日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPA第8期定期総会

2010年5月11日

日本WPA第8期定期総会は(株)小森コーポレーション様のご協力をいただき、同社のつくばプラントで5月7日(金) 14:15〜15:45 以下の内容で開催された。

田畠久義会長の挨拶
日本WPAは環境を標榜する印刷業者の団体として、創設以来8期目を終えることができた。VOC計測事業への取り組みをこなし、第8期では今の時代の消費者に理解してもらえる、CO2排出量の表示と削減に挑戦してみた。一昨年の産環境のグリーンパーフォーマンス事業に参画し、日印産連のPCR会合で勉強する中で、世に分かりやすい仕組み、会員が使いこなしやすい仕組みの構築を目指した。清水宏和氏の印刷CO2排出量計算ソフトは、LCA日本フォーラムの会長賞受賞の要素となった実績をいただき、これを活用して、COJ様と包括契約をした上で、カーボンオフセットの方式でCO2発生量を厳格に明示して打ち消す、社会貢献商品「温室効果ガス 排出権付き水なし印刷」を編み出し、バタフライCO2ロゴで表示する形を取った。お陰さまで今期は250トンのカーボンオフセットを消化するまでになった。
今期は「不偏と国際化」を目指し、環境に優しい水なし印刷の普及に一層努めたい。
今期中に、任意団体から脱し、組織の法人化を図る。IWPAとの交流を通じつつ、海外会員の勧誘をも目指す。
IPEX展を契機に誕生してくれる、新しい水なし版材にも取り組んで行きたい。
今期も会員各位の本会の運営に格段のご協力をいただきたい。

・本総会の成立宣言(出席者数、委任状数等)
正会員数と協賛会員計、186社、出席会員数 36社、委任状提出会社数 49社
合計 85社であり、会則第10条により、総会の成立を見て、議事進行が図られた。

<議 案>
  ・第一号議案 第8期活動報告および収支決算報告
  ・第二号議案   第9期事業計画および予算報告
  ・第三号議案   退任理事の紹介および新理事、新監事の専任
【退任】
副会長 渡邉 照雄(株式会社アイカ)(敬称略)
監事  堺 大佑 (株式会社栄光舎)
理事  岸本 正夫(東洋紙業株式会社)

【新任】
監事  島村 博之(六三印刷株式会社)
理事  渡邉 功 (株式会社アイカ)
理事  吉川 昭二(株式会社サンエー印刷)
理事  中村 直昭(株式会社日精ピーアール)

以上、原案通り、出席者の賛同を得て承認された。

ページのトップに戻る