日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - セミナー・見学会 -

日本WPAの活動 - セミナー・見学会 -

日本WPA/全印工連水なし印刷研究会セミナーと工場見学会が開催される

2010年5月11日

日本WPA第8期総会に引き続き、日本WPA/全印工連水なし印刷研究会セミナーと工場見学会が開催された。
そのセミナー録を以下のファイルで掲載させていただく。

●セミナー講演(14:50〜15:40)
(1)「カーボンオフセット事業の活かし方」
(社)日本カーボンオフセット 事務局長 村上 賢之様

100507村上レジメ.pdf
【注目要旨】
カーボンフットプリントは製品のCO2排出量を消費者に知らしめることで、消費者を動かして、低炭素化へ動かすものであるが、カーボンオフセットは製品の製造・流通・廃棄で発ししたCO2排出量を自然エネルギーで得たものと打ち消す直接的は社会貢献を目指したものである。
印刷物にカーボンオフセットで排出量を明示し、相殺をかけるのは素晴らしい仕組みである。他の製品と違い印刷物はメディアに他ならず、その2次、3次の末端消費者への訴求効果は計り知れないものがある。いわば、漢方薬的な効用が効きオフセットと言える。

(2)「日本WPAのカーボンオフセット事業・購買会事業」
日本WPA事務局  事務部長 中尾 克太

100507中尾COガイダンス.PDF
【注目要旨】
最終的には、営業ツールとして使って頂き、環境に非常に意識の高い水なし印刷を使用した印刷会社として、カーボンオフセット印刷物を差別化商品として確立して頂きたい。環境に対してとかく、劣勢をたどっている印刷物の地位向上のために、社会的貢献をしている商品であることも合わせて知らしめたい。

●(株)小森コーポレーション様つくばプラント および
  KOMORI Graphic Technology Center見学会(15:45〜16:55)
●閉会のご挨拶(16:55〜17:00)
  KOMORI GTCセンター長 杉山博幸氏
閉会後、懇親会場(オークラフロンティアつくば)へバスで移動17:30より懇親会を開催した。ご参加の皆様に心よりお礼を申し上げたい。

ページのトップに戻る