日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 会報 -

日本WPAの活動 - 会報 -

WATERLESS CURRENT 2011年5月号

2011年5月 1日

英国の印刷会社2社は、最上位の環境認知を達成

英国のUWPA会員企業、2社が最上位の環境ステータスを成し遂げている、と発表したい。両社は、世界で最も持続可性を持った水なし印刷の会社で、IWPA会員でもある。ここにOxford にあるSeacourt 社と、Suffolk州のBecclesにあるAnglia Print Services社の成果のお披露目をさせていただく。

Seacourt社、自然回帰に責任持つ
「自然回帰へ責任持つ印刷」がSeacourt社の標語である。 そのために自ら何をすべきか、どうすべきかと問われる。それは業界先端の環境のワークフローであり、彼らが可能な最も環境負荷の少ない足跡のもとで印刷物を生産に励んでくれている。
Seacourtを紹介すると:
先駆的な水なし専業の印刷業者
更新可能エネルギーによる電気を100%使用
植物性インクによる印刷
50%、75%、および100%の再生紙を使用
EMAS(環境管理・環境監査スキーム )に登録
ISO14001に登録
カーボンニュートラルを実施する印刷会社
FSC 認証- TT-COC-2132

110501SC-1.jpg
110501SC-2.jpg
上記に示したSeacourt社の「自然回帰に責任持つ印刷」が、小見出しとして顧客の印刷物上につけられている。Seacourts社は、主たる東レプレートの水なしの印刷と、二次的に使うデジタル印刷に付けている。
紙は画像再現の重要な役者である。 Seacourt社は、以下の紙種を顧客に薦めている
1. シルク紙(50、75、100%の再生紙)
2. 光沢紙(50、100%の再生紙)
3. マット紙(100%の再生紙)
4. 非塗土紙(100%の再生紙)
5. オフセット紙(50、100%の再生紙)
110501SC-3.jpg
Seacourtのホームページでは多くの受賞を強調され、推薦状を表示し、ゼロエミッション達成を訴求している。

ゼロエミッションの最初の印刷会社
この14年で、Seacourt社は、ありふれた3Kの会社から英国ではクローズドループ下での、最初のゼロエミッションを成し遂げた印刷会社となった。今日Seacourt社は環境へ急進的なアプローチをした会社として知られていて、1999年にはEMAS認証(非常に高い基準と厳しい要求度として広く認められている認証)を取得した最初の印刷会社の1社となった。
Seacourt社のうたい文句は、reduce, reuse and recycle(3R)で、結果として、埋立て地へ廃棄物を持ち込むことをしていない。彼らはごみ廃棄箱を持っていたが、その最後の無駄なる収拾日は2009年10月14日であった。印刷プロセスの全体にわたって、再利用とか、再使用されていない廃棄物の流れは一つもない。どんなヤレでも再利用とか、再生して、再生紙にする、クローズドループにしている。
同社の紙の使用量は、年間273トンと言う素晴らしい数字であるが、この量で偉業を達成している。
2度目のクイーンズ賞と言う光栄ある地位を占めている。
この半世紀以内でめったに印刷会社は切望するクイーンズ賞(英国で最も名誉ある賞)を受賞していない。これは5年ごとの開催で、全産業の全ての会社に門戸を開いている。 Seacourt社は最初、2007年に持続可能な環境開発としてその賞を勝ち取った。その受賞の栄誉として、クイーンズ賞のエンブレムを固定場所に表示でき、5年の期間の間クイーンズ賞旗を掲げる権利を得たが、Seacourtは再び2011年、今それを再び、勝ち取ったところである。ある1社が2回も、この賞を取得するのはまったくユニークなわけではないが、多分、印刷会社で同じ分野でこれまでにそれを勝ち取ったことがないのだ。
クイーンズ賞は別として、Seacourt社の最も顕著な業績は、たくさんの受賞をいただいていることだ。 昨年6月に、環境とエネルギー賞で100会社(全産業の企業が対象)に選ばれ、 最終的に、最後の6社にSeacourt社は選ばれた。 代表務取締役Jim Dinnageは、英国のNEC(バーミンガムの国立展示センター)で数千人の人々の前で、居並ぶ他の5国際多国籍企業と伍してSeacourt社が並ばされたのだ。しかも、一等賞を授与されて、従って、年間持続可能企業賞(印刷会社での例はない)の栄誉を預かった。
ここに、Seacourt社が2004年以来ずっと受賞した数々の賞を紹介する:
ゴミ減量化最優秀賞
環境パイオニア賞2010、英国環境大臣・Chris Hulmeの臨席のもと、ウエストミンスター人員で開催
環境とエネルギー賞2010

主要な環境表彰
BCE環境リーダーシップ賞2009
ヨーロッパEMAS優秀賞2008
最優秀女王賞・持続可能な開発2007
「持続可能な開発の最優秀女王賞」の授与では、女王と前総理大臣ブレアの臨席のもとで授与された。
グリーン・アップル環境優秀・グリーンチャンピオン賞2006
ヨーロッパビジネス優秀賞2006
オックスフォードシャービジネス優秀候補者2005
都市快適環境・大気品質貢献賞2005
SEEDAビジネス優秀賞2004 持続可能ビジネス南東地区
WINNERオックスフォードシャー持続可能ビジネス優秀賞2004
Jim Dinnageが、私達に表示したかったのは、水なしオフセットおよび他の環境の抑制策が、彼の成功の達成に役立っていた。Seacourt社の成功例は、印刷の世界界では大変、ユニークなものであった。Seacourtが1998年、 IWPAの会員になって以来、早いうちから水なしに関与し、完全なる持続可能な印刷へと進まれたことを見させていただき、誇りに感じている。www.seacourt.netをご覧いただきたい。

ページのトップに戻る