日本WPA : Japan Waterless Printing Association

ホーム 日本WPAについて 水なし印刷について バタフライロゴについて お問い合わせ
ホーム > 日本WPAについて > 日本WPAの活動 - その他の活動 -

日本WPAの活動 - その他の活動 -

新日本印刷(株)「羽田東京工場」の稼動式を開催、約400名が来場

2006年3月15日

 新日本印刷(株)(香川県高松市)は、首都圏での需要増に対応するため、最先端の設備を導入した「羽田東京工場」を東京都大田区に新設し、十五日に稼動式を実施いたしました。 当日は、クライアント、同業者、報道関係者など、合わせて約400名が来場し、同社の最新設備を見学しました。

 新工場は鉄筋四階建てで、延べ床面積は四千六百平方メートル。オフセット輪転機2台、枚葉機5台を導入しており、印刷能力は日産三百万枚。すべての印刷機が水なし印刷対応で大規模都市型工場として環境面でも万全の配慮を行っています。

佐野年計社長は「環境に配慮しながら高品質の印刷物を迅速に仕上げ、顧客ニーズに応えたい」としています。


haneda01.jpg
新工場の外観


snp2.jpg
壁面に巨大なバタフライロゴ


haneda02.jpg
三菱重工・四六全判5色枚葉印刷機(左)ハイデルベルグ・菊全判8色枚葉印刷機


system38.jpg
小森・A横全判両面4色輪転機 SYSTEM38S

ページのトップに戻る