氏(KBA経営協議会のトップ)はインラインコーティングによって最高級の水なしコルチの印刷サンプルを展示したが、ニス引きは80gr/m2紙と54gr/m2 Kriebcoat(軽量紙)にコールドセットインキで印刷した上に行った。両者とも、コールドセット、または、ヒート、あるいは両方の組み合わせで行った。両用組み合わせのケースは通常、ローケレン(ベルギー)のEco Printとデュッセルドルフ(ドイツ)のRBZなどの他の新聞印刷会社にも採用されている。 新聞に加えて、彼らはスーパーマーケットのように半商業製品をも印刷する。
フライヤー、パンフレット、および内容見本。新聞の水なし印刷に加え、さらに、インラインコーティングを行った時に達成される上がりは読者に感銘を与え、さらに、新聞印刷会社の最も大きな収入源である広告者に大きくアピールする。
確かに、出版社と広告代理店は感銘を受けるであろう。でも、新聞にとって重要であるのか? その答えは、2006年にチュルシェ氏が述べた内容、水なしに切り換えた後の8ヶ月間で、Freiburger Druck社が新聞を印刷した営業実績で判断されることができる・・・「私達は、新しいコルチナ輪転機で印刷して以来ずっと広告の15%の増収を経験している。」これは、もっとより小ロット化に迫られつつも、他方では、インターネットとかフリーペーパーとの競争の状況下に置かれていての積極対応と見るべきだ。
ヨーロッパ新聞の広告収入が最近の5年で23%も落ちたことが引用されたウィーンのIFRAエキスポ2011で示されたが、広告数を増大させる新しい方法を見つけることは最も重要である。エル パイシュが数値を披露したが、スペインで最も重要な新聞は50%の減紙と言う。昨年だけ、3%の縮小を経験した。これはヨーロッパに当てはまる。すべては、新聞読者数、主に、伝統的な新聞を取りたがらない若い消費者の分の落ち込みである。従って、特に、それらがIFRAエキスポ2011でウィーン(オーストリア)でクラウス・ボルツァ・シューネマン氏が展示したサンプル、インラインにニス引きで、もっと質感の上がった製品を配達することによって読者を「驚かせる」効果がある。

結論
Freiburger Druck 社は、革新をもたらしたが、以前生産されたのと同じ物を改善する手を打ってくれた。その重要なことは、適当なツールを入手したことによる。Zucher氏のようなプロフェッショナル人なら言うであろう。最近のマシンでテストした後、再び同じ決定の直面に会うなら、「私は別の水なし印刷機の注文を繰り返すであろう。」と。現在、彼の会社は水なしに乗ったお陰で前述の利益の話に続いているが、彼はウィーンのIFRAエキスポ2011で見せてくれたサンプルのようにインラインニス引き+水なしオフセットのようなさらなる革新を追加している。
(オーストリア)クラウス・ボルツァ・シューネマン記
Cortina coating.jpg
WatchesCortina.jpg
このサンプルはKBAのクラウス・ボルツァ・シューネマン氏がウィーン(オーストリア)のIFRAエキスポ2011で見せてくれたコルチナ新聞輪転機で水なしコールドセットインクとインラインコーティングで印刷した刷本

ページのトップに戻る