日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

4色機を5色機にグレードアップ改造 ?久栄社は環境負荷低減を印刷機でも実践

2007年1月25日

(株)久栄社は昨年11月、千葉工場に既設の三菱重工・四六半裁4色機に特色対応を狙い、5色機へのグレードアップ改造をはかった。

改造の工期は土・日曜日を挟んでの5日間ですみ、費用的にも約3,000万円ですますことができた。これにはメーカーの三菱重工が(株)久栄社の意向を受け入れ、グレードアップ改造に取り組んでいただいた姿勢に負うところが大きい。
一般的には、機械メーカーは納入済みの機械にユニット追加工事を施すことは受け入れてくれない。しかし、このようなケースで、仮に4色機を下取りして、5色機を導入した時、さらなる、投下資本が必要となるだけでなく、余分な手間と余分なエネルギー消費を引き起こつにつけ、環境保全、エネルギー節約の観点の視点に立つと、改良工事ですむものは現場での改良工事に留めていただきたいものである。

環境保全を前面に掲げる日本WPAとして、このような?久栄社の挑戦、これに応えてくれた三菱重工?の姿勢に敬意を払いたい。

なお、改造された5色機はその後、順調に稼動してくれ、最近受注が増している、本の表紙の+1色・特色ものに威力を発揮してくれている。環境保全、エネルギー節約の手法は単に印刷工程だけでなく、設備投資時にも使え、このやり方は今後、大いに参考にしたいものだ。

kyueisha 4color.jpg
既設の四六半裁4色機
kyueisha converted to 5color.jpg
1ユニットの追加改良工事を施し、5色機に改造

ページのトップに戻る