日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動ー会員情報

日本WPAの活動ー会員情報

日精ピーアール(株)が第3回千代田ビジネス大賞を受賞

2011年10月 5日

ここで採り上げることが遅れた非礼を詫びたい。日精ピーアール(株)はこの春先に、第3回千代田ビジネス大賞、環境貢献部門の千代田区長賞をものの見事に受賞されていた。

biz3rd.jpg
第3回千代田ビジネス大賞、環境貢献部門の千代田区長賞をいただいた風景

その評価ポイントは、
環境保全面で
○印刷方式、使用インキ、使用紙まで、地球環境保全に配慮した高い公共性
○ジグレー版画制作など美術印刷に見られる、水なし印刷とFMスクリーンの組み合わせによるハイクオリティの印刷技術
○印刷業の盛んな千代田区にあって、印刷の歴史に関する歴史の研修を毎月開催し、先輩社員によるマンツーマン指導体制を取るなど、人材育成に対する真摯な取り組み
が評価されたのだ。
同社の環境保全対策に全力を注いでいる、その独自性に高い評価が得られた。
○水なし印刷によって、有害な廃液を出していない。米国IWPAの公式認証マークを取得している。
○650線相当の高細線印刷を実用化し、インキ使用量、CO2を削減している。
○適切に管理された森林管理協議会(FSC)認証紙を使用している。
○植物性インキを使用している。これはVOC発生が少なく、環境負荷が少ないものである。
○グリーン電力証書を年間ベースで取得している。CO2を排出しない電力を工場で使っている。
○工場ではLED照明を使っている。
美術関連の印刷分野への取り組み
にも独自のジャンルを打ち立て、FM10ミクロンと水なし印刷を駆使して、画質の高い美術画の複製も高く評価された。
日精ピーアール様の水なし印刷を全面に掲げた挑戦と成果に祝辞を申し上げたい。

ページのトップに戻る