日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 会報 -

日本WPAの活動 - 会報 -

WATERLESS CURRENT 2011年2月号

2011年1月25日

水なしUVはインモールド・ラベル市場を成長させてくれる
水なしUV印刷会社は、新しい収益を作り出す複数の方法を持っているのだ
手落ちの製品またはサービスをより多く、既存客に売る。
新規客にあなたの製品またはサービスを提供する。
新製品または新サービスを既存客、および/または新規客に提供する。
あなたが現在提供している方法は価格に敏感になっているか、一般化されているかもしれない。
多くの場合に、新しい高価値製品またはインモールド・ラベル(IML)のようなサービスはかなり高利益と成長の機会を提供する。ほとんどの場合に、この新提案製品は、ハードウェアを買い足たり、新しいスタッフを雇わずに提供できる。
工業組合によると、市場は、新製品の市場への継続導入によって活気づき、3から5パーセントの範囲で成長している。 近年、水なしUV 枚葉印刷会社が入り込んだ分野で、小ロット化への傾向が見られた。

インモールド・ラベルとは何であるか?
接着剤ラベル―感圧ラベルを含む―とIMLの違いは、IMLはボトルの壁の内側に張っていることである。インモールド・ラベル付けはプラスチック容器の装飾のこなし方である。それは後工程でのラベル付けが不要になり、生産時のコスト高のボトルネックをなくし、さらに、製造床面積を必要としなくてすむ。
インモールド・ラベルは射出成型でも、圧空成型でも作動するが、ユニークな容器形状でも究極の「無ラベル」を達成してくれる。それは容器から剥離できないので、製品安全性の高いものを提供してくれる。今日の環境の意識ではますます重要視されることに、IMLフィルムラベルは再研磨可能で、再利用ができる。それは、剥離ライナーを全然持っていず、容器がリサイクルされ取りだすにしても、特別な機器を全然必要としていないラベルである。それらは1970年代に生まれたが、生活品メーカーの巨人、プロクター&ギャンブルは、容器自身の一部であるラベルを中に封印され、充填の用意ができている形を想像していた。 そこでインモールド・ラベルは現実のものとなった。

圧空成型と射出成型
成型には2つのタイプがある、つまり、圧空成型と射出成型である。北アメリカで、圧空成型は全IML生産の約80パーセントを支配している。 ヨーロッパではIML製品の約80パーセントが射出成型法を通して成型される。
ヨーロッパで、射出成型のIML容器に詰められて売られる製品の大部分はチーズ、マーガリン、およびソースなどの酪農食品である。ヨーロッパで、これらは非常に高価品と考えられ、IMLの割高コストを受け入れてくれる。
ヨーロッパは、多くの小さな国と多数の言語のゆえ、小ロット化で知られている。 ヨーロッパ人は、彼らの製品についてよりうるさく言う傾向がある。彼らはラベルへのオレンジの皮効果によるざらつき感を好まず、しばしば、真空口部の押印よごれがでるのを嫌う。それはラベルを保持しているプロセスによって出てくれる。

現在の印刷と成型プロセス
IMLラベルは複雑な製品である。最近では、フィルム材を使う。印刷機でインクは、通常のものを使い、その上にUVまたはEBの表面コートを覆う。ラベルは、一般に、UV装備がついた輪転グラビアを使って、生産される。フレキソ印刷またはビバ420Anifloなどの輪転水なしオフセット印刷機も使われる。一般にグラビア印刷とフレキソ印刷がロットものでは費用効果が高いので使われる。IMLラベルは、油性、または水性インクを使って、印刷することができる。ラベルの裏には、成型過程の間に接着剤として働いてくれる塗布剤が塗られている。圧空成型では、ラベルは裏面に感熱接着層が塗布されている。圧空成型の間で、この塗布層によりボトルに溶融してくれる。これはポリエステルボトルや、ポリエチレンの変種にも当てはまる。他方、射出成型はポリプロピレンフィルムを利用し、容器もまたポリプロピレンである。この工程では高温高圧のため、ラベルは感熱接着剤の援助なしでコンテナに溶融してくれる。接着剤は水性であるか、溶剤性となる。すでに塗られた接着剤と一緒に素材は成型される。
成形過程の間に、ラベルはマガジンから機械的に外されて、規定位置に真空によって保持されて、型に挿入される。プラスチックが型に注入され、ボトルを形成してくれる。 ヒートシールは活性化し、ラベルはそれで、容器の一部となる。

警告
裏面の接着剤とニスの相性がよくないと、一連の印刷されたラベルはやれとなってしまう。UVインクとコーティングはIML工程では重要なものとなる。印刷された画像の色品質はロット間で一貫し続ける必要がある。インクの耐摩性、色差測定、素材厚さテスト、光沢計量、および加熱接着のような試験が求められる。
枚葉紙で印刷されたラベルは積み重ねられた後、打抜機(ブッシュ抜き)を通す。この工程で、粗刻みのラベルの山は特別に精密につくられたマシンの中のトンネルに押し付けられて、正確なサイズに切り取られて出てくる。加工業者は、この方法が最もポピュラーであるとしている。
別の挑戦は、印刷と抜きの寸法精度である。ラベルが少し大きすぎると、ピック・アンド・プレイス機器(ラベル搬送器)が、1度に1つずつの搬送できなくなる。ラベルが小さすぎると、受け口場所から滑り落ちて、フロアの上に落ちてしまう。
別の深刻な問題は静電気である。ポリオレフィンラベルは大きな静電気の問題を持っている、つまり、ラベルが印刷機の装置上で滑って行く時はその都度、静電気を拾ってくれる。透明なポリエステルラベルが必要とされている時に、入手可能な唯一のタイプはAvery Dennisonのものがある。いろんな試みがなされ、透明なポリエステルボトルに入る透明なポリエステルフィルムラベルを製作することができている。難題はその接着剤であるが、それはあまりにも高い融点を持っている。

競争が少ない
IMLプロセスは過去の四半世紀の間あったけれども、ラベルの生産は比較的少数の印刷会社と加工業者の手にとどまっていた。
競争のほとんどはより少量のために枚葉印刷機を装備されていない。印刷品質は容易にフレキソ印刷または従来のオフセットを越えられるので、枚葉UV水なし印刷は最適の方式となろう。
あなたが、特別装備への莫大な投資を必要としていない新製品を捜しているならば、IMLラベルはあなたの会社のための健全な選択肢であるかもしれない。

Centrum 社はIMLの販促へ開始
Centrumの最初のIMLラベルは写真のUV水なし印刷で作られた。見てわかるように、結果は非常な見込みがあった。
ポーランドの会員会社、Centrum印刷のPawel Zbierskiによると、同社は、すでにIMLについてテストし始めた。 Pawelが言うには、水なし印刷では、IML用のインクの化学組成とニスは完ぺきに作動してくれるとする。Centrumは、彼らの言う「冒険」に取りかかり始めた。
Centrumの最初のIMLラベル写真



ページのトップに戻る