日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 展示会 -

日本WPAの活動 - 展示会 -

エコプロダクツ展東北2007にバタフライとW2が出品

2007年10月 2日

tohoku-eco-pro.jpg

bfly_R-ZZ1.jpg
水なし印刷のバタフライロゴ

W2logo-1.jpg
水洗浄性インキ(W2インキ)ロゴ、洗油(灯油)を使わなくてすむ印刷方式


エコプロダクツ東北2007は10月11日(木)〜13日(土)、仙台市夢メッセで開催される。

ここに日本WPAと会員企業・ソノベは先進の環境印刷の展示を行い、以下の内容を展示する。

出展内容詳細 環境先進の印刷ロゴ、バタフライロゴ+W2ロゴ
印刷産業での放出VOC総量は、塗装業界に次いで多くなっています。都市型産業で、情報産業の一角を担う印刷産業は、環境面でも先導役を果たすべき地位にあります。従来、石油化学品を生産性、経済性を追求する観点で使用し続けてきました。今その深い反省に立ち、既存の印刷技術をさらに、環境ニーズを付加した形に作り直す挑戦を続けています。

水なしオフセット印刷方式は、版を作る工程では廃液を出さないことで、また、印刷工程でも湿し水を使わないことで環境面での優位性をもった印刷方式と位置付けられています。

さらに、この度、水に溶ける性質をもった水洗浄インキ性インキ、鉱物油が一切入っていない、VOC FREEインキを開発し、印刷室での大きなVOC発生要因である、洗油に代わる、水系洗浄液で洗浄できる方式が確立されました。W2インキで刷った印刷物では、あのインキ特有の臭いすら消えています。論より証拠、従来のオフセット印刷室でのVOC発生量を1/10位まで落とすことができます。
印刷物にはぜひ、このバタフライロゴ+W2ロゴのペアー運用でぜひ、どうぞ。

地球環境問題の解決に向け、貴団体が今後具体的なアクションとして取り組む内容
印刷先進国の我が国の強みを生かし、日本発のニーズ、環境印刷方式を誕生させ、この方式を世界に広めていく所存でいます。その象徴として水なし印刷物であることを明示する、バタフライロゴを付ける運動を展開してきました。さらに、VOC低減印刷方式を明示するW2ロゴを誕生させました。新開発のインキと水系洗浄液、水なし印刷を加え、このペアーのロゴを世界に広めてゆく活動をいたします。

また、都市型立地の多い印刷工場ゆえ、徹底した環境立脚の資材運用、印刷方式の確立を日本WPAは目指しています。

ページのトップに戻る