日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - セミナー・見学会 -

日本WPAの活動 - セミナー・見学会 -

第2回世界水なし印刷会議(WWPC2)  Biber講師の講演の予備知識

2011年8月 9日

イスラエルのベンチャーを育てる黒子、Chief Scientist Officeとは産業貿易労働省の外郭団体で、チーフサイエンティスト事務所[OCS] と言われている。

[OCS]は産業貿易労働省の産業R&Dの支援に向け政府の政策の実行に当たる。[OCS]の目標は、イスラエルにおける産業の知識基盤を強化し、イスラエルの科学的潜在力を活用し、技術革新と起業家精神を奨励し、経済成長を促進させ、イスラエルの技術の開発を支援するためにある、高いR&D付加価値の刺激に努め、国内外のR&Dコラボレーションを奨励している。継続的なサポートプログラムのさまざまなOCSによって開発および生産化の実現するまで重要な役割を果たす。イスラエル ハイテク起業家のための重要な中心地と位置付けられている。
この出先機関は欧米、アジア、むろん、日本、環太平洋諸国に設けていて、情報収集にもあたる。マーケットリサーチに基づき、ニーズに合ったシーズを作り上げる、その重要な要を背負っているのだ。

VIM社はイスラエルの小企業であるが、なぜ、世界を相手に、ビジネスができるのか、Bieber講師の話をよく聞いていただきたい。

ページのトップに戻る