日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 展示会 -

日本WPAの活動 - 展示会 -

JP2010展で水なし企業3社が活躍

2010年5月29日

「JP展は低迷の時代を切開く知恵と意欲の宝箱」というキャッチフレーズで今年のJP2010展はIpex2010と同じ時に大阪インテックスで開催された。かつてのJP展の規模から見つと、1館だけに集約されてしまったのは、アナログ印刷人として大変、さみしい思いをするものの、こんな時だからこそ、主催者に協力し、水なし印刷人の行っている活動を世に訴えてみたく、会員企業3社とともに出品した。
日本WPAはCO2排出量の見える化の決め手、そのシミュレーションソフト「PGG」を実演し、カーボンオフセット化して、創り上げた印刷物のCO2排出量を見かけ上、「ゼロ」にする社会的な啓蒙運動を起こそうとしている。印刷物と言う媒体の特性を生かし、印刷人が広く世に呼び掛けて行う環境推進の先頭に立ちたいものだ。

【スキット株式会社】
展示会や営業用の見積り提案を入れて、比較価値を高めてくれる「カバーフォルダ(ポケットフォルダ・ポケットファイル・紙製ファイル)」を展示。ダイレクトメール印刷(圧着DM・圧着ハガキ)を印刷会社に代わって、一切の手間を引き受けるサービスを展示。同社は60社近くの見込み客をつかめた。

100520_JP.jpg
宇宙人のコスチュームで接客応対に勤めてくれる、スキットの宮川さん、ご苦労さま

【サン美術印刷株式会社】
水なし印刷、バタフライCO2ロゴの映像での訴求。Gスキャナーを使ってのディスプレイでの実演。

【わかくさ印刷株式会社】
女性スタッフだけで展示会応対をこなしてくれた。同社は阪神地区の行政に地道にCO2排出量の印刷物への明示と、カーボンオフセット化をプレゼンしてきた。日々使う封筒にまでバタフライCO2ロゴの使用を呼び掛けてくれた。同社の姿勢が評価され、最近は行政側の同社への評価も変わってきつつある。
会場ではCO2排出量を表示したティッシュを配ってくれた。
分かりやすくカーボンオフセットの解説をしてくれたわかくさ展示のパンフ.pdf

ページのトップに戻る