日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

東レ株式会社はチェコで新水なし版製造工場を建設、ヨーロッパの成長を取り込む   水なし版の高成長に合わせ、欧州での工場建設へ踏み切る

2014年2月19日

ドイツ・Neu-Isenburg、2011年9月22日発、東レ株式会社は、チェコ共和国に新しい水なし版生産工場を建設し、その先駆的な水なし版の増加するグローバル需要を満すことを行う。
日本のその筋は、施設が2014年の初頭に稼動可能になると見込んでいる。コーティング、加工の両方機能を併せ持ち、新しいチェコの生産設備はヨーロッパと中東の印刷会社のニーズを満たしてくれよう。
現在、東レの主要な版製造ラインは日本にあり、短納期供給なる市場要望にこたえ、海外顧客への配達を保証するために、同社は欧州に大きな半製品在庫の基地を構えている。
「ヨーロッパの市場での水なし版の補給路を短縮する必要があり、高まる新需要のため、東レの水なし版の生産を拡大をもくろむ計画表では第一候補地としている。」と東レ印写事業部・部長・松本俊光氏は述る。
TIE_Matsumoto (2).jpg
東レ株式会社印写部・部長/松本俊光氏
「優れたKBAコルティナ新聞輪転機が提供する高い生産性を駆使し、新しいの商業印刷機会進出で利益を得ている私達の顧客の付託に応えることがこの決定の要因である。」
チェコのサイトの最終選考地として、ProstÄ jovにおける東レの織物工場に隣接している水なし版加工工場を数年操作している実績の元に行われる。
TIE_TTCE_plant (2).jpg
新工場がここに建てられる
「水なし版の拡張のために必要視されている不動産を既に所有してくれていた配属スタッフの事前の経験を考慮して、それは論理的な必然の選択となったのだ。」と松本氏は述べている。
この動きは簡素化した生産フローとロジスティクスを通してコストを下げるだけでなく顧客へのテクニカル・サポートの改善にもつながる。松本氏はさらに付け加えた。:
「ヨーロッパの製造サイトは、また、為替レート変動の逆効果を減らすと見ている。」
東レ技術要員は、現在、現在の施設と隣接している新しい建物に設置するコーティングラインの計画を策定している。
日本の工場で解放された能力はアジア市場のために必要であると予期している。事実、また、アジア市場では成長してくれている。
ちなみに、樹脂凸版と水なしオフセット版の両方を生産する東レの岡崎工場のコーティング設備への資本投下は2003年に行われた。

ページのトップに戻る