日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ

WATERLESS CURRENT 2011年3月号

2011年2月19日

シンプルさが成功街道を舗装する

どのように既存の印刷・サービスの業態の小規模印刷会社を統合化したマーケティング会社に変えて行くか。第一に、人々を、印刷の専門用語で混乱させない。第二に、迅速なターンアラウンド(迅速納期)で、しかも、適正価格でカラー印刷物を提供する。そして、3番目に、可変データのような強力なマーケティング手段を含めた、サービスにまで拡張する。
「Effects of Color 社(EOC)」を冠した家族企業がこのところ、繁栄の道程を紹介してくれる。この会社は、Minute Man Pressと呼ばれる会社を1987年に買収したEschenberg家のRobin と Joe夫婦が率いている。買収時は、Robin と Joeは印刷の直接的な経験を全然持っていなかった。Joeの唯一の資格はグラフィック・デザイン・ビジネスアートの仕事に従事していたことであった。今日の経営は、副社長・販売マーケティング担当として勤めるEschenbergの娘Hayleyが行うまでになった。
Minute Man Pressを1986年に買収した時は、印刷室には2色印刷機までしかなかった。 Minute Man Pressフランチャイザーは、社員に印刷訓練を施してくれた。 その一方で、Robin EschenbergはEOC社の主要な販売の推進者であり続ける。彼女は潜在的な顧客に電話売込みするのに多くの時間を費やした。約7年前まで、4色の仕事は他の印刷会社に頼んでいた。2004年になり、既存のカラーの仕事と新しい見込み仕事の受注量が、ハイデルベルクQuickmaster DIの消化量に達し、これを購入すると決めたのだ。
新しい印刷機の導入で、Eschenbergs はEffects of Colorと呼ばれる別個の企業を設立することになった。それは4色の巣立ちにふさわしい印刷会社の名前としては当をえた。それ以来、HP Indigoという形でカラー印刷機器を増設し、最近では、高速コニカC8000を導入した。これらの2台の機械は可変のデータ機能をこなせ、特定消費者への訴求のため、写真の嵌め変えを行ってくれる。Hayley Eschenbergは、指定されたパントーンカラー(特色)または純粋の墨インクを印刷するには、これらの2台の印刷機が大変、有益であると報告している。
EOC社はニューヨークのロングアイランドのほぼ中央、Hauppageの町にある。それらの仕事のほとんどは周辺の町と都心部から来る。近くのニューヨーク市のクライアントとニュージャージとコネチカットの周辺州のクライアントまでを持っている。
ホフストラ大学のマーケティング学部と、他の大学の心理学部の2つの大学の学位を修めたHayleyは地域で一段と目立つ、独自のダイレクトメールプログラムを作成し、配布を行っている。
彼らは、自身のメーリングリストを運営し、常にこの情報更新、情報拡張を図っている。最近アップグレードされた彼らのウェブサイトは自社提案物の簡単なプレゼンテーションである。4色印刷、双方向オンディマンドマーケティング、ダイレクトメール、およびフルフィルメント、可変データ、およびマーケティングプロモーション用案件などである。3つの業務ブロックで簡潔に3つの基本的な会社の資産を強調している: 印刷(オンディマンド双方向素材を含む)、マーケティング(可変データとマーケティングプロモーション)、
そして環境にやさしい印刷(FSC紙と水なしの印刷を強調)。
よくまとまった一覧ページでは、冊子、販売シート、極小サイズのびダイレクトメールサンプルを特集している。

小さいサンプルイメージをクリックすると、もっと詳しい内容を示す大画面ウィンドウを開いてくれる。長たらしい機器リストが全然なく、一見して、サイトがクリーンで、新鮮味を出している。自身の宣伝でなく、EOCニュースセクションではブランド構築から展示会マーケティングまでの全てについての秘訣の記事があり、ビジネスへのお役立てを提供している。このページは定期的にアップデートされて、1ヶ月で5点もの興味深い記事を特集掲載してくれていた。Hayley Eschenbergによると、6ヶ月間に書き込んだ充実したウェブサイトのお陰で、相当な量の新しいクライアントを発掘してくれた。私達はこのサイトの味のあるシンプルさ(単純さ)を賞賛している。
多分、これはJoe Eschenbergの芸術的な感度のためであり、引き起こされるのだろう。 Joeは、素晴らしい、熟練したアーティストで、彼の仕事振りはニューヨーク市やロングアイランドのハンプトン地域で示されている。彼はハンプトン (夏期では非常に一般的な休暇地)に彼自身の美術館を持っている。彼の次の展示は3月のニューヨーク市でのアートエキスポになるであろう。初期の頃は経験不足であったが、Eschenbergsはこのビジネスを傑出した成功に導いた。

この英文原文とEOC社の写真はここをクリックしてみてください。


ページのトップに戻る