日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動ーCFP

日本WPAの活動ーCFP

新日本印刷の主力機に電流計測機を取りつけ稼働電流を実測

2010年6月 9日

SNP-SM102-8P.jpg
SM102−8Pの電力計測を始めだした。5分ごとの電流値を自動記録してくれる。
カーボンフットプリント事業に取り組む我々は、CO2排出量のより正確性を目指し、印刷機の電流計測事業に取り組み出した。2〜4月の文星閣に続き、目下、新日本印刷・羽田工場の主力機(小森システム38オフ輪機、ハイデルベルグSM102‐8P機)に取り付け、実測を開始した。
6月7日はオフ輪機につけた計測機を外し、SM102-8P、スタール折機、屑紙圧縮機に取り付ける作業を行った。この工場の月間の電気代は相当高につくが、この機会にCO2算出のための電流値の算出だけに留めず、実際の電流を測定し、如何にすれば節電ができるかの分析も重ねる。
電気代とは毎月、恒常的に支払われるもので、ここのメスを入れて行きたい。これこそが、Green & Leanである。

SNP-clump.JPG
屋上の電気ボックス内主電源用ケーブルに計測クランプを取り付ける。

ページのトップに戻る