日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - 展示会 -

日本WPAの活動 - 展示会 -

第20回インターフェックスジャパン展に日本WPA5社が出品

2007年6月21日

第20回インターフェックスジャパン(医薬品・化粧品・洗剤 研究開発・製造技術国際展)が東京ビッグサイトで6月20日(水)より22日(金)まで開催されている。

今年は過去最大の出品社数になり、大変活気のある展示会となったが、日本WPAの会員企業5社が各社の独自色を打ち出して、意欲的な出品を見せていた。会場を巡回し、意見交換をさせていただいたが、その見聞録を書かせていただく。

来場されるクライアントに環境にやさしい水なし印刷を出品4社は訴えていた。

最近、外国製菊全6色機を設置されたある会社は、UV水なし印刷と新鋭機の高性能さがうまく噛み合い、15,000回転でパケージ厚もの印刷をこなし出した。人員の手当てがつけば3交代制の持ち込みたいとされていた。隣の、従来機では8,000回転しか出ないので、ほぼ倍の効率を上げてくれている。オフセットUV印刷の場合、水とインキのバランス幅がなく、オペレーターは苦労されるが、水なし印刷はこのハードルを取り除いてくれるのだ。

ある会社は、商品化間近い、水洗浄性インキのテストをパッケージ印刷の分野で重ねている。テストインキが到着し、近々、印刷テストと同時に、この新インキと新洗浄剤でを使った時の、VOC放散量の実測を重ね、従来インキと洗油ので放散量との比較をされると言う。恐らく、VOC放散量を極端に抑え込んだ数値が出るものと、期待されている。これは、医薬品関係、食品関係のパッケージングには受けるものと思われる。

ある会社は外国製多色機を使っているが、クリヤケースのパッケージUV印刷を水ありから、水なしに切り替えたところ、意外な事実を発見された。今まで印刷上の難問であった諸問題が、嘘のように水なし化で解決することができた。これを見た、機械メーカーの技術者は驚き、さっそく、ドイツ本社に報告され、近々、水なしセミナーがこのメーカーの肝いりによりドイツで開催されると言う。この会社は、プラスチックの原反メーカーの方と一緒に、クライアントに売り込みをはかっておられた。


IPJ-Sigma2.JPG
シグマ紙業の出品風景

IPJ-Sigma1.JPG
シグマ紙業のバタフライをあしらったサンプル薬剤パッケージ

IPJ-Seieido.JPG
精英堂印刷?の出品風景、水なし印刷を前面に訴求

IPJ-Nozaki.JPG
野崎印刷紙業?の出品風景

IPJ-Shimizu.JPG
クリヤパッページと水なし印刷を訴求した清水印刷紙工?のブース

IPJ-DNP.JPG
ICタグを商品化して展示、大日本印刷?のブース

ページのトップに戻る