日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 会報 -

日本WPAの活動 - 会報 -

湿し水にアルコール代替品が使えなくなる?これは米国での話

2011年10月 2日

Waterless Current2011年10月号では米国でのこわ〜い最近の動きが紹介されている。

米国環境保護庁はグリコール・エーテルや「グライム」を攻撃する
米国環境保護庁は、それが、グリコール・エーテル(略す「グライム」)を取り締まることを計画することを発表した。このあまり知られていない成分は、リチウム電池、インクジェットカートリッジ、ペイント、印刷、処方薬、およびマイクロチップのメーカーを含めて、産業の広い分野で使われている。
このグライム群の3種が生殖、または成長障害を引き起こすかもしれないので、EPA(環境保護庁)は、「この3種が労働者、消費者、および子供に高い懸念を起こすと決めた。」 米国の研究では10年以上前、半導体製造において労働者の間の流産との関係を発見した。
EPAは連邦の有害物質規制法によって認可されたその数少ない規制の1つとしてグライムのための新しい規則を提案した。採用されるならば、米国市場の14のグライムの物質の用途が限定させるであろう。
グライムは一般に製造における溶媒として使われた「グリコール・エーテル」と呼ばれる化学薬品の広いファミリーの一員である。 エチレン・グリコールNのようなオフセット印刷グライムの中で、ブチル・エーテルとエチレングリコールモノブチルエーテルはいわゆる「アルコール代替品」として湿し液で使われる。 これらの化学薬品のための健康警告は目、皮膚、吸入、および摂取との接触を通して現れると警告されている。 それらが基金を出してのがターゲットとする攻撃先は目、皮、血、腎臓、肝臓、およびリンパ系と中枢神経系である。USEPAはこれらの化学薬品を、有害廃棄物として揮発性の有機化合物(VOC)と危険な大気汚染物質(HAP)と考える。
2つの他のグライム、モノグライムとディグライムが齧歯類の研究において生殖で、発達的な損害を起こした。第3のグライム(エチレングライム)の上の動物実験は、発達上の毒性ならびに遺伝子突然変異への可能性を示している。特に、半導体、印刷インキ、自動車の関連製品、塗料、および調剤を製造するそれらを含む労働者に危険であると、グライムは米国政府の精査を受けた。
1980年代の末期と1990年代の初頭にカリフォルニア大学デーヴィス校からの科学者によって導かれた14社の工場の6,000人の労働者の研究では半導体の製造業に従事する労働者の間でグライム混合物を流産と関連付けた。
デグライムを含むエチレンベースのグリコール・エーテルの混合物にさらされた女性の間で研究者は流産の増大パターンを見つけた。半導体工業会の基金での多年度の研究の結果をアメリカ産業医学ジャーナル誌上ですべての問題につき1995年に発表された。「作用物質が、10年前と比べ毒性劣化がせず有毒なので、私は、これに払われている注意が喚起されてきてうれしい。」とマークB.シェンカー博士(UCデイビスの医学教授、研究を導いた公衆衛生科学の学部の会長)は言った。
これらの化学薬品の使用は制限されるけれども、ほとんどは、どのくらい一般大衆が環境の中に消費者製品とその物質の解放を通して、グライムにさらされるかについて知られていない。監督庁の役員は、その使用が皮膚からの吸収または吸入を通して人々に入り込むことが露見されていると言う。デグライムは飲み水に検出されているので、消費されていることが、危険視ルートであると彼らは言う。バッテリーは封印されるので、リチウム電池の中のモノグライムへの露出が制限されるにつき、衣服洗浄処理、、印刷用紙を処理からの流出の可能性か、家庭のペイント缶からか、車排気、または工場からの排出が考えられるある。水なし印刷業者は、それらが介在しないプロセスに切り換わったことを非常に喜ぶべきであろう。 それは、従来の印刷と違って、水なしのものが、全く湿し水化学品を扱う必要がないためである。

ページのトップに戻る