日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

株式会社久栄社 千葉工場で電流測定 これを秤マークへ

2010年12月 8日

今年の「エコプロダクト展」の(社)日本WPAの三つ折りパンフレット「水なし印刷の提案」にCFP秤マークをぜひつけようと、検証申請をした。定格電流でなく、思い切って同じ方ロゴを2種類作り、1種類はカーボンオフセット用とした。このパンフレットを11月29日(月)の午後一番で、測定機取りつけの斎藤技士の立ち会いのもと、測定クランプと電力測定器を取り付けた。さて、ここで三つ折りパンフレットの焼いた版を三菱印刷機四六半裁5色機にかけて2000部と予備を入れて印刷する。裏刷りの前準備の間に初刷りの方はセットしてくれ、ほぼ連続的な感じで裏刷りを行った。
5分ごとの電力値が測定器のメモリーに蓄えられ、印刷の終了後、久木野顧問が電力値を解析してこのパンフレットの印刷時の電力実測値をつかむことができた。平野ゆうき主任が早速これを申請書の情報シートに22.271Kwhと書き込んでくれた。
恐らく、このような本番の印刷の仕事を通して、電力値を実測し、これをCFPマークの申請書に書き込む事例は、なかったのではあるまいか?
検証員の献身的な支援をいただき、12月7日の検証パネルでは、一部の修正を伴ったものの、無事済ませることができた。間もなく、この秤マークを付けた水なしパンフレットを皆様にお見せできるようになる。


kyueisha converted to 5color.jpg
測定機を取りつけた「三菱印刷機四六半裁5色機」

ページのトップに戻る